ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

ヨガ

妊娠36週のニンプ生活:カンフー(打たれ専)、逆子矯正の話


今日から正産期、37週に入りました。

この時期にもなると、赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮の中で自由に動けるスペースが限られてくるので、

胎動は次第に感じられなくなる、と古今東西言われておりますが、

わたしの赤ん坊は、36週に入ってからとりわけ暴れ方が激しくなったような感じがします。

四肢全てを(たぶん頭も?)使って「あちょあちょあちょーー!」と、
お腹の内壁をカンフー攻撃されるので、
四方八方のお腹の皮が「でこでこっ、ぼこぼこっ」と外に飛び出し、
ちょっと気味が悪い!

画像

女の子だけど、「カンフーくん」みたいになるかしら?


他のニンプさんの話でも、「うちは出産間際までとってもアクティブに動いてたわよ」
という方が結構いたので、
やはり胎動の程度も、赤ちゃんやお母さんによるのでしょうね。


予定日はまだ3週間先だし、のんびり構えたい反面、
いつ本陣痛が来ても良いようにしておかねば!
ということで、36週は色々と最終準備でした。

ヘアカットに行き、
ペディキュアをしてもらい、
ニンプ向けヨガで適度な運動をし、
doulaさん候補と面談したり、
食べ物を冷凍保存したり、などなど。


そういえば昨日のヨガでは、妊娠38週のニンプさんもまだまだ頑張ってクラスに参加してました。


彼女は、妊娠後期に入ってもずっと逆子ちゃん(breech position)だったので、
37週目に、赤ちゃんの位置を矯正する施術(external cephalic version)を受けたそうです。

逆子矯正法にはお灸やら外科的手法やら、色々あるらしいですね。
このexternal version では、
まず子宮をリラックスさせる薬の注射を受け、
お医者さんが、両手を使って(お腹ごしに)赤ちゃんの頭とお尻を動かして
頭を下向きに(head-down or vertex position) ターンさせるのですが、

施術中の痛みを和らげるため、彼女はepidural も注射されたそうで、
時間も結構かかったし、疲れたし、その後は、

「なんだかもう出産を経験したような心持ちだった・・・」だと言っていました。

でも翌週にはヨガに来てガンガン動いてますからねー、さすが山岳部出身、すごい回復力です。
施術後は逆子ちゃんに戻ることもなく、体調も良く、精神的にも安心している、とのこと。

妊娠38週に入り、日に日に前駆陣痛が頻繁になってきているそうなので、
彼女もいよいよ出産なんでしょうねー。

こっちがうきうきしちゃうね。










妊娠26週目の赤さんは(巨大な)イングリッシュ・きゅうりサイズ


妊娠26週目の赤ちゃんは、アメリカのスーパーにどこにでもある、English hothouse cucumber というきゅうり大まで成長しているそうです。

26週目の赤ちゃん平均サイズ

このきゅうり、直径も長さも日本のきゅうりの3倍くらいはあります。
なので、赤ちゃんの身長はおよそ14インチ(36cm)、体重は1.7ポンド(770g)くらいですね。

神経のネットワークがどんどん発達しつつある今、赤ちゃんは羊水を吸ったり吐いたりして将来の肺呼吸の練習をしているそうです。頑張れ~。

胎動はものすごく盛んです。
お腹に手をのせていると、動いた瞬間、のせた手がぽんっと持ち上がるほどの力!

さて、妊婦特有の頻尿の話題。私は2、3時間おき、ひどいときには30分毎にトイレに行っているのではないでしょうか。

妊娠初期は、吐き気や咳のせいで尿もれしてしまうこともありましたが、今はトイレに行くたびに ケーゲル体操 をするよう心がけているので、だいぶ骨盤底筋肉のコントロール力が改善したような気がします。

Prenatal Yoga(妊婦対象ヨガ)クラスでも、チャイルド・ポーズの姿勢をとったときにケーゲルをやるといい、とアドバイスされました。

よし、安産目指してせっせとやるぞ~。
プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ