ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

出産準備品

cotton muslin(モスリンコットン)っていわゆるガーゼ?


出産前、アメリカにはガーゼの赤ちゃん用品がないと聞き、
実家に頼んでガーゼのハンカチやミトン、タオルなどを送ってもらったのだが、
産後に探してみると、いやいや、結構ある。

aden + anais(エイデン アンド アネイ)の製品は
柄も可愛いし、柔らかく通気性もよい。
クリブシーツやよだれかけなど、今ではすっかり気に入って使っている。
知らなかったけど、日本でも人気なのね。

aden + anais製品の素材は、
cotton muslin(モスリンコットン)。
Textie (織物)分野での厳密な定義は知らないが、
触り心地、布地を見た限り、
基本的に、
私たち日本人がいう「柔らかいガーゼ素材」がモスリンコットンだ。
(チアマムにも同様のことが書いてある。)

Wikiによれば、
「ガーゼ」はドイツ語由来で綿の粗い平織り、
cotton muslinも、綿をゆるく織ったもの、とある。

言葉上は大差ないが、
日本語で「モスリン」というと、薄地で柔らかいウール衣料素材を指す。
最初に「モスリンコットン」と聞いたとき、
外国小説に出てくる、ちょうちん袖のふんわりドレスが頭に浮かんだ訳だ。
ガーゼののイメージなど全く思い浮かばなかった。

それに英語の「ガーゼ(gauze)」は、
医療用のガーゼの意味で使われるほうが多いしな。
(あ、でも"gauze & baby"で検索すると、モスリンコットン製品がちゃんとヒットする。)

モノが入ってきた時代や地域により、
それを指す言葉の意味は大きく変わるもんだなー。


ベビー用カーシートはChicco keyfit 30に決定


出産準備品のショッピングで一番迷ったのがカーシートでした。
アメリカでは、子供を乗せる時は必ずカーシートを使用することが全50州で法的に義務付けられています。

カーシートはInfant car seat (インファント・カーシート)とConvertible  car seat (コンバーティブル・カーシート)の2種類があり、前者が新生児から1歳くらいまで、後者がそれ以降の子供を対象にしています。

今回ゲットしたのはインファント・カーシートです。

インファント・カーシートは、後ろ向きに取り付ける(rear-facing)タイプで、持ち手がついたキャリアー仕様です。アメリカでは。安全上、赤ちゃんの体重が22ポンド(約10kg)になるまで、その後も出来ればなるだけ長い期間、rear-facingで乗せるよう推奨されています。昔は、赤ちゃんの体重が22ポンドになるまで使用できるカーシートが殆どだったようですが、現在は30ポンド、35ポンドまで使用可能なものも豊富に揃っています。

私が予定している産院も、退院時にカーシートを見せないと退院できません。病院によっては、カーシートを車に取り付けるところまでチェックするところもあるそうです。

車のない私達も、赤ちゃんが小さいうちはタクシーを使って移動することになるので、カーシートは必須。ということで、ここ数ヶ月、オークションサイトや掲示板をまめにチェックしたり、店頭に下見に行ったりして吟味を続けておりました。

本日、Bed Bath & Beyondオンラインストアにてこれを購入!

Chicco Keyfit 30 Infant Car Seat + Base

 chicco carseat video



KeyFit 30 Fuego Car Seat


定価は$179.99 でした。これに送料+税を足すと予算の$200を超えてしまうところでしたが、
20%割引券を使ったので、最終的に$172で買えました。

ちなみに、インファント・カーシートは通常、専用のカーシートベースとセットで売られており、
$100以下のお安い品もありますし、$500以上の豪華なものもあります。

新品で販売されている製品であれば、どれも安全基準テストをパスしているはずなので、
この値段の違いは何なんだ?と思いますよね。
色々な商品を見たところ、

セレブ御用達度、デザイン性、素材の軽さ、クッションの質、車への取付け易さ、ベルトサイズ調節のし易さ、

などがこのような価格差の原因のようです。

私は真ん中あたりの値段帯で、Graco製にするかChicco製 (注:チッコ、チッコと読んでいましたが、どうやら「キーコ(”KEE-ko”)」らしいです。)にするか随分迷いました。
とちらのブランドもカーシートの品揃え、汎用性、ユーザー間の評判にかけては甲乙つけがたいのです・・・。

同じサイズの製品ラインだと、(例: Graco Snugride 30 vs. Chicco Keyfit 30)
Gracoのほうが$30ほど安く、重量も1ポンド強、軽いです。

車も無いし、赤ちゃんは冬生まれだから最初の数ヶ月は外出もあまりしないだろうから、
安くて軽いGracoのほうに決めかけていたのですが、以下の理由でChiccoに軍配が上がりました。

1.店頭で実物を見ると、Chiccoのほうがクッション素材がしっかりしている、汚れも落ちやすそう
2.車への取付けが超簡単
3.カーシートキャリアー(カーシートをそのまま取り付けられる簡易ベビーカー)の使い勝手の良さ


また、今回のお買物はいつものように中古品でなく新品を選び、それも、ebayや他店と比べて値段設定高めの
Bed Bath & Beyondで購入した理由です。

1.長期間返品OK
2.のちにオークションで売るための信用度ゲット
3.カーシートには6年間の使用期限があるのでなるべく新しい
4.中古品は事故歴や安全性が確認できないこと

やはり赤ちゃんの安全が第一ですからね~。

そしてあとでオークションに出品するときも、
綺麗な状態、箱や説明書もある、使用期限たっぷり、
なので、簡単に高値で売れちゃいます!
充分投資の価値あると思います。


ああ、これで毎日のジレンマがひとつ解決、嬉しいな~。



プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ