ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

妊娠7週

つわりの精神コントロール


ちょいきもになったときは、とっておきの面白い本を読んだり、機械的にできるような日記やレポートを書いたりする。ほかのことにうまく集中できると、つわりは意識の奥にひっこむことに気づいた。

もちろん、「ごくきも」の場合や、吐き始めてしまうと、もう遅いのだが、ある程度のコントロールは可能だと分かり、気が楽になった。

今日の巨食内容:
朝:蜂蜜レモンティー(Decaf)、昨晩のチリ+ごはん
朝2:ジンジャーレモンハーブ・ティー、フルーツ盛り合わせ
昼:チャイニーズ・ダイナーの3種おかず(オクラ、セロリ、鶏唐)、ごはん、エッグ・ドロップ・スープ(かきたま風)
午後:ハンバーガー、フライドポテト、ソーダ
夕:すき焼きごはん、パイナップル・スライス

つわりまだ続くのか・・巨食誌3

朝:
トルティーヤ・チップとGuacamole,
ベーコンと卵2個をはさんだロールパン、りんごジュース (食べて間もなく吐いてしまった)
昼:
吐いた直後、こりずにTurkey Chilli スープ
午後:
Sundried Tomato & mozzalellaサンドイッチ
Tortellini &チキンスープ
夕方:
Tex-mex chilli & Quesalida?
とにかくスパイシーなものとアボカドが今週のCravingのようです。

家を出た直後と出先のトイレで猛烈な吐き気に襲われ、もうなにもかも投げ出したい気分だったが、人間ってしぶといのね。立ち直って午後の筆記試験に望んだ。

妊娠7週目、つわり時の巨食誌2

朝から冷蔵庫の中をのぞくが食べたいものが見つからない。
そうしているうちにふと、タコスが食べたくなる。
いつも、絶対うちに無いものが欲しくなるのだ。
こうなると、もう頭の中はタコスしか無い。
ネットで調べると、徒歩圏にはタコスを売っているようなメキシカン・レストランは無い。
しかも週末の午前8時半、この近所では開いている店のほうが限られている。

しかしタコスに固執した私は、開いている店を探すべく、東へ向かい徘徊を始めた。
私の住んでいる地区の東側にはスパニッシュ系のコミュニティーがある。ネットに載っていないが開いている店があるはずだ、と踏んだからだ。

1時間ほどさまよった後、24時間営業のタコス屋を発見!残念ながら私が切望していたGuacomoleは売り切れていたが、温かい塩味の豆がサフラン・ライスに添えられ、揚げタコス3個がついたセットを頼み、充分満足!

週末の午前中を完全につぶしてしまったが、その価値大いにあり!

残日の食事:

おやつ:
フルーツ
午後:
タコス3つ(また別の店から夫に買ってきてもらった!、今日はCinco De Mayaの祝日だからタイミングよくタコ・デイとなった。)
Guacomoleとトルティーヤ

晩:チャーハン、キャベツの蒸し焼き、レタス、トマト少し。
パスタと粉チーズ(寝る前と早朝にも食べた)


妊娠7週目、つわり順調に最高潮


食べられるものがだんだんと限られてきた。
ここ数日は、夜に吐き気が強くなり、昨日と一昨日、夜中に少し吐いた。

気分が良いときでも、「吐き気がくる前に何か食べねば~」という強迫観念に駆られ、次に何を食べるべきかを常に考えている。

今まで食べていたごはん、梅干、納豆も全然食べたくない。
何か食べようかな、と冷蔵庫を覗いても、料理をするほどのエネルギーが沸いてこない。
結果、好奇心をそそられるような食べ物、普段は食べないような食事を求めて、外をうろつく数日間だ。
先週は米国南部風ビュッフェでキャベツや豆のくたくた煮や、魚フライに落ち着く。

今週見つけたFood Craving

朝食:
ベジタリアン御用達のインディアン・レストランで食べる朝食セット「Rava Kischidi (写真はのちほどアップ)」
クスクスのような粟のような穀物と野菜をスパイスで蒸し煮してある。塩味の焼きたてドーナツ(食感はもちっ!)はそれぞれミニ・カレーのようなディップにつけていただく。うまい!
問題は、自宅からレストランまで電車で1時間弱かかる。わざわざ食べに行くにはちょっと遠い。
それで材料とスパイスをインド食料品店で購入してみたが、果たして料理するに至るのだろうか・・・。

Two Eggs & sausage on roll も最近病み付きになりつつある。とにかく塩気のあるものが食べたい。チョコレートやケーキなど甘いものは、口にできない。

不思議なことに外にでて何か他のことに集中していると、まったく吐き気を感じない。
何もしないで家にいるほうが悪い!

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ