ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

生後5ヶ月

生後5ヶ月5週、離乳食再開3週目


バッハちゃんの離乳食、
再開して3週目、中断前も合わせると開始して5週目となる。

最近の離乳食メニュー(一回食)は、
10倍粥+野菜+BFのフルーツが定番。
たんぱく質は、慎重を期して、生後6ヶ月を過ぎての来週から導入予定。

BFはペースト状なので食べやすいのだが、
それだけだと粒々が食べにくくなるかもしれない。

いろいろな食感を経験してもらうため、
野菜のほうは自分で準備。
もそもそっした食感が残るくらいにすりつぶすか裏ごしている。

野菜は主に
人参、大根、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいもなどを食べた。
数種類を使って野菜スープを作り、こしてからアイスキューブで冷凍保存している。
残った具の野菜も、ブレンダーでピューレにして、1回分ずつ冷凍保存している。

フルーツ(BF)は
りんご、なし、すいか(味見のみ)。

甘麹も味見程度に試した。

いつも食欲旺盛で、
授乳後1時間であまり空腹でないときでも、全部で大匙6杯ほど食べる。


一昨日は、
バッハちゃんが初めて丸一日半、うんちしなかった。
その後の便は通常(粘り有り、コロコロではない)で、
便秘ではないようだ。

離乳食を始めてしばらくすると
胃腸が発達し、
便を溜めることが出来るようになるので、
便通が減ることも珍しくないとのこと。

一方、水分不足で便秘気味になることも多いそうなので、
水分補給に留意しよう。
(例:野菜スープでピューレをのばす。)

ここ2日間は、
糖質として粥のかわりにじゃがいもを与えているので
便通が良くなるかもしれない。
さつまいも+オレンジ果汁も腸に良いとのことなので
試してみるつもり。

基本、赤子に与えているのは全てオーガニックだが、
どうしても入手しにくいものもある。

環境団体EWGが発表している、
農薬が残留しやすい野菜・果物、しにくいい野菜・果物のリスト
(http://www.ewg.org/foodnews/summary/)

を参考に
うまく買物したい。

例えば、じゃがいもは農薬が残りやすく、
さつまいもはそうでないらしい。不思議だな。

生後5ヶ月4週、寝返りじゃなくて寝回り。


ここ2週間ほど、
寝返りのプレリュードか、よく寝回りをする。

時計の針で言えば、12時の方角で寝かせたのに、
朝は6時の方角になっている。つまり180度動いている!
時には270度動いて、クリブを横断して寝ていることもあり、びっくりする。

身体は左向きにだけはできるので、
ボールのように体を縮めたり、
足をクリブの柵にひっかけ、それをてこにして、
時計回りに
ずるずると動くんだな。
それにしても足、器用だなあ。サルみたいだよ。

そうそう、バッハちゃんは、
足腰は異常に強く活発だが、
頭がちょいオーバーサイズなので
首を持ち上げるのがしんどいらしい。
横向きからうつぶせには移行できるが、
回転には未だ至らない。
うつぶせの状態でうんうんうなっている。

そして、うつぶせの時にどうしても腕をぶらんと広げてしまうので、
ますます頭がべチャッと床につき、やりにくそうだ。

うつぶせ遊びのときには、腕を肩幅くらいに狭めてやると、
赤ちゃんもハイハイの姿勢をつかめる、と勧められたので、
試みてはいるが、
まだまだハイハイ完成は先の話のようだ。

生後5ヶ月4週、離乳食って迷う。


世界各地、離乳食は千差万別なだけに、
何を食べさせるか、ホントに迷う。

例えばここアメリカで、
比較的早期でもポピュラーな離乳食である
アボカドは、
東京医大式食物抗原強弱表
を見ると、
アレルギーになりやすい食品のカテゴリーに入っている。

うちのバッハちゃんは
やはり日本人のDNA上、消化器官もどちらかといえば、
和食向きであろうから、
なるべく日本式に沿い、
念のため、このような類の食品群は遅らせることにしている。

一方、

食材は、地元で採れた新鮮な有機野菜・果物がベストだと思うので、
間口は広く、
日米のよいとこどりをしようと努めている次第だ。

最近は、
Earth's Best(BF)のSweet potato, peas,
そして有機ブロッコリの裏ごしなどにも挑戦した。

今日は、
10倍粥+Gerber 1st organic apple + ゆで人参の裏ごし、というメニュー。
このGerberの成分見たら、tuna oilが入っていてDHAが摂取できる。
日本のBF事情は分からないが、
果物に魚の油を入れるなんて発想、
アメリカならでは、な気がする。


離乳食についての追加メモ:

*バッハちゃんの小児科医へ以下質問した。

「たんぱく質を食べさせるのは7、8ヶ月まで待つ予定ですが、
この場合、iron(鉄分)を含んだサプリを摂取したほうが良いですか?」
先生:「そうすると良いですね。Trivisol かiron入りのPolyvitaminを与えてください。」とのこと。
なので、今のビタミンDのサプリが無くなり次第、そちらに切り替える予定。

*甘麹を使った甘酒(アルコール分なし)は赤ちゃんにも飲ませてOKとのことなので、
ママ友さんと作る予定。

生後5ヶ月2W:離乳食再開後の経過



生後4ヶ月1W
小児科医のアドバイスに従い、早めのスタート。
時間に余裕があるので、ゆっくり進めることにする。
10倍粥の1回食(大匙1-1.5杯ほど)のみ1週間。
大きな米粒は口から押し出すが、つぶしたものは良く食べる。

生後4ヶ月2W:
10倍粥+人参ピューレの1回食(自分で裏ごしx 4日、Earth's Best Organic veggie x 3日)

生後4ヶ月3W:
冬の間に何度もできた乳児性湿疹と左耳切れが治りきらないでいた。
一過性の症状(暖房による乾燥、汗蒸れ)が長引いているだけなのか、
それとも離乳食へのアレルギー反応なのか、
判断し難くなると思い、
離乳食を一時中断し、完母に戻す。



生後5ヶ月1W:
離乳食再開。
前回OKだった10倍粥+人参に
新たな野菜とイモ類を足していくことにする。
、たんぱく質、乳製品はまだしばらく与えない予定。
果物ももうすこしホールド。野菜の美味しさを知ってからデザート程度に導入予定。
時間帯は、授乳を1、2回終えた後の正午-1時あたり。1回食。

再開1-3日目:10倍粥(大匙1.5杯ほどの一回分を個別に冷凍保存したもの)
再開4-7日目:10倍粥+Earth's Best人参ピューレ

生後5ヶ月2W (再開8-10日目):
10倍粥+自分で裏ごし人参(小匙1)+Earth's Best Organic Peas (大匙1)
本当は、キャベツやブロッコリなどを試したかったのだが、
新鮮な有機野菜が近所に無く、ベビーフードの豆ピューレを食べさせる。
植物性蛋白質だが、大丈夫かな?
食べた翌日は人参色や豆色っぽい便。


感想:
1.生後4ヶ月と5ヶ月の食べっぷりの違いに驚愕。
生後4ヶ月当時は、興味はあるけれど、
実際食べられるのは少量のゆるーい、おもゆに近い粥。
生後5ヶ月に入ると、
粥の米の粒々も平気。大匙2杯の粥を食べた後も、余裕で他の野菜も食べられる。
離乳食の始めどきには色々な意見があるが、
赤ちゃんの成長度にはものすごい個人差があるので、
開始のタイミングとして生後4-6ヶ月の幅は妥当だろう。

2.自分で裏ごし人参 vs. Baby Food (BF)人参 
何だかまるで全然違う食べ物のように味が違う。
BFはスムーズで濃い甘さが際立つ。
だからか、口に入れるとびっくりしたように顔が固まる。
自分で裏ごした人参は、少し苦味があるが、風味のある甘さ。
お湯でゆるくして粥と食べさせる。喜ぶ喜ぶ。
消化は繊維が少ない分、BFのほうが良さそう。




生後5ヵ月半:前髪とお脳


生後4ヶ月に前髪をぱっつりとカットしたバッハちゃん。
(with 鼻・耳毛切りはさみ!いや新品すよ、もちろん。
先が丸くなってるので安全。)

その後1ヶ月以上過ぎたが、
どうも前髪が以前より短く見えてしょうがない。
切ってないのに、ずっと正統派な節子ちゃんである。




頭部の発育がハイスピードで進んでいるんだろう。
日に日に遠心状に広がっていく、満月のような顔面積のせいで
前髪がぐぐっとせりあがって見えるらしい。
(だって、切り残したところの前髪を見ると
ちゃんと1.5cmほど伸びているもの。)

さて、中身のお脳は順調に育っているのかしら?
うちの夫は時々、
まるですいかを吟味するように
バッハちゃんの頭を
こつこつとタップして、
「うーん、中身詰まってないねえ・・・。」
と心配そうにつぶやくのだが、

いえいえ、
お脳が大きく大きく育っても格納できるように、
頭蓋骨ちゃんが
キャパ増やそうと
日々頑張ってるのだよ!

CDCの0-36ヶ月(女子)の頭囲成長曲線を見てみると
生後4ヶ月で頭囲41.5cmというのは
平均よりちょい大きめ(75パーセンタイル)程度。
以後かなりきつめの成長カーブを描いていると思われるバッハちゃん、
来月の6ヶ月健診では
かなり大きめだと言われるんじゃないかな。



プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ