ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

高齢出産

海外で出産、Doulaさんって?(2)


以前Doulaについて記事に書きましたが、追記です。

doulaの情報サイト(英語)
www.Dona.org
http://www.babymoondoulas.com/index.htm

ニューヨークでDoulaを探す(英語)
http://www.nycdoulacoop.com/

Doulaのサービスを利用したママさんの声は千差万別で、
「とても助かった!お産が楽に感じた」という方あり、
「いてもいなくても変わらなかったのではないか」と不満気味の声ありでした。

気になるDoulaの料金ですが、ニューヨークはもちろん他の都市よりも高いです。
合計の平均は$700~1600位だそうです。

とはいえ、時給は、経験やDoula資格の他に医療資格(midwife, nurseなど) を持っているかにより様々ですし、
産後のケアもお願いするかどうかでも随分料金が変わってきます。

「新米Doulaさんだったので、$300で済んだ」という方もいましたし、
「Doulaさんが病院付きのインターンだったので、通常の半分の料金しか払わなくてよかった」という話も聞きました。

私の友達に、高齢+過去病歴のためハイリスク出産だったママがいるのですが、

専門知識を有したDoulaにお医者さんとの仲立ちとして立ち会って欲しい、という希望をもっていました。

結局、料金等の問題により、彼女は付き添い無しでお産をしたのですが、
自然分娩したいと強く思っていたのにもかかわらず、
お医者さんに促され、陣痛促進剤、それに続く長~い陣痛とEpiduralの後、最終的には緊急の帝王切開手術で赤ちゃんを産むことになりました。

無事に丈夫な赤ちゃんが生まれたので、結果オーライといえばそうなのですが、彼女は当時を振り返ってこう言っていました。
「初 めての出産で、しかも陣痛の痛みや赤ちゃんへのリスクを心配しながら、お医者さんときちんと対応について話し合い、適正な判断をするのは、本当に難しい。 今考えると、もう少し頑張っていたら自然分娩も可能だったのではないかと思うけど、その時はそれどころじゃなく、医者の言葉に従うしかなかった」と言って いました。

彼女のようなケースには、医療資格を持った経験のあるDoulaさんが立ち会っていれば、もしかするともう少し楽なお産になっていたのかもしれません・・・。

ママによりDoulaへの期待度はさまざまだと思います。
ただ手を握ってそばにいてくれる誰かがいれば欲しい、という場合もあるでしょうし、
積極的にリードしてくれ、必要なときはしゃしゃり出て意見して欲しい、というパターンもあるでしょう。

私の場合は高齢出産ですが、特に他のリスクを抱えている訳ではありません。
もちろん、そばで応援してくれる人がいれば心強いなとは思いますが、それに$1,000以上の料金を払う用意があるかと問われれば、「う~む」と考えてしまいます。

友達のひとりに、新生児室で働いている、天使のようなナースがいるので、彼女に頼んでみようかな~。

高齢出産、第2子以降はどうする?


妊娠中期も終わりに近づいた27週目です。妊娠してから時々夫が私にたずねるの質問は、

「赤ちゃんのきょうだいがほしい?」

つわりがひどかった頃は、「ううむ、さすがにちょっと2人目は無理かも。」と答えていましたが、

体調が安定した今、つわりのつらさはすっかり過去のもの。同じ質問を受けると、「やっぱり1人っ子よりもきょうだいがいたほうがいいよね~。」と応答も変わってきました。

とはいえ、今の赤ちゃん出産時には38歳を過ぎる私、次の子を産み育てるのは40歳直前です。年齢とともに妊娠・出産時のリスクが大幅に上昇してしまうのは明らかなので、何かと心配ですよね。

私は年子の妹と、年の離れた兄も姉がいますが、心を通わせられるきょうだいがいる自分は、本当に幸せだと思います。1人っ子である夫も、きょうだいが欲しかった、と言いますし、

出来ればもうひとり授かることが出来ればいいな~、なんて呑気に構えていると、私の場合は40代があっという間にやってきます。産後の様子を見ながら、さっそくプロジェクト開始の準備をすべきなのかもしれません。

妊娠26週目の赤さんは(巨大な)イングリッシュ・きゅうりサイズ


妊娠26週目の赤ちゃんは、アメリカのスーパーにどこにでもある、English hothouse cucumber というきゅうり大まで成長しているそうです。

26週目の赤ちゃん平均サイズ

このきゅうり、直径も長さも日本のきゅうりの3倍くらいはあります。
なので、赤ちゃんの身長はおよそ14インチ(36cm)、体重は1.7ポンド(770g)くらいですね。

神経のネットワークがどんどん発達しつつある今、赤ちゃんは羊水を吸ったり吐いたりして将来の肺呼吸の練習をしているそうです。頑張れ~。

胎動はものすごく盛んです。
お腹に手をのせていると、動いた瞬間、のせた手がぽんっと持ち上がるほどの力!

さて、妊婦特有の頻尿の話題。私は2、3時間おき、ひどいときには30分毎にトイレに行っているのではないでしょうか。

妊娠初期は、吐き気や咳のせいで尿もれしてしまうこともありましたが、今はトイレに行くたびに ケーゲル体操 をするよう心がけているので、だいぶ骨盤底筋肉のコントロール力が改善したような気がします。

Prenatal Yoga(妊婦対象ヨガ)クラスでも、チャイルド・ポーズの姿勢をとったときにケーゲルをやるといい、とアドバイスされました。

よし、安産目指してせっせとやるぞ~。

妊娠23週目、大ぶりマンゴーサイズまで成長


妊娠23週目となると、平均的な胎児のサイズは大きなマンゴーくらいだそう。
http://www.babycenter.com/gallery.htm?galleryId=5223185&slideNumber=21&scid=mbtw_preg23:1231

胎動にはすっかり慣れて、ぽこぽこ常に動いていても平気で眠ることができるようになりました。

お腹はかなりせり出してきたのですが、ここ肥満人が多いアメリカでは、そうと知らない人にはまだ「妊婦?それともただのオデブ?」的に見えて微妙なようです。(特に、私の住む地域は黒人コミュニティーなので、年中ふくよかで立派な(?)妊婦に見える女性がたくさんいます。なので、「あ~らもしかしておめでた?」と軽々しく聞いちゃうと墓穴を掘ることがままあるのです。)

お腹が大きくなるにつれ、胃への圧迫感などはありますが、つわりで苦しんだ数週間前と比べると最近の気分はすこぶるよいです。メジャーリーグ観戦に行ったり、とイベント満載にして、活動的に、楽しく過ごすようにしています。

昨晩はYankees対Oaklandで平日の試合なのに球場はほぼ満杯でした。先週のMets対Brewersの試合では4割もお客さんが入っていませんでした。ヤンキースもメッツも同じニューヨークのチームなのですが、人気の違いは歴然としていますね。ヤンキースファンの忠誠心もものすごいです。敵方のチームのホームランボールが観客席に入っても、「こんなのいらないや」とでも言ったふうに、フィールド内にボールを投げ返すのですから・・・。ちょっと感じ悪い?
移籍後初めて見たオークランドの松井秀喜選手は少しやせたように見えました。松井選手、昨晩はDesignated hitter(指名打者)をつとめており、一生懸命応援していたのですが、犠牲フライのみでヒットは出ませんでした。でも今シーズン不調のオークランドが6点先取後、ヤンキースに8,9回で2点差まで追いつかれながらも逃げ切りました。連戦2日目の今夜も頑張って欲しいです。

妊娠21週目、医療リサーチの被験者体験3、女性器もしっかり形成



出産を予定している大学病院のリサーチ3つに被験者として協力しています。
http://livedoor.blogcms.jp/blog/le_bambine/article/edit?id=212436

今日は、血圧・体重・腹囲・子宮高の測定をし、背中あたりの脂肪の厚さも測りました。
前回からの宿題である、100頁以上にわたる日常の食事についてのアンケートを提出。
試験管4本分の採血と、家族や病歴などのアンケートに答えた後、楽しみにしていた3D超音波検査です。

20週目の定期検査では、技師の方は黙々とAnatomical scan(体の各部位の長さ等を計測し、解剖学上の異常の有無を確認)を進め、こちらが何か質問しない限り、まともな会話はほとんどありませんでしたが、

今回の私の立場は、「リサーチに協力してくれるありがたいお客様」。なので、技師の方の対応も全く違います。画像を指差しながら細かく説明してくれました。写真には収められませんでしたが、ライちゃんの女性器もはっきり確認できました。

「ほら、ここの3本線がそうよ。ここが小陰唇(Labia minora)、そしてここが膣口(vagina)になるのよ~。」といった描写でしたが、もし主人が同席していたら赤面していただろうなあ。

30~40分ほどの間、経腹経膣(cervical probe)での超音波検査を行いました。
胎児の頭部をはじめ各部位の測定や骨格のチェック、羊水の量、体重・心拍数など細かく記録されていきます。これらのデータは、リサーチ用なので基本的には私達被験者には開示されません。もし異常が発見されれば担当の産婦人科医に連絡されることになっていますが、もう少し詳しい成長記録が欲しいものだなあ、といつも思っている私はちょっと残念です。


とはいえ、以下の写真のとおり鮮明に写った手足や顔を見ることができただけでも「ああ、五体満足でありがたいことだなあ」と安心するものですね・・・・・。技師さんの話では、解剖学的な測定結果もすべて通常の数字だということなので、順調に育ってくれているものと思っています。

1 (10)

検査の間中、大抵は上のように手で顔を覆っているので、技師さんはベスト・ショットを目指してしきりにライちゃんに話しかけます。
「She is a shy girl! Turn to me, kiddo. Turn, turn!(シャイなベビーね。さあ、私のほうに顔を向けて。ほら!」



1 (1)


そしてようやく、くるくると回って正面アップです。鼻骨や目のレンズの様子もちゃんと分かりました。


1 (3)

ちょっと不機嫌そう。「眠いんだから早くしてほしいでちゅ」なあんて。

今日の謝礼は拘束時間2時間半ほどで65ドルでした。
そして新たに今週は、自宅で"sleep study"(妊婦の眠りの質についてのリサーチ)のため、1週間モニターを身につけることになりました。これについては後日更新しようと思います。

プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ