中学受験は、親の受験。
だとしても、受かった学校の偏差値で、親の価値は決まらない。


私の勤める学校では、中学受験をする家庭が多くあります。

私自身、中学受験をしたこともありますし、その大変さは、簡単に言えるものではありません。

理想論に聞こえるかもしれませんが、子どもに合った中学や高校に出会うために、勉強することの全てが悪いとも思いません。

ご家庭の方針と、子どもの状況を見て、できる限りの挑戦をしてみることは、素晴らしいと思います。

私が気になるのは、お子さんを偏差値の高い学校に合格させられるかどうかが、親、特にお母さんの力や魅力のように思われていないか、ということです。

中学受験は親の受験と言われます。
それは、6年生とはいえ、まだ小学生という段階を考えれば当然のことです。

だからといって、お母さんまで偏差値で評価されたのでは、純粋な意味での挑戦になりません。

お子さんに合った学校は、偏差値とは関わりなく選ぶ方がいいと思いますし、お子さんの状況を考えて、受験勉強にプレッシャーをかけすぎないという選択もあります。

お子さんの「今」にふさわしいことを見抜き、淡々と実行できるお母さんこそ、私は素晴らしいなぁと思います。

もちろん、偏差値の高い学校を目指すこと、そのために少々のムリをすることが悪いとは全く思っていません。

ご家庭の方針とお子さんの状況次第です。
「今」に適した選択ができるお母さんこそ素晴らしいと思います。