2017年05月12日

昨日、調布市内会議室におきまして、弊社顧問を務めて頂いております平松弁護士、山崎会計士、大槻経営労務管理事務所の佐藤役員をお迎えして、
弊社の「2017経営方針説明会」を実施しました。

張りのある緊張感の中で、担当部署、そして運営、司会者とも全員で取り組み社員共通のビジョン、方針、目標を共有しました

IMG_3917IMG_3928


 




私が昨日挨拶させて頂いたことを一部引用紹介します 

我が社は社員の皆様、そしてお客様のご愛顧のお陰を持ちまして本年で69年を迎えることが出来ました。これを世間一般と考えると、特定の分野で一定の位置を占めている会社があげられます。その企業は、あのソニー、カシオ、コーセーなど。

 そこでこの事柄を考えてみるとこれらの企業たちは、本当に本業を守ってきた会社だから生き残これているのか?いやそうではなく、そればかりではなく、まさに大胆な発想の転換で事業転換に業態を変化することが出来たからではないか?と私は考えています。

 では時代に合わした経営とはどういうことか?

私は時代に挑戦するという事だと思う。
まさにそういう会社だからこそ生き残れたのだと思う。

商品、発想、人材、経営環境、職場環境、財務体制の変化に対応するだけではなく、
自分から主体的に変化をつくりだしていくことが一番大切ではないか。

本日はその起点となるべく、素晴らしい取組みとなるようにしていきましょう」

IMG_3925IMG_3977







社員一同、新年度も益々のお客様のご愛顧をお待ちしてしております。

代表取締役 新國政和





leader_ship at 10:18コメント(0)トラックバック(0)会社・イベント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月04日

4月3日より新入社員の遠藤ひかりさんが入社した。
実施された会社説明会→入社試験・面接の中から選ばれた
唯一の新卒入社であり期待の新人である
  
FullSizeRender2












遠藤ひかりさんには
「失敗を恐れず色々な経験・体験をして、変化の中で成長をしてほしい」
「個性を磨きながらやりがいを見つけてほしい」
「学びは絶対に自分をうらぎらない」
「自分らしく仕事をするために情熱の炎を灯そう」
「昨日と違う自分が今日の自分の価値。そして明日(未来)をつくる」 
とエールを送りたい

私が好きな言葉
松下幸之助さんが言いました
「松下電器は人を作る会社です。あわせて電気製品を作っています。」
【覚書き:松下電器創業直後に従業員から、この会社は何を作っているのかと問われた時の返答】

私もこう答えたい。
「さくらツーリストはひとをつくる会社です。あわせて旅をつくっています」
 と

彼女の笑顔が会社全体の笑顔に伝播するくらい
思いっきり、チャレンジしてもらいたい
ともに走りたい。素晴らしい新入社員を迎えられたことに感謝したい。


leader_ship at 10:03コメント(0)トラックバック(0)会社・イベント個人コラム  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年03月28日

てるみくらぶは3月27日、東京地方裁判所に破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けたと発表した。負債総額は約151億円で、内訳は消費者が99億円、国際航空運送協会(IATA)のBSPデフォルト(債務不履行)が4億円、ホテルやランドオペレーターなどの関連業者約95社が14億円、金融機関が32億円となる見込み。

tellmeclub
















同社によれば、消費者については申込件数で約3万6000件、人数で8万人から9万人に影響が出るという。東京商工リサーチによれば旅行業界では4番目に大きな倒産で、リーマンショック後では最大規模となる。

(Travel Visionより)

旅行会社、旅行業界にメディアからもある意味注目されている
これはまさに『量販低価格化ビジネスモデルの崩壊』にほかならない。
低価格化戦略と無限の広告戦略は、弊社とは180度違う経営方針であるが、今回の案件は注意深く考えていく必要があるだろう
こんな時こそ、もう一度見直そう私どものコアバリュー、我が社の意義を見直す必要がある!!

■3つ企業バリュー(価値)

「我が社は面白い会社になっているか」

「旅行業界一の革新的企業になっているか(業界の異端児か)」

「市場にまだないものを作って高付加価値を提案できているか」
お客様に必要とされる会社は、絶対つぶれない。それが私の信念である
 






leader_ship at 10:32コメント(0)トラックバック(0)会社・イベント個人コラム  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年01月05日

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

新年も皆様にとって実り多きものになりますよう
心よりお祈り申し上げます。

本年度の年頭の社内挨拶をご紹介させて頂きます。
この5項目を発信させて頂きました。

1.市場のリーディングカンパニーという自覚、自信、覚悟を持つ
  →マーケットを動かし、価値を高める


.とにかく”元気
  →元気があふれる社内で、個々の力を発揮しよう

3.お客様基準で行動
    →サービスの価値、良し悪しを決めるのはお客様

4.徹底的に
えこひいきする 
  →生涯顧客が創ることが最大目標。

5.
成果にこだわる
  →数字を語れ、成果を語れ

それぞれの個々能力を高め、全社で取り組んでまいる所存です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年1月5日 
さくらツーリスト株式会社 代表取締役 新國政和 


leader_ship at 13:15コメント(0)トラックバック(0)個人コラム  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年11月07日

「旅行・リゾート部門」業界で企業理念がかっこいい企業7選
に見事選ばれました (求人サイト JOBKULより)

弊社の企業理念
「わくわく 感動 おもてなし」  がおりなす、
夢が輝く “たびの未来創造企業” になる


理念1
理念2 (1)
























理念2








なんと     第1位は     日本旅行
    第2位は 我が社  「さくらツーリスト
               第3位は      エイチ・アイ・エス

https://jobkul.com/article/detail/2612

大変名誉なことだと考えます。
ますます、お客様に素敵な大切な企業と思われる企業を構築すべく、
取り組んでまいります。


leader_ship at 18:57コメント(0)トラックバック(0)個人コラム会社・イベント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月01日

7月12日 宿泊・観光施設で構成するむさしの会様とむさしの手配センター様が主催の
「旅行会社様 感謝の集い2016」が開催され、弊社の社員2名が参加させて頂きました。

むさしの感謝の集い-2016-07-122むさしの感謝の集い-2016-07-12むさしの感謝の集い-2016-07-124












その中の2015年度招待会表彰で、総合ポイントの部で4年連続総合ポイント第一位
栄誉ある称号を頂くことが出来ました。
これはひとえに日頃に関係するすべての皆様に支えられているからこそであり、
なによりご愛顧頂いておりますお客様が居てくださるからこそであります
改めて感謝申し上げます。

わが社は街の中小企業です。決して大きな会社ではありません。
社員数が少ない中小企業は、「不況に弱い」、「いつも経営が苦しい」といった
見方をする人がいますがそれは大きな間違いです。
私は社員同士の結びつきが強い会社ほど、持続可能な強固な会社だと思っています。
これは中小企業だからこそこの武器が発揮できるのものです。
我が社は、社員の「人」の成長と「心」つながりを大切にしています
「人」が成長した分だけ、「企業」は成長することを実践する企業を実践しています

今の時代、お客様に大切にされ、地域に大切にされる企業が今まさに求められています。
私は、小さな街の中小企業の代表としてこの街で生き、営み、地域を経営し、
社員の幸せを作ることの出来る「世界でいちばん大切にしたい会社」を強く目指していきたいと
思っています。

旅行新聞IMG_0056IMG_0055












2017年度も
招待会表彰で、総合ポイントの部で続総合ポイント第一位を目指すべく、今まさに
取組みを開始し、お客様の笑顔と感動を一つでも多く頂けるように、日々誠意取り組んでまいります
今後の弊社の進化にご期待ください。今後とも宜しくお願い申し上げます。


leader_ship at 18:04コメント(0)トラックバック(0)会社・イベント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年06月28日

韓国ソウルは人気どころが定番化していく
今回(2016初夏編)のご紹介するポイントは3つ

 ソウルロイヤルホテルがリニューアル  http://www.seoulnavi.com/hotel/14/

IMG_6636 IMG_6640












2011年に40周年を迎えた「ロイヤルホテルソウル(旧ソウルロイヤルホテル)」は、2015年6月より長期に渡りリニューアル工事を行い、2016年2月に再オープン。 「ロイヤルホテルソウル」は、韓国観光歴史の生き証人とも言える歴史と伝統を誇る特2級ホテル。ホテル名のROYALは、王族が住む宮殿のようなホテルを意味し、王様(Guest is King)に仕えるように顧客に尽くそうという顧客満足経営の意志を表しています。
明洞大聖堂のちょうど向かい側に位置し、明洞の中心部にあるのでショッピングに行くのも食事をするのもとても便利。ホテル近くにはロッテ百貨店があり、南大門市場、仁寺洞などの有名観光スポットへも徒歩で行くことができます。
客室は全310室。大きくスタンダードフロア、プレミアフロア、エグゼクティブフロアで構成されています。ベージュとブラウントーンのすっきりしたインテリアで統一されたラグジュアリー感ある客室は、全客室バスタブとウォシュレット完備している。


▲蹇璽ルフードの一番人気「タッカンマリ http://www.seoulnavi.com/food/12/

IMG_6693IMG_6700 












名店「チンオックァハルメ元祖タッカンマリ」!!こちらは今から30年ほど前に開店したまさに老舗。タッカンマリは鶏を丸々一匹鍋で煮るシンプルな鍋料理ですが、地元人・日本人はもちろん他の外国人の舌をもうならせるワールドフードである!(ソウルナビより)

カルビ夕食は「中一会館」 http://www.seoulnavi.com/food/2401/

IMG_6631IMG_6621




 







 明洞に位置する「中一会館 明洞店」!梨秦院に創業10年をむかえる本店があり、こちらはその支店として2010年にオープン。お店では、カルビやロースといった炭焼きの赤身肉も人気ですが、なんといっても一番の看板メニューといえば、ミノ&大腸(テッチャン)!社長さんも太鼓判を押す、ずば抜けた肉質!場所は明洞駅から徒歩2分、さらにパシフィックホテルのお隣で、アクセスの便利さも文句なし!(ソウルナビより)

ソウルの街中には、やはり日本人の女性が多く目立ち、ピーク時に比べると日本人が少ないように考察する 。
ただソウルの醍醐味は、フードと買い物であることは間違いなく、免税店におけるブランド品、化粧品とうは不動の安さを誇っていた
韓国旅行、ソウル旅行の際はぜひご用命頂きたい。 


leader_ship at 10:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
プロフィール
PR
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ