リーフ&マンダリンの健康blog

リーフ&マンダリンのスタッフが、日常生活での簡単な健康法や身体のケアについてお話しさせて頂いてます。

♪支えるもの♪

先だって
マタ1人、
歴史に名を残した人物がお亡くなりになりました

「モハメド・アリ」 

偉大なるボクサ-であり、
黒人に対する人種差別に異を唱え
自らの勲章を捨て、
それでも、
再度チャンピオンに返り咲いたオトコ

・・・と、
様々な偉業は各マスコミが特集していたりシテ
皆さんがご存じのコトも多いと思いマスが、

ボクが注目したのは、
脳の障害により
筋肉の異常な痙攣で、
手足が震えたり
話をするコトですら不自由になってしまう
「パ-キンソン病」 を患わってから
晩年のアリです

ボクは
格闘技が好きで
もちろんボクシングも含まれマスので、
昔の選手の試合をビデオで
よく観ていました

アリの映像も
よく観ていました

アリの代名詞
「蝶のように舞い、
蜂のように刺す」・・・と言われた華麗なフットワ-クは、


カラダの大きい2人の男がベタ足で
そのままボカボカ打ち合う・・・のが常識だった、
当時の
ボクシングのヘビ-級に 「革命」 を起こしまシタ

あんな大きな選手が、
ダンスを踊る様にボクシングをし、
相手をKOしていく・・・
ソレはまさに 「チャンプ」 の名称を得るにふさわしい、
唯一無二のスタイルだったのデス

しかし・・・
引退後の
わずか4年後には「パ-キンソン病」 を発症シテしまい、
リングでの闘いカラ、
闘病生活へと闘いのステ-ジが変わりました
しかも、
余命を宣告されての闘いだったのデス

ボクが同じ状況だったら。。。と、
考えると
病魔と闘いぬく勇気が持てるか自身がアリません

しかし
「彼」 は闘い続け、
アトランタオリンピックの
聖火点火のサプライズゲストまで勤めあげたのデス

病魔に侵された 「彼」 を支え続けたモノ・・・
ソレは
もともと 「彼」 が持っていた闘争本能の影響もアルでしょう

ゆえに
「彼」 は拳闘士として讃えられていマス

・・・が、
はたして 「彼」 個人のチカラだけでは
無かったのではナイかと
ボクは思うのデス

表だっての情報は無いデスが、
「彼」 の周囲の人々・・・
家族であったり
友人であったり
また、
直接的な面識は無くても、
かつての 「彼」 のファイトから
元気や勇気をもらった人達、

そして
病魔と闘う姿から、
励まされる同じ病に苦しむ人々であったり・・・と、

「彼」 が、
かつての栄光にとらわれずに、
病気や老いと闘う
自分の姿を見せるコトで、
世界の 「誰か」 にパワ-を与え、

今度は、
「彼」 が様々な人達から 「闘う=生きる」 勇気を
もらっていたのでは。。。と思うのデス

そう、
「彼」 はきっと
自分以外にも 「自分」 を支えてくれる
強い味方がいたと思うのデス

ヒトは、
最終的に人生を閉じる時には 「1人」 だと
思いマスし、
日常生活を営むうえでも
「自分を守れる」=「自分を管理する」 のは、
自分だけだ・・・と
ボクは考えていマス

ですので、
こちらのコ-ナ-でも
「自身」 のカラダを
「自分」 でケアできると良いと思いマス・・・と
常々お話しさせていただいておりマスが、

今回の報道を知った時に、
どんなに偉大であり強いヒトでも
「1人きり」 では
生きるチカラは生まれナイのかな。。。と
いう考えがアタマに浮かびまシタ

よく聞く言葉デスが、
ヒトは
自分にシテ欲しいコトを
他人にシテあげるコトで、
自分自身も幸せになれる。。。
全くその通りだと思いマス

様々な環境で、
日々の生活を頑張ってイル皆々様・・・
その日々の疲れを少しでも癒していただけたら。。。
ソレがボク達スタッフの願いでアリ、

当店に
おいでいただきました
お客様が元気になっていただけた様子を
拝見できた時に、
ボク達も元気や希望をいただけマス

ヒトは皆、
「支えてくれる」 存在が必要でアリ、
ボク達は
陰ながら少しでも皆様を 「支えられる」 場所でアリ続けるタメに
日々、
精進し続けておりマス


↓ご予約・お問い合わせのお電話はこちら↓

 ℡ 0476-26-6488

    (営業時間 10:00~20:00)

  リーフ&マンダリンの公式ホームページは

        コチラをクリック!



梅雨の時季はユウウツですが、
雨上がりの 虹 が見えるチャンスが
増える・・・との期待もアル 伊東 でした













 

♪うつろい♪

なかなか暑い日が続いていマスね

「5月病」 のシ-ズンは
過ぎましたが、 

ボクは 
時季がら

梅雨を迎えつつ
夏の暑さも連想させ、
なおかつ
ジメジメと湿気っぽい今ぐらいの時期に、
1番にココロもカラダも、
疲れを感じるのでは・・・と思うのデス 

自分自身は、
気持ちも
体調面でもスッキリしたいッ 
。。。と、
思ってはミルものの
「ヤル気」 と云う活力が沸いてこナイ

めまぐるしく変わる天候・気圧・湿度・・・などの不安定さが、
ココロやカラダも不安定にして
グルぐるグルぐる・・・

「なんとかシャッキリしたい
そんな
自身の気持ちとはウラハラな状態を改善スルには、

まず
おカラダの 「歪み」 を整えるトコロから
始めていただくと、
かなりスッキリ・シャッキリしていただけると思いマス

身も心も
ウツロイやすい、
こんな時季こそ 「基盤」 とナル自身のカラダを
しっかりとケアしてみませんか


↓ご予約・お問い合わせのお電話はこちら↓

 ℡ 0476-26-6488

    (営業時間 10:00~20:00)

  リーフ&マンダリンの公式ホームページは

        コチラをクリック!



ボクの地元では、
「田んぼ」 が多いので
この時季はカエルの大合唱がスゴイのデスが、
タマに聴いてミルと心地よい 伊東 でした

 

♪夢♪

自分自身が目指す
理想や目標・・・を示唆した意味の 「夢」 ではなく、

寝ている時に見る 「夢」 の話デス 


病気やケガの影響で、
横にならざるをえない時の 「寝る」 でなく

純粋に 「寝ている」 トキって幸せデスよネ 

あと
2ど寝。。。
んー最高ッっ 

あの、いったん起きてカラ
「さぁ
もう1かい寝よ」・・・って時が、
幸せのピ-クです

よく子供の頃、
勉強もせずにゴロゴロ寝ころがってイルと、
親から
「死んでから
いくらでも寝られるんだから、
起きて勉強しろ!」・・・と、
怒られていましたが。。。

それは違いマス(声を大にシテ)

死んでしまったら、
「夢を見られない」 し
「起きられない」 し
「起きてカラ
夢を思い出せない」 し

そして②、
ナニよりも
2ど寝ができる 「幸せ」 を実感できないッ

。。。と子供の屁理屈のような主張が終わったトコロでw

改めて 「夢」 について考えてミルと
ホント 「不思議」 な現象デスよネ

個人各自の 「脳」 に与える影響の、
どんな 
「状況」 や
「条件」 が揃って 「夢」 の内容ができあがるのか・・・
謎デスよホント

「夢」 って、
起きてカラも覚えてイル場合と
「夢」 をみたコトすら
覚えていない時と。。。ってアリませんか

それについては、
眠りが深い時の 「夢」 は覚えておらず、
眠りが浅い時の 「夢」 は覚えていて・・・など
諸説アルようですが、
真相は解明できてイルのでしょうか・・・やはり謎デス

幼い頃の出来事と、
最近になってカラの出来事が
ミックスされた内容だったり

後になってから、
「あ、
これ夢でみたカモ」。。。というデジャヴ的なもの

自分が見た 「夢」 が、
自身の性格や未来を占うモノだったり

今まで意識していなかったのに、
「夢」 に出てきたヒトに好意を持つようになったりw

内容が
楽しい 「夢」
悲しい 「夢」
怖い 「夢」
不思議だったり、
切なかったり・・・
ホント、
「夢」 ってスゴイですよネ

寝てイル時って 「無意識」 で、
自身の行動・言動・・・が
自分で 「支配」 できない状態なワケですよネ

本来の生物学的な見識から考えると、
「寝る」 行為は、
疲労した肉体・臓器・脳・・・などを休めて回復させる行為デスから
よって
ほとんどの機能を 「OFF」=「無意識」 に近い状態にスルのでは

「夢」 をミルのは、
そんな 「OFF」 状態の時に
唯一楽しめるタメの 「意識の空間」 なのカモ・・・

とか、
トンチンカンな
コトを考えてみました

少しでも楽しい 「夢」 がみられるよう、
横になったり、
寝る時に負担がかからぬよう
おカラダの状態をベストにしておきたいデスね

↓ご予約・お問い合わせのお電話はこちら↓

 ℡ 0476-26-6488

    (営業時間 10:00~20:00)

  リーフ&マンダリンの公式ホームページは

        コチラをクリック!


「夢」の内容がトイレに行く場合だったりスルと、
今だに 「ハッ」 とシテ、
飛び起きる&確認する 伊東 でした

















 
ギャラリー
  • よろしくお願いします