blog_id=1474520 名古屋発 女社長日記 - livedoor Blog(ブログ)

2017年09月25日

ある営業マンの話  〜ランチ編〜




少し涼しくなってきたとはいえ、

日中に駐車した車中の暑さといったら…(^_^;)


まだまだ残暑厳しいですね。



さて、つい先日こんな事が。


会社を出て、少し遅めの昼食に出掛けました。

和食のお店に入り、テーブルについて注文を。


ほんの少し間を置いて

営業マン風の男性が隣のテーブルについて注文を。


ふと、テーブルの上を見たら、


その日の新聞と、

スマホと、

IPODと、

何かしら書いてあるノートと…。


まるで面積に隙間なく広げ始めました。

立ったり座ったり、

ソワソワ落ち着かない様子



恐らくは、

急な仕事を抱えていたり、

次の客との約束の時間に追われていたりなのでしょう。

一見、30代半ばの中堅風の、

いかにも「ザ、ビジネスマン」という感じでした。



そしてその男性が注文した定食が来ました。



ちなみに、この店の定食の特徴は、


鮭や鯖、鯛のあら煮等

活きの良い新鮮な魚をその場で捌いて

すぐ料理にしてくれる美味で定評のあるお店。


焼いた鮭や味噌煮の鯖も、

大きくて身が厚く、

新鮮な刺身も付いていて、

且つ、価格も良心的



そんなホクホクとした美味しそうな魚定食が

テーブルに来たというのに、


右手は電話かけっぱなし、

左手はIPODを触りっぱなし、

定食は新聞の上に放置しっぱなし、



決してジロジロと見ていた訳ではありません(笑)

ただ、

そのテーブルの上はおよそ15分くらい、そのまま。



やがて、

あのホクホクとした湯気も消えさり、

ご飯も魚も冷え切って、

見るからに美味しそうな照りも無く、

少し乾燥してしまった魚の表面。


その後、

約5分くらいでかき込み、

その営業マンはそのお店を出て行きました。



その後、私も社へと戻りました。

戻る途中、歩いていてふと思いました。


確かに急いでいたに違いない。

確かに忙しいに違いない。

確かに"食べる"という事より先に優先しなければならない事が

あったに違いない。


…わかる。そういう時は確かにある。



しかしながら、

私は思いました。



あの5分の食事をせめて15分に出来ないだろうか。

食事は食事、仕事は仕事、と分けて

せめてお店のテーブルの上でだけは

食事に集中する事は不可能だろうか。


折角、美味しいのに。


もし、

この後、震災が起きたら…。

事故が発生したら…。
(縁起でもないですがm(__)m)



「あの時、味わっておけば良かった」と

真に思うのではないだろうか。



例え何かが発生せずとも、

たかが、ランチといえども、

人間が手間暇かけて作られた素晴らしいものに対して

自分の人生のほんのわずかな時間を割いて向き合うのは

そんなに惜しい事だろうか。


そう、

歴史ある城や神社、仏閣などを

観ている時、


あるいは

綺麗な素晴らしい景色を観ている時と

同じように、


その場で流れていく時間を

もっと楽しんでもらいたい。

もっと味わってもらいたい。




美味しい食事は美味しいうちに。

美しいものは美しいうちに。

素敵な人生はもっと素敵に。


もっともっと自分の人生の時間を

大事に楽しんでもらいたい。



最近、そんな事を感じる今日この頃なのであります。




本日の一言

「時間の遣い方」















































leapers at 14:30|Perlmalinkclip!

2017年09月21日

絶景! <鳥羽三ツ島三景> 





朝晩、少し涼しくなってきた今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか。

日中はまだまだ気温が高く、
その温度差で体調を崩している人もいます。
しっかりと自己管理を怠らないようにして下さい。

秋は資格取得に適しています!
蓄積してきたスキルを生かして、新たなチャレンジを。
そこには新しい自分が待っています!



<求人募集のお知らせ>

弊社ではITエンジニア(SE・PG)、ソリューション営業・広報を随時募集しております。
経験者優遇ですが、未経験者には社内教育も実施致しております。

また、弊社では女性支援事業にて母子家庭の女性増員等、積極的に取り組んでおります。
本気で仕事をしたいが育児中などで就業が難しい、と考えている女性からのご応募大歓迎!
詳細は弊社ホームページの「採用情報」をご覧ください。
ご応募、心よりお待ちしております。

・外部パートナーも随時募集しております!





〜〜


さて、今週末は彼岸・中日さんですね
一足先に家族で墓参りに行ってきました。
・画像はクリックすると拡大されます。



鳥羽グランドホテル
以前にも出張で一度宿泊した事のあるホテルで
今回はリニューアル後の二回目泊。
このガラス張りの窓が5階になり、通常ロビーとなっています。
ここからの三ツ島の眺めが絶景で最高

20170919_084318









ロビー内部。
この大時計の後ろに温泉へ続くエレベーターがあります。
今回はリニューアル後の最上階の桜の間へ。

20170919_061448








20170919_061427









桜フロア室内組子








桜フロア室内










この日の出は動画撮影にも成功!
年明けでも滅多にお目にかかれない程のクオリティー
三ツ島がこの角度で眺められるホテルは数少ないとの事。

20170919_054508









竜宮城の形の連絡船
上に乗っているのは乙姫様(?)

20170919_090524









裏の海岸沿い。このホテルのプライベートビーチですね。

20170919_084757














本日の一言
「自然の美しさに勝るものは無し!」

leapers at 13:33|Perlmalinkclip!

2017年08月29日

苦しみの雨




盆明けから…もう8月が終わります。

早いですね。


最近は、日の暮れも早くなってきました。

しか〜し、暑い


今年は残暑も厳しいらしいので

皆さん、特に体調管理には気をつけましょう!


そして、まずは年末まで、頑張りましょう




それにしても、早朝からなんとも空しいニュースが!!


先だっての集中豪雨もそうであるが、

これまでの度重なる震災被害に苦しむ人々に

まだ更なる苦しみの雨を降らそうとするのか。


災害に遭遇し、ただでさえ苦しい中なんとか立ちあがって

それでもまだ先々の不安をぬぐえずにいる。

そんな人がまだまだたくさんいるというのに、


自然的な災害による物理的、精神的ダメージの上に

何ゆえ今度は人為的な災害まで仕掛けなければならないというのか。




苦しい雨が止むのは、いつ?





leapers at 14:26|Perlmalinkclip!

2017年08月10日

夏季休暇 2017.8

< お悔みとお見舞い>

この度の集中豪雨について、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された方々並びにそのご家族の方々へ
心よりお見舞い申し上げます。
そして一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。



<夏季休業のお知らせ>

暑中お見舞い申し上げます。 
拝啓 盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。 
さて、誠に勝手ながら弊社では、夏季の休業期間を下記の通りとさせて頂きますので 
何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。 

尚、今後とも一層のご贔屓を賜れますよう、ご指導ご鞭撻の程
何卒宜しくお願い申し上げます。 
                                  
             記

     平成29年 8月11日(金)から
     平成29年 8月16日(水)まで
        ・開始日 17日(木)


leapers at 14:51|Perlmalinkclip!

2017年08月07日

台風5号  ~緊急連絡~



このたびの記録的な集中豪雨により、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞いお悔やみ
申し上げます。



<緊急連絡>

さて、現在東海県では今日明日(7~8日)にかけて
台風5号の影響による警報、注意報が幾つか出ています。
各自、各方面の天気予報や避難ハザードマップ等を活用し、
万一の緊急避難の場所確認や対策をして速やかに準備をして下さい。

各々、今日明日の通勤に関しては指示に従い、
迅速に連絡を取り、速やかに行動して下さい。
決して無理はしないようにして下さい。


皆、無事故、無被害で宜しく頼みます。




leapers at 13:43|Perlmalinkclip!

2017年07月21日

酷暑対策 〜お見舞い〜





このたび九州地方の記録的な集中豪雨により、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞いお悔やみ
申し上げます。



さて、酷暑が続いています。
特に外勤者は、車中車外やビル内ビル外の温度差に注意!
あとは水分塩分の補給等、熱中症対策にも充分注意し
予防に心がけてください。



<求人募集のお知らせ>

弊社ではITエンジニア(SE・PG)、ソリューション営業・広報を随時募集しております。
経験者優遇ですが、未経験者には社内教育も実施致しております。

また、弊社では女性支援事業にて母子家庭の女性増員等、積極的に取り組んでおります。
本気で仕事をしたいが育児中などで就業が難しい、と考えている女性からのご応募大歓迎!
詳細は弊社ホームページの「採用情報」をご覧ください。
ご応募、心よりお待ちしております。

・外部パートナーも随時募集しております!





〜〜〜

先日、
友人夫妻と久しぶりの三重県榊原温泉へ。
ここは以前、生前の父と来た場所。

今回二回目ですが、入口入るとすぐの敷物の模様や、
ありとあらゆる風景が、大変懐かしく蘇ります。

今年は亡父七回忌の年。
その年にここへ来る事になったのも何かしらの運命を感じます。


夕食(一部)
クリックすると拡大します。
お品書き(少々ボケ写(笑))通り、
品数は充分で質も良し 

20170701_192552









20170701_192600








20170701_194009










20170701_190412















20170701_190239









次の日の朝食(一部)

20170702_065628










本日の一言
「最近、記事が温かいと云われる所以」
そういえば家族で行く場所の掲載が多くなりました。
またビジネスvirも近日公開!



leapers at 17:08|Perlmalinkclip!

2017年06月26日

書かずにおれず




先週から悲しみの余波が続く。


本当になんてことだろう…。

あんな幼い子供達を遺して…。



たまに引っかかり拝見した事があるブログ(kokoro)を

通して拝見したのは今回が初めて。
https://ameblo.jp/maokobayashi0721/



身内の不幸はあった者にしかわからない。

遺された者の悲しみは、いかばかりか。



私は海老蔵さんは若い頃からオイタばかりで

元々あんまり好きではない。
(ファンの方スンマセン(笑))


しかしながら、天使のようなあんな良い妻に先立たれた今、


どうしようもない辛さ、

やりきれない喪失感、

何をしても襲いかかる虚無感、


わかりすぎるほどわかる。



私も母を亡くした時、そうだったから。
(父はその2年後に逝)


夫婦と親子のそれは、また少々違う部分もあるかもしれないが

大切な身内を亡くした後というのは

ましてや、嫁に先立たれる夫というのは


その悲しみは計り知れない。




だからか、

ほんのしばらくの間だけ、

珍しく

海老蔵ブログ読者に登録してみた。
https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/



その後の

幼い子供と、妻に先立たれた父親との生活が

今はとにかく気になるから。




よく、

「とにかく時間が過ぎるのを待つしかない」とか

「時間が解決してくれる」とかいう人がいるが


確かに、それはそういう部分もあるにはあるし、

時が経てば落ち着くというのは、案外気休めでもないが



それは、物理的にという事では決してなく、


心のやり場が無く、

自分自身が自分自身の心にパニクり、


どうしようもない悲壮感から

→故人に対する本物の愛情や感謝へ


気持ちが変化するという事なのだから、



それは、かなり先になってからの話であり、

今は到底ムリ。


今、そんな事を受け入れられる余裕はあるはずもないし

受け入れなくてよし!



ただただ、

故人の匂いのある物をさわり、

故人が行った場所に行き、

故人の思い出と眠り、

故人を思いっきり偲ぶ。


その時間に、もういいだろうとか

そろそろとかいうキリは無いし、

つけなくとも良い。


例え「いつまで想っているのか?」とか

「もういいかげんいいやろ」とか

ほざく輩がいても、


自分は自分の大事な故人を思いっきり、

いつまでも、

好きなだけ

偲べばいいのです。




そう、

好きなだけ、思いっきり、いつでも好きな時に、偲ぶ。




いつもその時、

その故人が傍にいますから。




−ご冥福をお祈りいたします−

合掌。




leapers at 13:13|Perlmalinkclip!

2017年06月13日

中村屋 お練り歩き  (臨時掲載 2 )


臨時掲載第二弾


先日の5月28日(日)、
近所の豊国神社
http://toyokunijinjya.main.jp/

で中村勘九郎、七之助のお練り歩きが行われました。
今回の平成中村座公演の広報も兼ねて、
中村勘三郎の像が建立。

少し練り歩くだけでこの人ごみ!
重責もいかばかりか…

参考サイト
http://www.kabuki-bito.jp/news/4092
http://toyokunijinjya.blog.fc2.com/

クリックすると拡大されます。


IMG_0231IMG_0228IMG_0227IMG_0216IMG_0222IMG_021520170528_13045320170528_13042420170528_125627

leapers at 18:18|Perlmalinkclip!

2017年06月02日

中村屋 お練り歩き  (臨時掲載 1 )



臨時掲載第一弾


先日の5月28日(日)、
近所の豊国神社
http://toyokunijinjya.main.jp/

で中村勘九郎、七之助のお練り歩きが行われました。
今回の平成中村座公演の広報も兼ねて、
中村勘三郎の像が建立。

参考サイト
http://www.kabuki-bito.jp/news/4092
http://toyokunijinjya.blog.fc2.com/


ちなみに私の自宅から歩いて15分くらいの場所。
スマホ片手にいそいそと

以前、勘三郎(当時は勘九郎)さんが
「平成中村座公演をされてから10年だそう。

神社前は、なんと3万5千人の人が溢れ、

「どこからこんなに人が出てくるのだろう」と(笑)
私も主人もあっけにとられるほど
私がこの地に住んでから恐らく初めて見るくらいの人口密度

この日は少々風は強めだったけれど、
5月晴れに恵まれ見事に晴れた一日でした


取材陣は、東海テレビ、中日新聞社…etc
ヘリも併せて各社こぞって来られてましたが、
暑い中場所取りが大変そうなのが印象的

なんでも、
勘三郎(当時は勘九郎)さんがお生まれになったのか
この中村区だそうで、
名古屋はとてもご縁があるのだと、取材でもお答えに。
像を建立されるとの事で、神社の北側が綺麗に改修されてました。


昨日の1日、平成中村座の初日公演との事で、
東海テレビのプラスワンで夕方放送されていましたね。
私は朝、視聴録画をして会社へ(笑)
ちなみに、下から二番目の写真は「みんなのニュースOne」の
福島アナが取材中。
小柄な方でした。

今回は勘九郎、七之助さん達がお練り歩きする前の準備シーンの数々。
(マイクテスト等…)

次回はご本人達を撮影した第二弾の掲載、乞うご期待




人込みの中、頑張って撮影しました
クリックすると拡大します。





20170528_102206

20170528_102137

20170528_102124

20170528_102112

20170528_131501

20170528_130450



20170528_124328


20170528_115601


20170528_125627


20170528_121633


20170528_114703


20170528_102327



leapers at 19:44|Perlmalinkclip!

2017年05月23日

GW 京都の巻



急激な気温の変化(7月中旬気候)に伴う体調不良が
増加しています。
水分塩分補給等、体調の管理を充分に注意して下さい。
特に外移動が多い者は帽子等(女性は日傘等)を着衣し
熱中症対策を心がけてください。



<求人募集のお知らせ>

弊社ではITエンジニア(SE・PG)、ソリューション営業・広報を随時募集しております。
経験者優遇ですが、未経験者には社内教育も実施致しております。

また、弊社では女性支援事業にて母子家庭の女性増員等、積極的に取り組んでおります。
本気で仕事をしたいが育児中などで就業が難しい、と考えている女性からのご応募大歓迎!
詳細は弊社ホームページの「採用情報」をご覧ください。
ご応募、心よりお待ちしております。

・外部パートナーも随時募集しております!





〜〜





ご存じ東本願寺。
今年は亡父の七回忌にて、GWに家族で京都へ。
亡き両親の咽喉ぼとけが納めてあるので
まずはこちらへお参りに。

塗替え工事終了後にて、金箔も大変美しい仕上がりに
・画像はクリックすると拡大します。

20170505_093603









20170505_091434











東本願寺にはちょくちょく来ますが、
これは珍しいワンショット。
正門の入口右側灯篭前
(撮影ポイントとしてよく利用される場所)に白鷺が
「これは亡き両親が出迎えに来てくれたに違いない」と
思わず主人と顔見合わせるの巻。

嬉しい不思議、幸先いい感


20170505_090553













20170505_090534










正式名称は紫雲山頂法寺。
通称「六角堂」は西国三十三所観音霊場の
第十八番札所。
両親亡き後、
まずは三十三所巡りからと家族で始めたばかり。

満願になるのは何年後?、はたまた何十年後か
実に楽しみ~
写真には無いがこの後、
第十九番札所の行願寺へ朱印帳とさい銭を持って
いざいざ

20170505_130054















天龍寺
どこにいても見られているような竜の目で知られ、
お庭が見事な天龍寺。
竜の画はふすま画と天井画があり、入場料は別。

20170505_153824









これも有名、嵐山の渡月橋。
桜花見はとっくに終わっているのに、
さすがGW、凄まじいほどの人だかり

20170505_145122















渡月橋を渡り、休憩タイム
大人達は天ぷらをつまみにを頂くの巻。

20170505_143607














天気も良く、最高の京都でした
また来ます

20170505_142038














<本日の一言
「亡き両親の面影」














leapers at 14:26|Perlmalinkclip!
記事検索
floq

Archives