2007年01月19日

切ない思いに涙しつつお好み焼き屋を眺める・・・。


先日道を歩いていたら不思議な店を見つけた。
どうやらお好み焼き屋さんのようだった。
しかし店にデカデカと、


がんばれお好み焼き

  まけるな焼きそば



・・・と書かれている。


おそらくそれが店の名前なのだろう。

しかしなぜこのような名前が?
いやそれより、
一体コレはどのような状況なのだろうか?
・・・と素朴な疑問が沸きあがった。
そこでリア玉。なりに、
拙いイマジネーションを駆使して、
その背景を想像してみた・・・






お好み焼きvs焼きそば。



この深い因縁は3代前に遡る。
事の発端は広島と大阪の名物として、
「お好み焼き」が華々しく全国デビューを果したことに有る。
それまで「お好み焼き」と「焼きそば」は幼馴染ということも手伝って、
共に辛い下積み時代を過ごしていた。
その関係はまさに兄弟の様・・・、
或いは兄弟以上といってもいいほどだった。

そこに降って沸いた「お好み焼き」の全国デビュー。
「焼きそば」は当初自分のことのように、
「お好み焼き」のデビューを喜んだ。
「お好み焼き」も「焼きそば」の支えもあり、
着々とその地位を築くことができた。

しかし時の流れと手にした栄華が二人の運命を翻弄する・・・。
しっかりとスターの仲間入りを果した「お好み焼き」。
「焼きそば」はそれを陰から支えるマネージャーとしての仕事をこなす。
もはや二人の関係は、
以前のような「兄弟」ではなく、
仕事上のパートナーとなった。
さらに「焼きそば」は、
天狗になった「お好み焼き」の我侭を黙認していた。
そんな中で二人の間には、
暗黙の上下関係さえ生まれていた・・・。

「お好み焼き」の「焼きそば」に対する優越感、
そして自ら築き上げた地位と名誉、
これらが最高潮に達したときに「お好み焼き」は、
今まで自分に対して献身的に尽くしてくれた「焼きそば」に対する恩を忘れ、


お前は使い者にならんから俺の力で売れさしたろか?
ほら俺のプロデュースってことで、
「モダン焼き」としてデビューしろよ?
でないと一生誰にも食べてもらえんぞ!?
分かってんの自分!?


・・・と言い放ったのだ。
完全な慢心である。
この言葉に「焼きそば」は深く傷ついた・・・。
それまで共にした喜びや苦労は何だったのだろうか・・・。
「焼きそば」は荒れた・・・。
酒に溺れ、
ギャンブルに溺れ、
多額の借金も作り、
行きずりの女さえも抱いた・・・。

もはや廃人寸前で街を徘徊する日々が続いた・・・。

ある夜、
借金取りに追われ、
路地裏でつかまってしまった「焼きそば」。
お約束のように「焼きそば」に借金取りは暴力を振るう。
一しきりその儀式が終わり、
路地裏に倒れこむ「焼きそば」。

お金も無ければ希望も無い・・・。
もうこのまま死んでしまいたい・・・

・・・と世の中全て、
いや何よりも自分自身に対して「焼きそば」は絶望した・・・。
そして・・・

なんだか僕もう眠いよ・・・

・・・と最後の力を振り絞って言葉を発すると、
「焼きそば」をやさしい光が包み込んだ・・・。

それは不思議な感覚だった。
温かくやさしい光。
全ての痛みや苦悩を和らげてくれる光。
そして何よりやさしく抱きしめられるに宙に浮いている感じだった・・・。


一体何時間眠っていたのだろうか・・・。
目を覚ました「焼きそば」の前には見慣れない人がいた。
そしてあたりを見回すと、
見慣れない部屋にいることがわかった。
状況が理解できない「焼きそば」は、
見慣れない人に話を聞いた。

話を総合すると、
どうやら「焼きそば」は偶然通りかかった「UFO」に助け出された。
しかし宇宙人の科学力を持ってしても、
瀕死の「焼きそば」を助けることができなかった・・・。
そこで仕方なく「焼きそば」の身体に細工を入れ、
改造人間として命を与えたのである。


一度は捨てた命


・・・と「焼きそば」は希望を持ち直し、



打倒お好み焼き」!


・・・を誓い、

↓ヤキソバン↓として全国デビューを果し、
「お好み焼き」との3代に渡る長き戦いが幕を開けるのであった・・・。


・・・という悲しい過去・・・。
さらに運命は激しく絡まる・・・。


壮絶な戦いを繰り広げる「お好み焼き」と「焼きそば」。
しかしそんな中、
「お好み焼き」と「焼きそば」を同時に愛してしまった少女が現れる・・・。

「お好み焼き」に対する並々ならぬ愛情の深さ、
そして「お好み焼き」に対する一途な愛情を自覚しながらも、
「焼きそば」への思いがとめられない・・・。
どちらにも負けて欲しくない・・・。

ジレンマか・・・

そんな乙女心の慟哭が・・・



がんばれお好み焼き

 まけるな焼きそば



・・・だった。




・・・という流れからこのような店の名前になったのだろう。
考えただけでも涙がでる。


しかし我々「客」の立場から言わせてもらえば、
本当にがんばって欲しいのは・・・



店員ですからっ!



・・・と思い、
今度勇気を振り絞ってその店に食べに行ってみようかな?
・・・なんて思うリア玉。なのでした・・・。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 競馬でマンション買っちゃいました  [ ★OLの私が競馬でマンション購入の頭金いれちゃいました★ ]   2007年01月20日 16:48
OLの私の週末の唯一の楽しみは競馬です。競馬ってストレス解消になりますよね。
2. 勝率99%!  [ 競馬で勝つ法則!! ]   2007年01月24日 03:08
負けない買い方ではありません。 勝つための方法です。ギャンブルに絶対はありません。ですが、確率はあります。 その確率を極めれば限りなく勝利に近づきます。実際に競馬だけで生活をしている人もいます。それも普通よりもはるかに裕福な暮らしをしています。それは、勝...
3. 競馬予想業界に大革命!  [ 2 ]   2007年01月25日 23:56
競馬予想業界に大革命!あなたの資金が285倍にな ったら競馬をやめられますか?

この記事へのコメント

1. Posted by なすち   2007年01月20日 12:27
ゼロから?(ぁ
2. Posted by リア玉。   2007年01月21日 01:03
懐かしっ!
ってかおれにしかわからんことを書くな(笑;

※「ゼロから」…リア玉。の実家の近くに昔あったお好み焼き屋。ちなみに元々この30嘆には地元民が「おいしい」と通う店があった。そんな立地条件で店主がつけた店の名前。状況的には明らかに「マイナススタート」。すこぶる必死さが伝わる。そのため同情から1度だけ店で「お好み焼き」を食べるが、店の実力も「ゼロから」と言わざるをえなかった哀しい過去の物語。
3. Posted by BlogPetのζ゜   2007年01月29日 16:41
ζ゜は、大阪で自分みたいな関係しなかった。
でないときょうζ゜は絶望するはずだったみたい。
そして広島と借金♪
しかし広島は約束した。
4. Posted by U-ka   2007年01月29日 23:44
久々にきてみて「ご無沙汰です(><)」
とか言って登場するつもりが、
大爆笑という結果に…流石ですね
リア玉さん。イマジネーション普通じゃないw
私は先日初めてお好み焼き屋さんに入って
感動したばかりです!
名前は普通でしたけど(笑)
普通じゃない看板といえば、
「やっぱ自分の躍り方で躍れば良いんだよ。
江戸アケミ」
という看板があります。
何なんだろう、あれは??
5. Posted by リア玉。   2007年02月01日 17:09
U-ka さん

お久しぶりですっ!
ほんとこちらこそ「ご無沙汰してますっ!」
なんか最近なかなか更新できなくて・・・。
やっと書いたのがこれって…(恥;

ところでどこにでも変な看板があるもんですね。
なぜ「踊る」なのか…?
でも多分その看板をみて、
「はっ!自分の躍り方でいいんだっ!?」
・・・と感動した人は「江戸アケミ」さんに「踊らされてる」んでしょうね…(悟;
6. Posted by リア玉。   2007年02月01日 17:14
をぃっ!「BlogPetのζ゜」よっ!

飼い主(リア玉。)と同じようにネクラになる必要はない…。
でもそんなに明るく「絶望するはずだったみたい。」と言われても…。
それに「広島」と「借金」という選択を迫られる状況が全く想像つかんが…。

まぁいい、
しかし気の毒な方だ…(涙;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔