最近偶々仕事で韓国語の新聞を読む機会があったのですが、
Naverにはなんと(!)過去の新聞をweb上で閲覧することが出来る
뉴스 라이브러리 (ニュースライブラリー)機能があります。

日本でも勿論webで紙面を有料で提供している新聞社もありますが、
Naverでは新聞社は限られているものの創刊当時 (東亜日報の場合)のものも閲覧できるので、
ここまで遡ってweb上で簡単に閲覧できるのは(それも無料!)、
日本にはない優れたサービスといえるのでは言えるのではないでしょうか。

ということで日付を延々と遡って検索していると1940年8月11日を最後に新聞の発行が
止まっていることに気づき、気になったので8月11日付の東亜日報を閲覧してみました。
DA1

すると一面の中段左にこのような記事が書いてありました。
DA2
DA3

当時は日本の植民地になっていた韓国ですが、
内容を読んでわかるとおり、やはり韓国語による新聞を統制するという
日本の朝鮮総督府の方針により廃刊を余儀なくされたようです。
두산백과 (韓国版Wikipedia)によると、東亜日報だけでなく同じく韓国最大紙の朝鮮日報も
同統制により廃刊し、その後終戦により1945年12月1日に発行が再開されたとのこと。
(なお韓国語では"중간 (重刊)"というようです。この表現ははじめて知りました^^;)

現在の韓国語の文章と比べると漢字語の単語は全て漢字で表記されている点も特徴的ですが、
そこに加えて순응하야や폐간되엇으며, 표하오며, 건강을 비러마지아니하나이다など、
現在の表記 (맞춤법)とは異なる表記をしているのが目に付きます。
現代の表記では순응해야, 폐간되었으며, 표하며, 건강을 빌어 마지 아니하다となるはずですが、
この違いはさしずめ日本の文語体と口語体のようなものでしょうか?

恐らく70年近く前の韓国語とはいえ口語表現はあまり変化はしていないと思われるので、
例えば순응하야と書いていても発音は수능하야ではなく
現代語と同様に수능해야となっていたはずです。

日本の強制により廃刊に追いやられたという歴史的背景は勿論無視できない点ですが、
韓国語という言語的な見地からもこの1世紀の間で言文一致
(韓国語でもこのような表現をするのかわかりませんが)と
いう大きな変化があったのだな、と気づかせてくれる貴重な新聞記事でした。

ちなみに、現代の韓国語ではメールなどで"햇는데 (했는데)"や"시러 (싫어)"と書く場合が
ありますが、これはもしかすると前時代の文語体の韓国語への回帰なのでしょうか!?

このような言葉の変化については全くの門外漢なので
情報が得られ次第またこのブログで紹介したいと思います!

また、興味深い韓国の昔の新聞記事についても随時このブログで紹介したいと思います^^b

---------------------------------------------------------------------------------- 

このブログで紹介した表現は以下↓の単語帳にまとめています。
無料でアクセス可能なので勉強にお役立てください!
韓国語単語帳

 
韓国語ランキング