August 28, 2007

白ネココンがあってもいいじゃないか!

BG「先週末に行われたOPGXP札幌の結果が出たようだね。」

バイセン「む?公式ページにはそのようなレポートは上がってないが…何処からそれを知ったのだ?」

BG「情報ソースは…あれ?何処行ったかな?メモするのすっかり忘れてた。」

バ「ソースがなければ分析することもままならないだろうが。全く。」

BG「だはははは(汗)。まぁ、とりあえずパッと見で覚えているのは上位10デッキには幽霊屋敷コントロールタイプがなかった(?)のと3色流氷が3つランクインしていたこと。あと、赤黒サラマンダーデッキが入っていた事ぐらいかな。」

バ「ほう、幽霊屋敷コンがなかったのか。台風でも直撃するのではないか?」

BG「…バイセン、それ洒落にならないからやめとき。それより種族デッキがランクインしていることが一番驚いたよ。」

バ「今の今まで全く見なかったデッキタイプだな。しかもサラマンダーで入賞とはデッキ構築もさながらプレイングも相当巧いのだろうな。」

BG「だろうね。まぁ、プレイングはどうがんばっても見れないけど、後日上がると思う公式のレポートにはデッキレシピが載るだろうからチェックしておかないとね。」

バ「強くなるためにも、デッキのノウハウを知っておかなねばな。それに、種族デッキを扱うものにとっては何よりの朗報だな。」

BG「種族デッキでも十分戦えるって証明だからね。こっちも負けてられないよ。」

バ「今のところ、負け越してるがな(笑)」

BG「だまらっしゃい(笑)。まぁ、今日は種族デッキと言う事だから久しぶりに現在使っている獅子デッキでも上げますかな。」

バ「おいおい、大丈夫なのか?今週末には日本選手権の予選が開始されるという時期だというのに。」

BG「…大丈夫、一癖も二癖もある変なデッキだから(笑)」



・獅子デッキ Ver.XX(ダブルX)←ただ単に何回改造したか忘れただけ。

[ユニット:27枚]
濃霧の魔氷フォッグ×3
牢獄を守る獅子×3
商店街を守る獅子×3
焔を狩る獅子×3
踊りかかる獅子×3
センチネル・センチピード×3
夢を守る獅子×3
機械竜グラシア×2
銀行を守る獅子×2
機械竜ミステリオーソ×2

[ベース:4枚]
流氷の大陸×2
天使達が踊る針×2

[ストラテジー:9枚]
サイバーチェイス×3
シュレジンガーの猫×1
深淵竜翻る×2
堕落×3

BG「コレが現在使用中の獅子デッキ。まぁ、このデッキVer:1.0から何回いじくったんだろ?(汗」

バ「それだけ思い入れのあるデッキならば弄くった回数などもうどうでもいいのではないのか?」

BG「まぁ、元々回数なんて覚える気ないけどね(笑」

バ「・・・とりあえずだ、各カードの存在意義ぐらい説明したらどうだ?」

BG「へいへいっと、んじゃさくっとやっちゃいますかの。」

・濃霧の魔氷フォッグ
・センチネル・センチピード
BG「青があるならとりあえず入れておくべき除去ユニット。コイツらは説明不要かな?」

バ「序盤から後半まで幅広く世話になるユニットだな。」

・牢獄を守る獅子
BG「コレも説明不要だね。」

バ「エネルギー補佐的存在のユニットだな。それ以外にも青獅子(商店街、銀行)が出た後ならば軽いアタッカーとしても使えるな。」

・商店街を守る獅子
・銀行を守る獅子
BG「獅子デッキの嗜み的ユニット。ヤッパリ説明不要?」

バ「この者たちは単体でも効果的だからな。エネルギーさえ残しておけば常にヒットアンドアウェイが出来る優秀ユニットだな。」

BG「一時期はあるカードの対抗策として使ってたけど・・・なんだっだけな?忘れたや。」

・焔を狩る獅子
・堕落
BG「このカードはこのセットのためにあるような組み合わせ。」

バ「焔を狩る獅子を自軍エリア置いたままで堕落で遠距離攻撃するコンボだな。・・・これについては赤犬氏の《ライオニスト宣言》で詳しく説明されていたな。」

BG「ッということで、詳しい説明は赤犬さんのBlog《ライオニスト宣言》でどーぞ」

・踊りかかる獅子
BG「というかバイセンそのもの。コイツ無しにはやってられません。デッキ在籍暦1年経過した古参ユニット(笑」

バ「私を入れるぐらいならば他のユニットを入れた方がいいのではないのか?」

BG「んも〜遠慮しやがって。お前の強さは《ロスト・ウィニー》で証明されたんだから対ウィニー要員としてこれからもコキ使うで〜。」

・夢を守る獅子
BG「今回から増えたハイパワーユニット。移動が重いけど7000のパワーは侮れない。」

バ「同じ4コストのバルカンを一方的に踏めるからな。他にもハウス・オブ・ヘルには1回パンプで負けてしまうが強制的に5枚破棄させることが出来ると考えれば相当なものだな。」

BG「ただ、プランゾーンから来ると悲しいユニットだから出来る限り手札に欲しいところ。」

・機械竜グラシア
BG「白なら入れない手がないユニット。ぶっちゃけコイツがいるかいないかでデッキパワーが相当変わるとんでもないユニット。」

バ「闘気が付けば+2000さらに剥してアンタッチャブルなど能力がレア並みで知られたユニットだな。夢を守る獅子に張ればパワー9000になるから制圧力が一気に上がるな。」

BG「他にも獅子デッキならではの技として、闘気を剥してから青獅子能力を使えばまた闘気が貼れるから青エネの数=アンタッチャブル化できる数ともなるんだよね。」

・機械竜ミステリオーソ
BG「多分コイツの存在自体が一番謎かも知れないユニット。」

バ「使い道が見つからないといわれたユニットの1枚だが・・・どう使うつもりなのだ?」

BG「コイツの能力がスマッシュを闘気にするって能力だから活躍の場は終盤。スマ4〜5の状態でコイツを出してスマ回復→闘気剥してカード回収→移動→スマ回復→アンタッチャブル等などスマ回復しつつカードとかを補充する要員として使うん。」

バ「ナルホドな。しかし、パワーは6000と貧弱だが・・・グラシアと組みあわせる事が前提なのか?」

BG「まぁね、他の組み合わせも出来るけどそれは後述するよ。」

・流氷の大陸
BG「大型ユニット発射口的ベース。主に銀行を守る獅子をぶっ放すためのカタパルトとも言うべきカナ?」

バ「いわずと知れたぶっ飛ばしベースだな。しかも銀行を守る獅子ならば追撃されても逃げられるという利点があるから使いやすいといったところか。」

・天使達が踊る針
BG「踊るのは獅子だけでヨシ!・・・というのは冗談で、闘気を貼ると白だけだけど+2000されるベース。このデッキのパワー上げるのも一役買ってるんだよね。」

バ「グラシアの効果で闘気が張られるとパワー修正合計+4000だからな。ミステリオーソでも10000になれば十分に使えるな。」

BG「それだけじゃなくて軽いからプランからきても腐らないし、因果律を回避するのにも使えるんだよね。コレが。」

・サイバーチェイス
・深淵竜翻る
BG「いわずと知れた青の優良ストラテジー。」

バ「チェイスは夢を守る獅子を確実に回収するため、深淵竜はバトルタイミングでも使えるバウンス&闘気剥がしで何回も使えるストラテジーだからな。」

・シュレジンガーの猫
BG「このデッキのビックリドッキリストラテジー。自軍退避じゃどうにもならない除去を回避するのが主な使い道だけど・・・」

バ「ミステリオーソと組み合わせて1ターンで3スマ回復することが出来る脅威の回復術の要のストラテジーだな。しかも使った後でまたミステリオーソで回収できるというとんでもないヤツだな。」

BG「最後の延命処置+計算狂わせなトリックスター的ストラテジーだからね。1枚しかないのがポイント。数枚在るとばれるからね。っと言うことで今日はココまで。」

バ「終わるのはいいが2nd限定のデッキは作ったのか?」

BG「ア・・・忘れてた(汗」

バ「・・・とっとと作らんかぁぁぁぁぁ!!!(ガブッ)」

BG「作れといいつつ噛み付くなぁぁああぁぁ!!!(流血)」


lebewesen7832 at 21:37│Comments(3)clip!雑記 | デッキ系

この記事へのコメント

1. Posted by 野菜を視野に入れておこう   August 29, 2007 10:00
すごいですね
持ってるカードの種類が違いすぎる・・・
2. Posted by BG   August 29, 2007 18:31
>野菜を視野に入れておこうさん
カードの種類が多いように見えるかもしれませんが、それほどハードルは高くないほうですよ。(注:《堕落》は例外ですが(汗)
カードの種類云々よりも重要なのはコンセプトやシナジーですね。このデッキでもプランジャーのセンチピードが入っているにも関わらず、プランから来るとデメリットになるカードが2種類入ってますから、まだ改良の余地がありますしね。
3. Posted by 野菜を視野に入れておこう   August 30, 2007 08:24
そうなんすか
なるほど。勉強になります

受験のほうの勉強も大切ですけど・・・笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
BG
新潟県在住のD-0Player(アマチュア)
新潟に帰還して毎週末に出没

所属サークル:スパイク・ボーイズ

主な使用大陸
青の大陸、白の大陸(特に種族:ライオン)
最近はとにかく面白いギミックがあればOKになってきた気が・・・。

称号:ウィニー・キラー
   獅子使い

《踊りかかる獅子》只今約[280枚]。
とりあえず・・・目指せ4桁!!!
Recent Comments