シン

2010年08月10日

上手く使えれば使い道はあるんだけど、ソードマン出した方が・・・



考え方について。


・マスターに見つかったら意味がない
・売れば実質60マナだから安い、と考えてはいけない
・乱戦でたまにピヨらせてくれる


性能について。

・ゴーストを染め上げるのに平均11カウント>支配まで16カウント
・マスターへのダメージは通常攻撃が98、スタン攻撃が65
・装甲兵に対しては戦果の上下がすごい

ゴーストを上手く染めるコツはゴーストの少し手前で召還する事ですね。
ハミングは召還する時に上に放り投げ、
滑空しながら下がってくる感じなので、召還位置から出現位置まで距離があります。

相手の装甲撒きに対して使えるかどうかと言ったら答えはNO。
攻撃頻度次第では補正なしレベル初期ならHPMAXから倒してくれる事もあるんですが、
もちろん逆もあるし、少なくともゴースト補正ついた装甲兵を倒しきってくれる事は稀。
理由は攻撃間隔が大きく空くのが原因で、
装甲兵にゴースト殴られる>ゴースト殴り返すを繰り返すと、
結局装甲兵倒せないまま消えてしまうという物。
止まっているゴーストに対してはすぐに攻撃してくれるんですが、
相手が動いていると全く行動しない事もあります。
使うにしても、撒かれた装甲兵のゴースト補正はがすために出して他の作業して、
倒せればラッキー、ダメなら後でマスターで戻って倒す程度のつもりで。

乱戦では安定して役に立つって事はありえませんが、
たまにスタンさせる事があり、そうなったらフルコン確定なんで、
ダメージ補正かかるんで多少ダメージは落ちちゃいますが、
それでもおいしいです。



使い方について。

まず、初動で近接兵の回収が1体(?)減ります。
まぁコレは何体でもいいんですが、ハミング買ったら多くても2体持ち。
理由は120マナ払う代わりに相手より先手を取れることが持ち味だから。
ヴァレイヴンで開幕ガトー出すみたいな感じでしょうか。
俺はヴァレイヴン使えないし、アレは悪手になりがちだと考えていますが。


ハミングを使う時はキャプチャールートを考える事が必要です。
ハミング+キャプチャーでどれだけゴーストが取れるか考えましょう。
例えばガニメデ、ガニメデ2、ベルカ上なら一本道が多いので、
サーヴァントとハミングで一本道を挟んでしまえば全て取れます。

逆にイリュリアはどうでしょうか。
中央より相手側にハミングを置いてゴースト取った所で意味がないのは、
容易に想像が付きます。

黄泉はどうでしょう。
中央ゴーストひとつ取れば他のゴーストがとりやすくなりますね。
つまり、最前線にソードマンを撒き、
中央をハミングとキャプチャーで取っていく動きが必要になります。

トリオラ、ベルカ下なんかだと絶対に買わないほうがいいです。






具体的な動き方に入ります。
重要ルートの隣接が1つのマップでは1体持ち+ハミング、
2つのマップでは2体持ち+ハミング。


前者はガニメデ、黄泉。
後者はガニメデ2、HKF、ベルカ上。

前者の場合は相手隣接にソードマンを撒き、重要ゴーストにハミング。
後者の場合、相手隣接にソードマンを撒き、
ゴースト数の多いルートに撒いたソードマンの後ろにハミング。

まぁこんな感じです。
そして、マスターは粘着or最前線で敵を潰す動きになります。
基本的には最前線で敵サーヴァントを倒す。
お互い最前線に居座った場合、ハミングを使いながら中間ゴーストを取っていく。
相手マスターがこちらに来るなら時間を稼ぐ。
相手が2、3体持ちの場合気合で前線で捕まえて粘着、
捕まえられなければ相手の撒きサーヴァントを処理後、
再度粘着って形ですね。

相手の装甲兵がいればハミングを出しましょう。
撒き対処には微妙といいましたが、それでも手軽に出せる機動兵は重宝します。
ハミング以外のサーヴァントもいれば比較的早く相手装甲を倒せる事になりますし、
純粋に乱戦の戦力と捉えてもらっても結構です。

そして、こりゃ使いどころないなと思ったらサッサと売りましょう。
お互いのゴーストがほぼ確定した場合はまず不要です。
但し、序盤の120マナと、戦線が安定した時の60マナでは価値が違いすぎるので、
売れば60マナって考えは捨てましょう。
序盤に120マナ使っているのは紛れもない事実です。



利点は相手の足止めに成功した場合は一瞬でゴーストが自分の色になること。
但し、ハミングを使って取れるゴーストは仮初にすぎません。
しかし、それでもこちらのチーム全体のマナ収入が増える上に、
相手の収入が減っている時間を増やす事が可能です。
後はコレをどうやって利用していくかが重要でしょう。

欠点はテンションの問題と、開幕ソードマンの追加召還が遅れる事。
序盤近接兵の召還遅れは致命的なので、
ハミングによって取得したマナで即座に次の近接兵に繋げましょう。
テンションはマジで管理が大変な上に、
MGまで回復しに行くと仮初の有利がなくなってしまうので、気合出せとしか言いようがないです。
相手のサーヴァントはテンションを回復するための物、
こう考えながら動くといいでしょう。
大ビークはトドメにのみ使うなど、撃ち方も選びましょう。


まぁ、1on1のほうが使い道あると思います。



lecces at 12:38コメント(2)トラックバック(0) 
Profile
-ゲーマータグ-
lecces(れく、れくせす)

-ツイッター-
_lecces

comment
Retrieval
  • ライブドアブログ