好き

  • author: leef_snow
  • 2007年01月13日

君のその一言を聞くと

胸の奥底までぐちゃぐちゃになるんだ

この気持ちに君はきっと

知らずに笑ってるんだろうね

流れる雲は溶けていって

淡い気持ちは増していって

目蓋を閉じて浮かぶ君の姿に

胸がまた疼いた

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲