209c3c49.jpg強風吹き荒れた週末、皆様いかがお過ごしですか。私は花粉症でグズグズです。
画像は以前にも紹介した“ラ・メゾン〜”の苺のデザートプレート。
ただし、前回とは違って2月バージョンなのです。
ここのカフェは毎月限定のタルトとプレートがあるので、ただでさえ期間限定モノに
弱い私はすっかり通い詰めております。1番好きな苺のシーズンですしね。

明日は第80回アカデミー賞授賞式ですが、毎年の事ながらノミネート作品は
殆どがまだ日本未公開なので、予想も何もあったもんじゃないですね。
何しろ観てないので作品としてどうこう評価したりは出来ないから、
あくまで好きな俳優や監督に肩入れしつつ、ショーとして今年も楽しみます。

発表されたラジー賞は前代未聞の8冠という快挙がありましたが(笑)
リンジー・ローハンもこういう時にトロフィー受け取りに行って、ハル・ベリー
みたいにジョークの分かるトコを見せれば良いのになぁ。

オスカーとは縁の無い映画『俺たちフィギュアスケーター』★★★★★は
最高でした!!期待通りの面白さで、ずっと笑いっぱなし。おバカコメディが
恐ろしいまでに冷遇される日本での公開は非常にめでたい。

実は主演のウィル・フェレルは嫌いな俳優の1人なんですが、今回はそれが
気にならず、マッチョでセックス中毒の勘違いキャラがぴったりハマってた。
そんな彼とペアを組むハメになるヘタレ王子様系スケーターを演じる
全然美しくないジョン・ヘダーも、どこまでも予想を裏切らないストーリー展開も、下ネタ満載でひたすらくだらなくて可笑しい。

他のアメリカ製バカコメディと比べて、スケートという題材が活かされてるからか
ギャグもわかりやすいし、有名俳優のカメオ出演もあるし、とにかくオススメ。
90分間全てを忘れて楽しめる作品ですよ。何にも残らないけどね(笑)