リー湘南クリニックからのお知らせ

院長ブログ−異端医師の独り言

ピアスや美容形成

2012年08月08日

★ 手術の基本

医師一年目、聖路加病院時代「鬼」の異名をとる牧野外科部長の監督下、停留睾丸の手術を執刀することになった。先輩から「英論文通りに始めから終わりまでやらないと、頭突きを食らうか、ペアン(小型ペンチみたいな手術道具)で手を挟まれる」と教わった。無論、論文を丸暗記した。
 泌尿器科の藤岡先輩(現・岩手医大・泌尿器科教授)からは「手術前には 2冊以上の英文手術書を読むように」命じられ、それが習慣になり今日にいたる。しかし、聖路加を離れて以来、英文教科書を読む医師に出会ったことがない。どの病院でも医者は、「先輩のやり方を真似る」か「メーカの提供するビデオ」で習っていた。
 手術にあたり、「悌毛、術野の消毒、抗生物質の使い方、糸の選び方・結び方・締め加減、傷の閉じ方、術後の消毒、抜糸時期など」それぞれに「基本」(科学的根拠)がある。
 北里研究所病院時代(1990〜96年)、後輩の入江に「根治的前立腺全摘術」を執刀させることになり、あらかじめ手術法の論文を渡し、その通りにするように命じた。術後、入江が「リー先生、論文を読んでおくとこんなに違うのですね。」と感想をもらした。
 名古屋で美容外科の副業をしていた時代(1993〜1998年)、北里研究所病院美容外科・U部長を招聘し、ワキガ手術を何十例も施行してもらった。驚いたことに、例外なく、100%に合併症が発生した。その度に言い訳をするのだが、要は基本(=血流を温存する)を知らなかったわけで、私が施行するようになってからは、合併症は、ゼロになった。
 北里研究所病院で外科や婦人科の手術を手伝ったが、基本を無視した目を覆うものだった。しかし、殆どの患者さんは大過なく退院され、基本を知らなくても通用することを知った。
リー湘南クリニック (2006年10月の記事、校正)

leeshounann at 13:17|Permalink
2012年06月07日

☆★ 包茎手術

出世後早期に「亀頭を包む皮を切開する行為」を割礼という。聖路加病院時代(1980年6月~1981年3月)、多くの割礼をやらされたが、乳児は泣き叫び、何度やっても嫌だった。最近、欧米の小児科医達は「割礼は非人道的」と主張し始めた。
 数年前、小児の包茎はステロイド軟膏で治ると報告されている。ただこの方法、「発明者」が泌尿器科医で、皮膚科的見地からは無謀ともいえる長期投与。僕は、念のため「10日間塗り」「10日間休薬」を指示しているが、今のところ治癒例はありません。
 日本人の 6割が包茎といわれている。包茎を治療する理由は、清潔にする、そしてコンプレックスを解消するためである。ただ、いざ包茎手術を受けようとしても、手術法、痛み、値段など様々な不安がよぎる。
 一般的な手術法は、余分な包皮を亀頭周囲で切除するが、最大の欠点は性感帯も切除され、そして傷跡がツートンカラーになり目立つこと。また、人によっては亀頭周囲から毛が生えてくるようになる。
 病院を選ぶにあたり目に付くのは、全国にチェーン展開しているクリニックでしょう。親切で信頼できそうですが、相談にのるのは医師ではなくカウンセラーで、色々な処置が必要と説明し、法外な治療費を呈示する。当院を受診された患者によると、65万円とか、最高は 250万円も提示されていましたよ。もし高額な治療費を呈示されたら、その場でローン契約しないで「後日予約します」と勇気をもって引き上げること。
 大学病院での手術は安価だが、新米医師の練習台になる。大学病院は、医師を訓練する使命をもつので仕方のないことです。蛇足ながら、大学病院に入院する場合、最悪の月は 4~7月でしょう、新米が処置や採血にあたるから。
 私は「名古屋で美容形成」の副業をしていた頃(1994年~1998年)、約 2千例の包茎君を、根元切除法*で治療した。私自身も包茎だったので、最も信頼できる医師に手術してもらい、ついでにシリコンボールを2個ほど…。  
*J.Urology:1607 May 1995
リー湘南クリニック leeshonan@gmail.com  拙著「癌患者を救いたい PSA検診のウソ」(正誤表)(2007年2月の記事、校正)

leeshounann at 11:16|Permalink
2012年05月30日

☆★ イルカのピアス R指定

名古屋で、週末に美容外科の副業をしていた頃(1994〜1998年)、ある男性患者、名前失念、がクリニックのスタッフ「前田」に恋をし、理由をつけては来院された。例えば、ペニスにシリコンボールを 1個入れに来る。そのうち、鬼の金棒みたいなペニスになってしまった。
 ある日、彼が帰った後、受付に置いてあった手提げ袋が振動していた。前田に「それ何」と聞いたら、「あいつが置いていったのよ」。当時は高価なケイタイ、前田は放りっぱなしにしていた。
 常連の彼が、シリコンボールを入れに来た。おや、ペニスと陰のうの境に長い鎖が通され、鎖の先をみると「イルカのペンダント」が揺れていた。前田、「森川先生(アルバイト)の日にあいつが来たのよ」。
 超一流内科誌に掲載されたボディーピアスの総説*によると、ボディーピアスには取り付ける場所により「呼び名」がつけられ、例えば「Prince Albert」は外尿道口と環状溝(亀頭のくびれ)を貫く環状のピアスを指す。ビクトリア女王の夫「Albert」が正装時、ズボンの右か左のフックにペニスを固定するために開けたそうだ。
 彼の「ペニスと陰のうの境ピアス」は、文献に記載が無いので「Dolphin」とでも命名しましょうか。
 当院ではボディーピアスを施行していますが、危険な場所(例えば、舌)へのピアッシングは行いません。
*Review: Body piercing Lancet, 1205: 2003
リー湘南クリニック (2007年1月の記事、校正)

leeshounann at 14:14|Permalink
2010年04月14日

★ 美容外科医はおばかさん

1994〜1988年名古屋で「美容形成」の副業をしていたころ、北里研究所病院(港区)・美容外科・宇津木龍一部長(医学部の同級生、現在「宇津木流クリニック」を開業されている)とその後輩にアルバイトに来てもらった。彼らがワキガの手術をすると、100%に合併症が生じ、包茎を根元法で手術すると、たいてい傷が開いた。要は、手術の基本「血流の温存」という概念をもち合わせていなかった。僕がワキガ手術を始めると合併症はゼロになった。宇津木は大風呂敷を広げる、米女優何とかなんとかに手紙を出し返事をもらったとか。論文を書いたことがないので、科学的思考ができないし、彼の被害者が増えないように、敵意はありませんがブログに記しておきます。
 北里研究所病院(港区)で「証明医療・原理主義者」の僕は敵がどんどん増え、「金持ち大好き・土本院長」になってからは、能ある医者は次々と開業し、カスだけが残った。僕も開業先を模索していた時、南藤沢クリニックからオファーがあり、ノルマはなく高給、裏がありそうだったが引き受けた。証明医療を掲げ「泌尿器科、内科、形成外科」を標榜したが、証明医療は儲からない。あまりの赤字に、仕方がなく皮膚科学を独学した。ただ、皮膚科は病名が多いので、英文教科書は断念し日本語で勉強した。皮膚科も医師により「処方がまちまちである」ことを知った。皮膚科の新患さんが増え、私の皮膚科の知識は新しいので、近隣の皮膚科より「腕が立つ」と評判になってしまった。
 南藤沢クリニックのオーナーと喧嘩別れし、2003年1月に「リー湘南クリニック」を立ち上げた。美容外科は、お馬鹿さん患者が多いので原則として診ない。ただ、別件で通院中の患者さんや、このブログを読み納得していらっしゃる患者さんは診ています。
リー湘南クリニック (2006年11月の記事、校正)

leeshounann at 08:45|Permalink
新着記事