サッカー初心者が「元サッカー部」に勝つ非常識な練習法

高校サッカー部では公式戦出場経験ゼロの落ちこぼれ選手が、大学サッカー部で全国大会出場選手からレギュラーを奪ってしまった! そんな経験をもとに、基本(ドリブル、キック、トラップ、リフティング)から応用まで、サッカー・フットサル初心者が「元サッカー部」に勝つための非常識な練習法を紹介します。

ようこそ!

サッカー・フットサル出遅れプレーヤー専門コーチ“どーな”です(^0^)


このブログでは、大人になってからサッカー・フットサルを始めた出遅れプレーヤーのために、上達のヒントをお送りしています。


こちらからあなたに必要なヒントを持ち帰ってください。
  ↓↓↓↓
>>記事一覧へ<<



無料レポートもプレゼント中です!
これまで4,700名以上の方にダウンロードしていただきました!
  ↓↓↓↓
>>サッカー・フットサル 最短距離で上達する3つのステップ<<

FWですが、DFを背負ってプレーできません。

↓サッカーランキング参加中!今何位でしょう?
サッカーランキング

FWパス受け方

どーなです。

今回は、えふてぃー さんの質問について考えていきましょう。

えふてぃー さんの質問


はじめまして。フォワードしてます。

質問があるんですが、相手が自分の背後にいる状態でフェイントをかけるのが苦手ですぐにサンドされて取られてしまいます。
また、無理に前を向こうとしてしまい周りが見えなくなることもあります。

ボールは1度足元に止めたほうがいいのか、進行方向に軽く晒したほうがいいんですか?

2つの解決法や練習法、また意識のイメージなどを教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。
続きを読む

暑〜い夏の試合で知っておきたい正しい水分補給の5つのポイント

↓サッカーランキング参加中!今何位でしょう?
サッカーランキング

水分補給

どーなです。暑い日が続きますね(^_^;)

この季節に一番気を付けたいのが熱中症です。

熱中症予防には、しっかり水分補給することが大事ですが、
実は水分補給は、夏場の試合の勝敗を左右する重要なポイントになります。
続きを読む

目標を持つ人と、持たない人の差

明けましておめでとうございます。

今年もサッカー・フットサル上達のヒントをお届けしていきますので、よろしくお願います。



今年の目標は、もう決めましたか?



「目標設定?

そんな、面倒くさいことやらないよ。

どうせ、達成できずに終わるだけだから・・・」

という人もいるかもしれませんね。



しかし、目標設定をしている人と、

漠然と「上手くなりたいなぁ」と思っている人では、

上達のスピードが明らかに違います。

続きを読む

新たな目標を立てる前に・・・

新年に新たな目標を立てる人は多いと思います。

1年の目標を立てることは、充実した1年を送る上で、とても大切なことです。



そこで、1つ質問です。

去年の目標は達成できましたか?



「達成できなかった」という人もいるのではないでしょうか?



実は、私も以前は、年初に立てた目標を、ほとんど達成できませんでした。

達成できないどころか、目標を立てたことで満足してしまい、

どんな目標を立てたのか、覚えていないこともあったくらいです(^_^;)



しかし、目標を立てる前に、あることをするようにしてから、

具体性の高い目標を立てられるようになりました。

これから目標を立てようと思っている人は、その前に、ぜひやっておいて欲しいと思いますので、

今回は、その方法を紹介したいと思います。
続きを読む

上達するか、上達しないかは、××で決まる!

W杯が終わって、もう2週間になりますね。

サッカーを観たり、サッカー談議をする機会が減っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


サッカー練習動画











「そんなことよりも、練習の方が大事でしょう?」

と思った方もいるかもしれませんね。



もちろん、サッカー・フットサル上達のためには、練習は欠かせません。

しかし、がむしゃらに練習すればいいわけではありません。

同じ練習をしても、どんどん上達する人もいれば、ほとんど上達しない人もいます。

両者の違いは、何なのでしょうか?
続きを読む

ワールドカップ2014 なぜ、W杯出場選手は、慌てずにプレーできるのか?

W杯もいよいよ大詰めですね。

W杯を見ていて改めて気づいたことがあります。

それは、トラップの精度がものすごく高いということです。

サッカートラップ
















まぁ、世界トップレベルの選手たちなので、当然なのですが(笑)



ここで言うトラップとは、難しいボールをピタッと止めるとか、そういう派手なプレーではありません。

普通にパスをつないでいる時の何気ないトラップのことです。



私は、自分のポジション柄、ボランチの選手に注目することが多くなります。

例えば、ボランチがDFラインからパスを受ける場面があります。

この時、ボランチの選手は、たいていワントラップでターンします。

ここまでは、私でもできます。

しかし、違うのはこの後です。

続きを読む

ワールドカップ2014 サイド攻撃はドイツから学べ

W杯もグループリーグが終わり、ベスト16が出揃いましたね。

日本は残念ながらグループリーグ敗退となってしまいましたが、W杯はこれからが本番です。

ワールドクラスのプレーから、上達のヒントを得ていきましょう!



ベスト16に残った国の中で、注目して欲しい国の1つがドイツです。

ワールドカップドイツ代表













どこに注目して欲しいのかというと、サイド攻撃です。

ドイツのサイド攻撃は、非常にバリエーションが豊富なのです。

続きを読む

ワールドカップ2014 試合観戦を上達につなげる方法

コスタリカの躍進、ネイマール選手、メッシ選手をはじめとするスター選手の活躍などで盛り上がる一方、スペインの予選敗退など、波乱もありますね。

日本もかなり厳しい状況ですが、まずは最低条件であるコロンビア戦での勝利を目指してがんばってもらいたいですね!



ところで、W杯でサッカーの試合を見る機会も多くなっていると思います。

せっかく試合を見るのですから、あなた自身のプレーの上達にもつながれば一石二鳥ですよね?



そこで、質問です。

あなたは、試合を見る時、どこを見ていますか?

続きを読む

ワールドカップ2014 日本代表から得るチームワークのヒント

サッカーチームワーク日本のW杯初戦となったコートジボワール戦は1-2で敗れ、黒星スタートとなりました。

日本は、序盤に本田圭佑選手のゴールで先制するも、ラインが押し上げられず、相手に押し込まれる試合展開。

何とかしのいでいましたが、とうとう力尽き、立て続けに2失点を喫してしまいました(-_-;)

コートジボワールの右サイドバック オーリエ選手のクロスは素晴らしかったですが…
続きを読む

ワールドカップ2014 日本×コートジボワール 準備と積み重ねの力

明日は、いよいよ日本代表のW杯初戦、コートジボワール戦!

ケガで出場が危ぶまれていたドログバ選手やヤヤ・トゥーレ選手も、練習に参加していたようですね。



日本代表×コートジボワール代表

6/15(日)

10:00キックオフ(日本時間)



2010年10月8日、1-0でアルゼンチン代表に勝利した試合から始まり、

ザッケローニ監督就任後、16戦無敗での滑り出し、

アジア杯優勝、

W杯予選突破、

コンフェデ杯での3戦全敗、

欧州遠征での惨敗(セルビア戦、ベラルーシ戦)、

1ヶ月後の欧州遠征での復活(オランダ戦、ベルギー戦)…



この4年間、日本代表は、良い時も悪い時もありました。

その過程は、あなたもご覧になってきたことでしょう。



日本代表のこの4年間の活動は、全て明日のための準備でした。

現在、日本代表は、アジアでトップクラスの実力を持つチームになっています。

しかし、準備なくしてここまで来ることはできなかったでしょう。



レベルこそ違いますが、私達のサッカー・フットサルも同じですね。

準備なくして、結果を残すことはできません。

昨日始めたトレーニングの成果が、今日出ることはありません。

何事も結果を出すには、準備と積み重ねが大切なのです。



そんなことは、みんな分かっているんです、頭では。

しかし、私も含め、多くの人は、それでも楽をして上手くなることを望んでしまいます。



そんな時は、日本代表のこの4年間の過程を思い出してみてください。

そして、明日の試合は、日本代表のこれまでの過程にも思いを馳せて、観戦してみてください。

試合の勝敗だけではない、大切な上達のヒントが得られると思います。



日本代表が試合に臨むまでに、裏ではこれだけのスタッフが動いています。

また、選手も、会場に入るまでに、トレーニングだけでなく、これだけの移動をこなしています。


【日本代表inブラジル】第1戦会場のレシフェに到着



何事も準備と積み重ねが大切!

それを忘れずに、これからもサッカー・フットサルを楽しんでいきましょう!
livedoor プロフィール
高校からサッカーを始めるが、高校時代の公式戦出場経験はゼロ。
ところが、大学サッカー部では全国大会出場選手からポジションを奪ってしまう。

そんな経験をもとに、サッカー・フットサル初心者向けに「遅れを取り戻す」上達のヒントを紹介しています。



>>私がこんなブログを作った理由は・・・<<


QRコード
QRコード