2007年04月05日

------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ、練習してもドリブルが上達しないのか?
それは、ドリブル練習の前提となる考え方が間違っているからかもしれません。

ドリブル上達メールセミナー
『3つのポイントで効率的に上達!出遅れプレーヤーのドリブル練習法 お試し版』

3/31(月)まで無料配信中!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------


ドリブルは、サッカーの華です。

相手がフェイントに引っかかた瞬間、
相手が出した足の上をヒラリとかわしていく瞬間には、何ともいえない爽快感があります(*´∀`*)

ドリブルの練習には、1対1や1対2など、ボールの奪い合いをするのが最適の練習法です。
でも社会人は、相手を付けた練習がそう頻繁にできるわけではありません。

だったら、一人でやっちゃいましょう♪



「え〜、一人でドリブルの練習なんてできるの?」

ドリブルは相手あっての技術なので、そう思われがちです。

それで、結局何もしない…
↑これじゃあ、もったいない!


ドリブルを一人で練習するのは、実は効果的な練習法なんです。

実戦では、考えながらフェイントをかけることはあまりありません。
考えながらやっているうちは、成功率も低いハズ。
フェイントが成功するのは、「いや〜、体が勝手に動いちゃって」という場合がほとんどです。

この「体が勝手に動いた」という状態にするには、フェイントの動作が体に染み込んでいなければなりません。

ブラジルの選手が、訳の分からないステップで相手を翻弄することがありますよね。
あれも考えてやっているのではなく、体が勝手に動いているんです。


そこで、一人でやるドリブル練習が効果を発揮します。
一人でやる練習の目的は、
    
   「フェイントの動作を体に染み込ませる」

ことです。

体に染み込ませるためには、一つの動作を「反復練習」することになります。
ここは、根気が必要です。

…がんばりましょう(^_^)


フェイントを実戦で使えるようにするまでの流れは、こんな感じです。

1.覚えたいフェイントを一人で「反復練習」。
動作を体に染み込ませる。

    ↓

2.スムーズに動けるようになったら、敵に見立てた目印(石ころでも何でもOK)を置いて「反復練習」。
相手との「間合い」を考えながら練習します。

    ↓

3.ミニゲームなど実戦形式の練習で試してみる。


いくら1、2で反復練習しても、初めてミニゲームなどで試す時は「考えながら」になってしまうかもしれません。
それでも、練習なので思い切ってやってみましょう!
フェイントを成功させるには、「思い切り」も必要です。

自分と相性の良いフェイントであれば、いきなり「体が勝手に動く」という感覚でできる場合もあります。
一度こういう感覚でできれば、本当に身に付いた証拠♪
考えなくても、試合で使えるでしょう。

それから、練習の前に、実際にフェイントが使われた試合の映像を見ておくと効果的です。
試合のどんな場面で、ピッチのどの場所で使えるフェイントなのかをイメージすることができるからです。


フェイントが決まった時の爽快感はたまりません。
実は私、この爽快感でサッカーにハマってしまったんです(^_^ゞ

フェイントを身に付けるためには、まず「反復練習」。
1日20回とか回数を決めてやれば、そんなに時間もかかりません。
動きを覚えるだけなら、部屋の中でもできます。

こっそり身に付けて、チームメイトをビックリさせちゃいましょう♪


なぜ、練習してもドリブルが上達しないのか?
それは、ドリブル練習の前提となる考え方が間違っているからかもしれません。
>>3つのポイントで上達!出遅れプレーヤーのドリブル練習法<<


↓ドリブル上達のヒントが満載のドリブル特集はこちら
ドリブルの重要性

↓もっと非常識な練習法を知りたい人はコチラ
目次へ

「情報」はサッカー上達の近道。
↓他のブログも参考にして、「考え方」を広げましょう。
人気blogランキングへ


leftyryu07leftyryu07 at 00:28│コメント(6)トラックバック(0)ドリブル・フェイント │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by パト   2008年06月21日 20:45
5 フェイントで逆をとれるようになりましたドーナさんのおかげで!
でも自分より大きい相手は逆を取っても
追いつかれます!
どうしたらいいでしょうか?
2. Posted by サッカー大好き   2008年09月15日 14:55
スピードを高めたらどうでしょうか?

僕の場合は割と足が速いので逆を取ったら追いつかれることはありません。(ファールしてでも取ってくる人もいます)
3. Posted by atsukohu   2008年09月17日 10:26
4 はじめまして!数あるサッカー情報の中でとても身近に感じました。 なんせ小学以来ボールに触っていないフットサルは初心者の女なもんで。 体力はもちろんのこと球感がない!  でも、練習法を探していてもすでに経験者用の情報しかない。 どーなさんの練習するな、触ってろ系で「だよねー」と思えるようになり早速、一人ボールに触り始めました。
、なんか黙々とあんなのこんなのとヘナチョコなりに励んでしまいました。リフティング10回しかできなかったけど…。  でも触ることが近道な感じはしましたよ。 33歳がんばりまあす! でもって、どーなさんの練習法参考にします。これからもよろしくっす。
4. Posted by どーな   2008年09月19日 00:19
>atsukohuさん

コメントありがとうございます。

あせらず、ムリせず、自分が楽しいと思える範囲で続けていくのが、サッカー・フットサルを長く楽しめる秘訣だと思います

メルマガでも情報発信していますので、よろしければ、参考にしてくださいね。
5. Posted by えぃしぃ   2012年02月18日 19:06
ある練習1つを1日中やり続けるのと、
数種類の練習を1日でちょこっとずつやるのでは、
どちらの方がいいのですか?

例)キックの練習1日中やる

  キック、フェイント、ドリブルなど色々な練習を  少しずつやる
6. Posted by どーな   2012年02月26日 01:26
>えぃしぃさん

どちらでもOKだと思います。

大切なのは、「どんな目的でその練習を行っているか?」です。

例えば、全く蹴れないキックを練習するのであれば、止まったボールを蹴ることから始める必要があるでしょう。

しかし、ある程度蹴れるキックを、実戦で使えるようにしたいというのであれば、「壁当て」でトラップとキックを同時に練習したり、コーンを使ったドリブルからキックなど、一連の流れにして練習した方が効果的です。

練習メニューというのは、教科書どおりに行わなければいけない訳ではありません。

あまり堅く考えず、自分が楽しめる方法、自分に必要な部分が伸ばせる方法など、自分に合った練習メニューを考えてみてください。

教科書どおりの練習メニューを真面目にこなしている人よりも、遊び感覚で仲間とプレーしている人の方が伸びるという皮肉な話もよくあるのです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字