アンティークデザイン那須

栃木県の那須にある株式会社デザイン建築のブログです。 私たちは地域のリーディングカンパニーを目指しています。

家庭菜園の楽しみはやっぱり収穫する時ですよね。

それまでの土を耕したり肥料を施したり、

すぐに伸びてくる草を抜いたりと…、
全ては新鮮な野菜を
食べたいが為です。

そうしても理想と現実の壁に泣かされたり喜んだり。

今年の我が家のきゅうりは全滅でナスも良くなかったです。

弟は「1本のきゅうりの苗から100本は採れたよ」などと

のたまわっていましたが…。

パプリカ-2 - コピー



ところが、今年はパプリカが実をつけたではありませんか。

ゴーヤ-2 - コピーめての事です。\(o)/!







ゴーヤは売れ残った
ヒョロヒョロの苗

しかも半額シール付きを植えてみたら

ご覧のように育ってくれました。



悲喜こもごもの野菜づくりです。










































最近、吹抜けの照明器具の電球交換とか

はたまた、器具自体をシーリングファン(又はサーキュレーター)に

変えたいが、自分では天井が高すぎて手が届かないので、

どうしたら良いかと言った問い合わせがあります。



別荘には大半、リビングの天井が吹き抜けていて

床から5mくらいの高さに照明器具が下がっているのですが、



いざ「球切れ」やら「年末の大掃除」などでも

吹抜けの照明器具は気軽にメンテナンスできませんよね。


最近は「LED電球」なる物が登場して久しいのですが、

なかなか球切れしないのがメリットの一つです。

電気代もかからないとか。


ですが、いざ「掃除」となると

脚立では届かないし、ハシゴもかけられないというところは

足場を組み、掃除しなくてはなりません。



普通は業者さんに依頼するところですが、

ネタばれかも知れませんが、

業販価格でも「税込み5万円」くらいかかります。



中古別荘の購入をお考えのかたは、

そのような経費も考えながら、

別荘選びをなさるべきかなと思いますが、


中には、

新築のお客様で、ひろーい吹抜けのプランを希望していまして、

吹抜けのデメリットもお伝えするのですが、



「メンテナンスは業者さんにお願いしますから

ご心配なく・・・」

と、一蹴されることもあります。



さすがに那須に別荘を構えるお客様は

太っ腹だな~と、

いささか驚かされます。



そのように割り切って吹抜けをプランする場合には

このようなひろ~い引き抜けをご提案させていただきます。
(わかりずらいですが、シーリングファンも回ってます。2020年施工です)

DSC_1146



このように、どど~んと吹抜けを作ってみました。

吹抜けだけの広さですが6畳分くらいあります。


全体の真っ白い壁は

砂漆喰を厚み4~5ミリで塗っています。

コテの自然なムラがとても美しい空間となってます。






このように、

ひろ~い吹抜け
をご希望のオーナー様、

是非、デザイン建築までご相談くださいね。




建築のセンスのある方、

是非、デザイン建築で一緒に働いてみませんか?


センスに自信が無い方もOKです。


私が鍛えますから↓













今日は霧がかかりどんよりとしていました。

リサイズ入り口


月曜日という事もあってか、夏の賑わいもひと段落といった所でしょうか。

駐車場も半分くらい空スペースがありました。

駐車場り


☆お目当てのガーンジィーゴールデンミルクを発注。

牛乳
火曜日と金曜日には搾りたてを購入できるそうですよ。(^O^)/


 折角牧場に来たのでピロシキも…。

ピロシキ-1


ピロシキは、当時高校生だった夏休みのバイト時、お客様から
「ピロシキって何」と聞かれ教わった通りに「ロシア風肉まんです」と
答えたのを覚えています。

当時はまだ、珍しかったんだと思います。

あれから〇十年。

今も変わらず手作りされてるって嬉しいですね(≧▽≦)



スタッフ募集↓

















最近はやりのタイニーハウス。


イメージ的には「小さな家」とか「小屋」という意味のようですが、

ネットを覗いてみると、

売ってるものから自作する人まで色々あるようです。




やはりまともな戸建てを建てるよりかは

予算が安く済むのが魅力の様で、

最近ではあのIKEAまで参入してきているようですね。



それにタイニーハウスをトレーラー化するようなものまで

出始めて来ています。


こんな感じ↓
22359968
(無料で使える画像から拝借しました)


似たようなカテゴリーで、

「キャンピングカー」や
「トレーラーハウス」というのがあります。


どちらも一時的に生活ができるような設備が揃っているイメージですね。


そういう事から

自然災害で避難するのには使えるアイテムとして

キャンピングカーなどは人気のようです。


30年以上前のキャンピングカーでも100万円以上で取引されています。


私も欲しいと思ったことが何度もありますが、

なにせ維持費がかかるのがネックで

庶民には中々所有できない現実があります。


そこでDIYする人などが出てきていますが、

製品と違って、さすがに手作り感は否めません。


一目見てなんか貧乏くさい雰囲気がありまして、

私は手作りする気にはなりません。



でも、手作りされる人はその労力たるや、もう

尊敬せざるを得ません。畏怖の念と言うか。


ですが、大工さんが作ったタイニーハウスは

キレイに出来そうなので、

商品として扱えるなら

工務店なども参入していったら面白いと思います。



一般の人たちのタイニーハウス購買希望価格というのが

以前ネットにでていまして、300万前後という事でした。


大手がタイニーハウスに参入できないのがその価格の壁との事で、


確かに私もざっと頭に中で概算してみましたが、


「儲からない」「商売としては成り立ちにくい」

という感じでした。



タイニーハウスは、強風に弱そうなので、

出来れば強固なものに(コンクリートなど)固定したくなりますので、

おのずと工事費がかさみます。


トレーラーに固定して持ち運ぶのも

トレーラーのお値段が100万円以上しますので、


やはり工事費が高くなります。



今のところは、DIYで庭に基礎石かなんか置いて

その上にホームセンターで購入した木材で作った方が

安く済みそうです。


でなければ、IKEAのタイニーハウスが安ければ

そちらにするか・・・ですね。



只今、デザイン建築では、

私のような人間と一緒に建築の仕事をしたい人、

那須で建築の仕事をしたい人を募集しています。


タイニーハウス、キャンピングカー、トレーラーハウスなども

建築に関係ある分野なので、

そういう事が好きな人とでも、色々価値観を共有出来たら

楽しいかな~と思っています。


募集要項はこちらから↓



ではまたブログでお会いしましょう。














那須近辺の学校は夏休みも終わり学校も始まってますが、

那須より南の地域の学校は未だ夏休みのようですね。


その証拠に、那須街道は渋滞ぎみ。
DSC_0611





普段の土日でさえ那須街道混雑しますから、

今日は夏休み最後の週末とも相まって混むのは当たり前という事でしょうか?



youtuberのひろゆきさん風に言うと、

「しごく当然の事!」と言う感じですね(草)


(この言葉、商標登録されたらブログで書けないですね、
とまあ、冗談はさておき)


あかわらず、新型コロナの第7波のせいか、

那須の中古別荘の需要は多いようで、

リフォーム工事の需要(特需?)の波は留まる事を知りません。(おおげさか💦)




そこに新築の別荘建築も定期的にありますので、

私と一緒に建築の仕事をしてくれるスタッフを募集してます。



求人サイトにも載せていますので、

「那須で建築の仕事をしてみたい!」という

熱意のある方、

是非求人サイトの方、ご覧ください↓

   




那須での仕事ならではの野生動物たちとの遭遇も期待できます。
(ハムスターじゃないよ!)
二ホンヤマネ



ではまたブログで会いましょう!
















このページのトップヘ