2017年02月10日

Amazon依存症

昨年あたりから、ネットで商品を購入する機会が激増した。
食糧品以外はほぼ全てをAmazonで購入したような気さえする。

欲しい商品をネットで検索すると決まってAmazonのページが上位に表示される。
そこでクリックする。
送料無料のプライム対象でしかも値引き率が高いとなると、もう購入する気になってしまう。
ポイントが加算されさらに値引きで安く手に入る。

以前は他のページも比較検討していたが、最近はそれすらやめてしまった。
商品の製造元の通販より安い場合が結構ある。しかも送料無料がありがたい。

そんなAmazonでの買い物だが失敗することもある。
ウォキングシューズとパンツを購入した時のことである。
思っていた素材と違った。
しかもサイズが小さく入らない。
こんなこともあるだろうと購入する際、試着しても返品できることを確認の上購入していたので、迷わず返品手続きを取った。
すんなり返金されると思っていたが、ひと悶着あった末結局全額返金された。
レビューにあったように送料は返金されなかったが。

対応したスタッフはさりげなく恩を着せて手続きをしてくれた。
対応は嫌味はなくスマートでよく教育されているなと感じた。

ネット通販とりわけAmazonでの買い物のメリットは、いうまでもなく便利なことであるが、商品調達力の高さにもある。

年末に年賀状を印刷しようとしたところプリンターのインクが切れていた。
HPの4色対応のカートリッジだった。
慌てて近所の大型電気店を巡ったが、どの店にも在庫がない。
商品の納入は年明け3日以降になりますとのこと。
それでは間に合わない。27日のことである。

ネットで検索し、いつものようにAmazonのぺージへ。
目指す商品在庫有り。プライム翌日到着予定とあった。
翌日の夜無事年賀状を印刷することができた。


免許区分の変更、ドローンの実用化など物流革命はネット通販がもたらしたものである。

Amazonはどこまで進化するのだろうか?

百貨店に代表される既存店舗は今後いくつ生き残っていけるのだろうか?




ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村

legalpatner at 20:00コメント(0)トラックバック(0)趣味・雑感 

2017年02月06日

格差社会のもう一つの形

厚生労働省が発表したところによると2016年12月の有効求人倍率1.43倍と1991年7月以来、25年5カ月ぶりの高水準だそうです。
又求人倍率は全都道府県で1倍以上でこれは過去に例を見ない数字だそうです。
いくつかある原因の中で主たるものは、景気の緩やかな回復と少子高齢化。

こういった状況では必ず「人材難」、「人手不足」という問題が生じてきます。
中でも深刻なのが中小・零細企業です。
これは職種を問わず、又場合によっては職種間においても人材を奪い合う形で表面化します。

そしてやはり大企業には人材が集まり、中小零細企業は競争に勝てません。
これが企業の成長速度に影を投げかけ、ますます大小企業間の格差を広げていってしまいます。


かくいう当事業所でもここ2年は、本当に人材を確保するのが困難になっております。
とくに新規事業で立ち上げた不動産の分野では顕著です。
雇われる立場に立てば当然の理屈だと理解できますので、ここはぐっと我慢するしかありません。

そんな中、企業理念に賛同し、共に働きたいという方も多くはないですがいらっしゃいます。
受け入れる側としては、「此処で働くことが貴方にとって如何にメリットがあることなのか」を具体的にイメージできるだけのものを提示することが必要になってきているのです。

やはりどんな時でも、どんな状況下でも知恵を絞ることを怠ってはいけませんね。
商をやる以上は。




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村

legalpatner at 01:00コメント(0)トラックバック(0)オフィス・求人 

2017年02月02日

年賀はがきの当選番号

年が明けて早一月。
皆様もすっかり日頃のぺースを取り戻されていることと思います。

さて、先日ようやくお年玉付き年賀はがきの当選番号の確認をしました。
相変わらずのくじ運のなさで207枚のはがきの内当たったのはたったの2枚。
しかも3等(末等)のみ。45が1枚、51が1枚でした。
本当に毎年確率が悪すぎると思います。

いつもながら番号を確かめているうちに、下2ケタで同じような番号が出てくるなあという感じが強くします。
はずれたから、ほかの2ケタ番号が多く見えるのだろうと考えていました。
しかし、今回はものは試しと全てのはがきの下2ケタ番号を検証してみることにしました。

すると驚きの結果が
下2ケタが59と79のはがきが6枚もありました。さらに11、31、25、86、58、80のはがきが5枚ありました。
やはり印象通り番号は偏っていたようです。

そして私のくじ運の悪さが数字の上でも立証されたのでした。。。




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村

legalpatner at 18:04コメント(0)トラックバック(0)趣味・雑感 

2015年12月30日

相談はお早めに

当事務所に相談に来られる方は何らかのお悩みをお持ちです。
そして、多くの場合二進も三進もいかなくなって来られる方が多いのです。

これは相談者から見れば当たり前のことかも知れません。
誰だってできれば他人の助けを頼まず自力で解決したいものですものね。

でも相談を受ける立場からの本音としては、もう一歩前の段階で相談に来てほしかったと思います。
問題が拗れずに済んだであろうケース、もっと早期に解決できたであろうケース、費用が掛からななかったであろうケース、本当に沢山あります。

先日も取引先と揉めて一方的に契約を解除してしまい、損害賠償されてしまった方がいらっしゃいました。
何も自分から契約を断絶して窮地に追い込まれる前に、主張すべき点で多くあったこと、それに対する相手方の回答を待つべきであったことが悔やまれます。

この方の例のように一歩前の段階で相談に来られることで、随分違って結果が出てくることが多いのです。

そのために、より一層敷居を低くして安心して相談できる「街のよろず相談所」になることが、今後の我々の課題です。



今年も一年間ありがとうございました。

来年も皆様にとって良い年になりますように!



人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 18:39コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月24日

セミナー第3弾!

柏原10/31



































今回は隣接する大阪府柏原市で開催します!




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 13:03コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月22日

セミナー第2弾!

9月27日

















ここだけの話、まだ3席空いてます!



人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 17:27コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月05日

セミナーやります!

FullSizeRender

















9/12(土)は、ベテラン講師の橋本真吾氏、
9/13(日)は不肖私加藤俊夫 が担当します。

なかなか聞けない裏話もあります。

9/12(土)は、あと2家族分、9/13(日)はあと3家族分、お席があります。
興味のある方は、下記までよろしくお願いします!

http://www.sumai-select.jp/14411689924164




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 15:14コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月17日

まるで元寇。モンゴルに蹂躙される国技大相撲

少々過激なタイトルになってしまいましたが、これも相撲に対する愛着の表れとご容赦ください。

ご存じのとおり、横綱3人はすべてモンゴル出身の力士です。
引退した朝青龍を含め4人連続のモンゴル人横綱です。
同じく引退した貴乃花以降、日本人横綱はいません。
又次の横綱はおそらく関脇逸ノ城でしょうから、そうなるとモンゴル勢の5人連続ということになります。

これだけでも、鬱々するのに、更に情けないことに日本人力士の優勝は、2006年1月場所の大関栃東が最後です。な、何と丸9年間も優勝していない!

ここで引っかかるのが「相撲は国技」という言葉。
何だか聞くのが気恥ずかしくなりますね。
勿論、勝つことだけが全てではありません。
伝統文化の継承という側面も重要視されるべきです。
(但し八百長は絶対駄目よ)。

でも日本人が負け続けるのはやはり悔しい。
白鵬が遠藤相手に張り手、カチアゲ(完全にエルボースマッシュじゃないですか!?)で蹴散らすような相撲を何時まで見続けなければならないのか。
何だか最近の白鵬や日馬富士を見ているとムカついてきます。
まあ、スポーツ観戦と割り切って勝負を楽しむ余裕が必要ですかね。

ところで、今場所、懸賞の数が異常に多いとは思いませんか?
やはり場所が東京ということで、地方とは景気の良さが違うのでしょうか。




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 16:44コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月13日

明日は選挙

衆院選挙がいよいよ明日に迫った。
マスコミ各社の予測では、自民圧勝とのことだが、本当だろうか。
何はともあれ、明日の夜には結果が出ているはずだ。

選挙は国民が政治に民意を反映させる唯一の機会である。
投票した人も、棄権した人も後で愚痴るのはやめよう。

今回の選挙は、2年間の安倍政権の政策に対する信任、不信任を問うものである。
与党を支持する人は、安倍政権の政策に同意するという白紙委任状を渡すことを覚悟しよう。
そしてアベノミクスと称される経済政策、特定秘密保護法案、議員定数削減問題などすべて含めて任せるという意思表示であることを認識しよう。
将来への期待はこの際、横においておこう。愚痴になるのがオチだから。
安倍首相は選挙で勝てば「国民の信任を得た」という論理で突っ走るだろう。

安倍政権の政策をわが身、現状の生活に顧みて不満のある人は、必然的に反対勢力である野党に投票せざるを得ない。
今の野党に政権担当能力があるとは思えないのは寂しい限りである。
体たらくだと言われても仕方がない。
それでも、不信任の受け皿くらいは担えるだろう。

総じて政治家の将来についての約束には期待しないことである。
それよりも、既に実行してきた現実に目を向けよう。
今後の行動も必ずその延長線上にあるはずだから。





人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月31日

阪神球団はオーナーの私物か?

今日もタイガースは負けた。
例の発言があってから1勝4敗。
これが優勝を争っているチームとは思えない覇気のなさ。
チームの雰囲気は最悪である。

例の発言とは、ご存知のようにシーズン途中、優勝戦線まっただ中のこの時期に、南球団社長が和田監督に続投を要請したことである。
正直「何考えてるの?ようわからん。」という発言である。

ただ分かったこともある。
それは、球団は監督人事をきわめて軽視していることである。
そこには発言に対する何の配慮もないし、発言の影響も考えていない。
せっかく張りつめた緊張感を敢えて緩める必要がどこにあるのか。

又選手、特に失敗すれば即2軍に落とされる若手はどう思うだろうか。
「監督は成績に関わらず安泰なんだ。」
未だシーズンは終わったわけではない。
Bクラス転落だって十分ありえるのである。
チーム内には白けたムードが漂ったに違いない。

この発言の真意は?
優勝させたくない為とまでは言わないが、優勝しなかった場合に巻き起こるであろう監督交代の声を封殺せんが為とは、言えるだろう。
理由は、監督人事を考えるのがめんどくさいからである。
換言すれば監督にお金を使いたくないし、時間も使いたくないのであろう。
手頃な年棒で働いてくれて自分の主張もなく扱いやすい人物。
これが球団オーナーの考える監督理想像だろう。
「それでも世界一(お人好し)の阪神ファンがいる限り球団は安泰じゃ」。

阪神の球団経営はあくまで金銭的利益を追及することを主眼にしている。
利益を追求するのは経営の鉄則であるからこれ自体は間違いではない。
但し、やり方は至極酷い。そこには勝てる球団を作ってファンの期待に応えようという考えがない。
あるのは、あくまで目先の姑息な金儲けである。

一生懸命に応援しているファンこそいい面の皮である。
多くのファンの嘆きや失望は、球団オーナーには届かないだろう。
なんせ聞く耳を持っていないのだろうから。

ここでファンができる唯一にして最大の抵抗は、球場に応援に行かないことである。
もし、甲子園に六甲おろしならぬ閑古鳥が鳴けば、オーナーは大慌てに慌てるだろう。
金儲けのビジネスモデルが崩れるのだから。
手のひらを返して和田監督の更迭を発表するに違いない。

冗談ではなく、本当にこういう事態が起こらない限り、現状のオーナーやその指示に従う球団社長の姿勢は変わらないだろう。
ファンから見れば球団を私物化していると言いたくもなる。

私自身は、今の体制が続く限り甲子園には行くつもりはない。
阪神ファンの皆さんはどう考えるだろうか。




人気ブログランキングに登録しています。
あなたの応援クリック、とてもうれしいんです
  ↓

バナー


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ
にほんブログ村


legalpatner at 20:05コメント(0)トラックバック(0)趣味・雑感 
Profile
好評発売中

加藤俊夫著
司法書士がやさしく教える

「借金問題解決バイブル」

好評発売中。

お求めはリンク先の
amazon.co.jpの詳細ページより

Archives
  • ライブドアブログ