羽田空港ハブ化

2009年10月14日

◆無駄な空港と新幹線の矛盾 の巻◆

今日は珍しく真面目なテーマです。
読んでて面白いもんじゃありません。
○┓ペコ

連日、前原国交大臣の言動がニュースになってますよね?

『羽田空港の国際ハブ化』のニュースを聞いた方も多いでしょう。

航空とか旅行は、僕の仕事上の専門分野でもあるので、旅行業の立場から言わせてもらいます。

まず、羽田空港の国際線ハブ化構想は大賛成です。
(但し、もう1本滑走路増やせばと言う注釈つきですが。)

来年の新滑走路の増便枠の半分を国際線に回すのは賛成ではありません。

やはり、まずは『国内線の拡充』が急務です。

今、羽田の発着枠が少なくて、東京⇔旭川なんかも旭川発13:10を乗り過ごしちゃうと17:00迄待たなくてはなりません。
これは、お客さんが少ない時間帯に貴重な羽田空港の発着枠を使えないからなんですね?

これ何も旭川空港に限った事じゃ無くて、地方空港なんかは大体似た様なもんです。

現在、経営危機が叫ばれているJALも、本当なら今より小さな航空機で空席を少なく飛ばした方が効率良いんですが、発着枠が足りないから300席クラスの中〜大型機を飛ばさざるを得ないんです。

来年の羽田の新滑走路完成の際は、まずは国内線の発着枠の大幅増。
なかなか中古の大型機を購入してくれるエアライン少ないのも実情ですけども、100席〜150席クラスの運行で便数を増やすといった事の方が大事か?と思います。

続きを読む

legend_bob at 00:25|PermalinkComments(14)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

池っち

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
Archives

ジオターゲティング