k01
「見ててください!俺の、変身!」
はい、という訳で平成ライダーシリーズ第一作目の「仮面ライダークウガ」
に登場する基本形態のクウガ(マイティフォーム)です。
クウガに変身する五代 雄介を演じていたのはオダギリジョーさんであるのは皆ご存知かと。

当時仮面ライダーといえば映画作品はいくつかありましたが
テレビシリーズだとBLACK RXが最後の作品だったので
すっごい久しぶりに仮面ライダーというタイトルの番組が復活すると聞いて
特撮というものから卒業していた年頃だった私もさすがに観なければと
朝早起きして毎週欠かさず観ていたのを今でも記憶しています。
右上だったか「ハイビジョン撮影」の表示がされてて、よく理解してなかったけど
「なんかすげぇ!」とか思ってましたね(笑)

設定や演出、ストーリーにアクションどれも凝ってて観れば観るほど面白くて
仮面ライダーというものに再びハマってしまったきっかけの作品です。
私の中では平成ライダーシリーズで今でもナンバーワンです。
そんなクウガも放送開始から今年で15周年。
来年にはBlu-rayも発売されるとのことで当時の記憶を蘇らせつつ制作に至ったのでした。

k02k03
k04k05
k06
ちょっと語りすぎたので本題に戻します。
まずは全身と顔アップで。
デフォルメされた頭身で作りやすさや手軽に気楽に遊べるものを目指して組みました。

k07k08
k09
彼のお馴染みの仕草であるサムズアップ(親指を立てる仕草)も再現可能。
「大丈夫!」という声が聞こえてくるかな?

k10k11
k15k16
可動はそれなりに。

k12k13
k14
パンチとかキックとか。

k17k18
k19
マイティキック!

k20
そして…

k21k22
k23k24
パーツの差し替えで赤の金のクウガことライジングマイティに。
外見に大きな変化はないので紹介は軽めに。


以上「仮面ライダークウガ(マイティフォーム)」でした。
目に使った部品の紫色が存在せずタイタンフォームだけ作ることが出来ないため
今回は赤クウガのみにしました。いつか紫色が出てくれれば全フォーム作りたいなぁ。

最後に次回予告!
k25