IMG_6379
本日のレゴ作品。
テーマはタコがモチーフの水陸両用型ロボです。
後述にて解説しますが変形します。

以前からタコがモチーフのロボを作ってみたかったのと
チマチマ集めてきたマゼンタ色でロボを作ってみたかったというのがあり
何ならこの際マゼンタ色のタコロボ作ってしまえばええやん!
ということで出来上がったのが本作です。

IMG_6381
IMG_6380IMG_6382
IMG_6383
全体をぐるりと。
2本のメインアームと6本のサブアーム合わせて計8本の腕が付いています。
タコなので8本腕。
右メインアームにはライフルを装備。

IMG_6384
見えにくいですが水中航行用のスクリューが付いています。

IMG_6385
腕を下ろすとこんな感じ。
なかなか愛嬌あるんじゃないでしょうか。

IMG_6386
腕のこの関節のとこいい感じじゃないですか?

IMG_6388
タコだからということで腕の内側には遊び心で吸盤に見立てたディテールを付けています。

IMG_6391
タコの口に該当する部分はビーム砲という設定。

IMG_6426
44511
マゼンタ色で組むぞと思ったのはいいのですが、パーツの種類が少ない色なので
タコの頭に使えそうなパーツが極端に限られていてどうしようかと思ったのですが
「そういえば玉ねぎ型のこんなパーツあったなぁ」ということを思い出して
たまたま1個だけ持ってたので使ってみました。

7418-1
5858-1
「このパーツ何?」って思うでしょうから簡単に解説するとタージ・マハル的な屋根の部品です。
自分でもまさかこんな使い方する日が来るとは思っていなかったですね(笑)
(Bricklink:https://www.bricklink.com/catalogItemIn.asp?P=44511&in=A)
本作は別に「変な使いにくパーツ使ってやったぞドヤァ!」したかったわけでもなく
純粋にタコの形作ろうってなった時に自然とこうなりました。

5858-1
ちなみに腕の外装に使ったパーツはこれ。
元々は馬にかぶせて使うパーツです。
(Bricklink:https://www.bricklink.com/catalogItemIn.asp?P=25279&in=S)

IMG_6428
頭に玉ねぎ型のパーツ使うのはいいとして、腕どうやって付けようかと考えまして
縁にパーツを挟んで組みました。おわかりでしょうか。
非公式的な組み方なのですがちゃんとくっつくんですよこれ。

IMG_6429
で、縁に挟んだところを可動プレートで繋げていってさらに補強というわけです。

IMG_6392
IMG_6393
IMG_6394
IMG_6395
本題からそれはじめたので軌道修正っと。
ポージングです。
タコらしくサブアームがぐにぐに動きます。

IMG_6397
以前作ったカニ型ロボ「BloodCancer」とツーショットで。
格好良さ的にはカニのほうが気に入っているのですが
見た目のインパクト的には今作が勝ってるかなと。

IMG_6400
という訳で変形させていきます。
まずタコ頭を上げます。

IMG_6402
この部分を内側に収納。

IMG_6404
タコ頭を背中へ下へ移動。

IMG_6408
変形完了です!
変形構造はBloodCancerの簡略化したものなのですが
見た目の迫力はなかなかのものではないでしょうか。
敵がいきなり変形してこんな姿になったら威嚇にもなるし威圧感凄くて
相手もビビって怖気づくんじゃないかと(笑)

IMG_6409
IMG_6410
IMG_6411
この形態でも8本の腕は使用可能。

IMG_6412
変形状態でツーショット。
この迫力の差。
ちなみにカニは甲殻類だからということでゴツゴツした感じに仕上げていますが
今作はタコだからということで曲面が多いデザインに仕上げています。

IMG_6414
IMG_6416
IMG_6417
IMG_6419
IMG_6421
ポージング。


IMG_6422
以上です!
色が色だけにどうなるのかと見切り発車で制作を開始したのですが
普段から色んなシリーズや色んなパーツを買っていたおかげで
うまいことパーツが足りてくれてなんだか案外すんなりと組めてしまいました。
はじめてのマゼンタカラーのレゴロボでしたがなかなかの仕上がりにできたんじゃないかなと思います。