IMG_4570

本日のレゴ作品は『ウルトラマン』最終回「さらばウルトラマン」に登場するゼットンを制作してみました。
前作のウルトラマンから続くシリーズ第2弾です。

圧倒的な力でウルトラマンを一方的に倒したという超強敵なヤツ。
ウルトラマンを見たことがない人でも「ウルトラマンを倒した怪獣」として有名なのでご存じの方も多いのではないでしょうか。
最後の怪獣にふさわしくアルファベットの「Z」とひらがなの「ん」が名前の由来になっているそうですね。
別名「宇宙恐竜」ではありますが想像する恐竜とは似ても似つかない外見で底知れないヤバさを感じさせるデザインがまた秀逸です。

ゼットン

IMG_4571
IMG_4572
IMG_4573
IMG_4575
まずは全体をいろんなアングルから。
ウルトラマンよりは作りやすそうと思っていたのですが作り始めてみると実際は結構難しかったりして制作に前作ウルトラマンの倍以上の時間を費やしました。

IMG_4576
IMG_4577
IMG_4578
顔アップで。
左右の目の大きさが異なるのがちょっとこだわりポイントです。

IMG_4579
IMG_4523
角。
ここがとくに悩んだ箇所でどうすればより近い造形に出来るかあれこれ試行錯誤した結果このパーツを使うという結論に至りました。
両側面に3mm穴、片側に肉抜き穴があるのが惜しいところですが私が考えられる限りこれ以外の適任パーツは思い浮かばないです。

IMG_4582
甲虫のような背中。ブツブツもバッチリ再現。尻尾?の反り返ったちょっぴりチャーミングな部分も表現してあります。

IMG_4583
ちなみにこのような組み方になっています。
ブツブツはクリップ付きバーをヘッドライトブリックの反対側から差し込むことで表現、更にソーセージのパーツを使い背中全体を微妙な角度付けもしてあります。

IMG_4584
ここもこだわりポイント。顔と胸部はトランスイエローで組みました。
ここは当初ただの黄色で組んでいたのですがアルティメットルミナスのゼットンを見ていると「やっぱりクリアパーツを使ったほうが質感もいいし光らせたほうが絶対格好いいよな」と考え直しました。
ライトアップギミックを組み込んだのも制作に時間がかった要因でもあります。
IMG_4585
IMG_4565
ライトブリックはちょっと贅沢に頭部に1個胸部に2個の計3個組み込みました。
顔の発光は後頭部パーツを外したところにある青い部分を押すことで、胸部は先ほど紹介した背部ユニットを押し込むことでスイッチがONになります。

ライトアップ&アクション

IMG_4586
IMG_4587
IMG_4588
IMG_4589
光らせた状態。「ピポポポポポ」という音が聞こえてきそうではないでしょうか?

IMG_4609
以前作ったゼットン星人のミニフィグと並べてみたり。

IMG_4611
夜に現れた怪獣ではないですが黒背景だとライトアップギミックがより効果的に映るかなと。

IMG_4606
テレポート。

IMG_4603
バリア。
IMG_4605
八つ裂き光輪をガード。

IMG_4601
馬乗り。
IMG_4600
スペシウム光線を吸収。
IMG_4596
IMG_4597
IMG_4599
吸収したスペシウム光線を反射。
IMG_4593
ゼットンの攻撃がウルトラマンを直撃。
IMG_4595
トドメにもう一撃。
IMG_4591
IMG_4608
ウルトラマン敗北。

IMG_4612
以上、ゼットンでした!
思ったよりも難しくて公開するのが1週間遅れてしまいましたがその甲斐あってかなかなかいい感じに仕上げられたかと思います。
ウルトラ怪獣作るの楽しいな…もっと作りたいですねぇ。