IMG_2449
続きです。
前回のその△納_鵑粘粟させるって書いちゃった気がするけど思ったよりも作るのが難航してるので結局第三回目の制作記を書くことになってしまった。


IMG_2450
これは脚になる部分(試作バージョン2)で車モードのときはこのようになっています。


IMG_2452
んでこれをこのように折りたたまれた大腿部を出してやり


IMG_2455
内側のパネルをこのように折り畳みながら移動させると


IMG_2457
このように脚に変形完了、というわけ。
わざわざ内側のパネルを折りたたんだのは大腿部とタイヤがあった場所の空間を埋めつつロボ形態での脚を細くするための工夫です。
これやらないとふくらはぎがごっそりえぐられた脚になってしまうので重要なギミックです。

IMG_2458
IMG_2459
これが現段階での車モード。
かなり完成に近づいてきましたね。
扉部分どうするかまだ決まってないけどこれはまあ後回しでもなんとかなるでしょう。


IMG_2445
IMG_2446
そしてロボモード。
上半身の変形機構を改良したことで肩関節の可動域を確保しつつ首周りに襟のようなディテールを追加しました。
脚のデザインが左右で異なるのはそれぞれ試作バージョン1と2になっているため。

IMG_2448
前回ウインドスクリーン部分をどう背中に持っていけるようにするか悩んでいましたがこれもなんとかクリア。


というわけで今回はここまで。
ロボモード、脚がやはり短い気がするのでここを修正したいですね。
これは簡単な改造で済みそう。
あとは細部を調整しつつ次こそ完成できるように仕上げたいです。