593A1545
今日のレゴ新作です。
「SPY x FAMILY」より「アーニャ・フォージャー」をレゴで制作しました。
(2022/11/27 書き足らなかったのでちょっと追記と修正)

動画版↓



アーニャ・フォージャー本体

593A1546
593A1548
593A1549
593A1550
593A1552
まずは全身。
服装は制服仕様で作りました。
デフォルメ感の強調というんですかね、前横から見て体のラインは末広がりなるように意識してパーツを組み合わせています。

593A1555
髪がボーリュームあるせいで腕が干渉しちゃってあんまポーズ取れないのが惜しいところ。

593A1551
胸のリボンはミニフィグの首に付けられる金メダルのパーツを使いました。
あまりにもそっくりなパーツだったんでもうこれしかないなと。

99250pb01
https://www.bricklink.com/v2/catalog/catalogitem.page?P=99250pb01#T=C&C=5
(BrickLinkより引用)

交換用フェイス

593A1557
アーニャといえば表情豊かなところが特徴的なキャラクターなので交換用のフェイスパーツを追加で3種用用意しました。

593A1558
顔デザインは今回タイプFを採用していますが差し替えの都合で前髪を取り外せば顔をスポッと抜き出せる仕組みにしておきました。
こうすることで顔交換がスムーズに。

タイプFの作り方については以下の動画参照です。



593A1559a
せっかくなので表情変えて遊んでみる。
これは驚き顔。
基本フェイスとほとんど同じ構造なんですが交換用フェイスの中でも特にお気に入りのやつです。

593A1560
これはニヤリ顔。

593A1561
593A1562
虚無?顔。
ニヤリ顔の応用で作ってます。
口の線はプレートだと太すぎるのでその半分の厚みのブラケットの薄いところで表現しました。

製作途中のやつ

IMG_6498
本作、実はスパイファミリーのアニメの分割1クール目放送時から制作に取り掛かっていました。
近年ようやくレゴ社もライトヌガーという(今の時代にそぐわないかつて肌色と呼ばれていた)色でミニフィグ系以外のいわゆる普通のパーツを出してくれるようになってきたので、それらを使いつついつもと顔の組み方を変えて新しい表現を開拓するという目的を兼ねて制作をスタートしました。
この写真はその時ほんのちょっとだけ作った試作モデル。
見てわかるように「これは絶対に可愛くならないやつだ」というのをすぐに察してしまったのでお蔵入りに。

IMG_6502
IMG_6503
それから数ヶ月時が経って分割2クール目が放送開始。
「やっぱりアーニャ作りたいよな…」という気持ちがやはりまだ残っていたのでライトヌガーカラーのパーツを使いつつほぼほぼいつもの顔の作り方でリベンジ。

IMG_6572
しかしどうしてもどことないギエピー感が出てしまう。
「髪型のせいなのか?」と思って調整してみるも拭いきれない違和感がどうしても残る。
やはりまだライトヌガーカラーのパーツは種類が少なすぎるという結論に至った。

IMG_6614
屈してしまって結局肌の色はライトヌガーからタンに戻しいつもの顔の作り方に。
やはりこれが私には一番良く馴染むようです。
新しい表現の開拓をすることが出来なかった心残りはあるがあれこれ試行錯誤してもどうにもならなかったです。
レゴって存在するすべての形のパーツに全色用意されてるわけではないのでこういうときは本当に苦しい。
そこもまた作品制作における面白いところでもあるんですけどね。
でもやっぱりレゴ社さん、ライトヌガーカラーのパーツの種類もっと増やしてください。


というわけで以上です。
そういえばこのキャラクタービルドも久々でした。
最近ハマってるアニメだったのでどうしても作りたかったんですよ。
最近ハマってるアニメといえば「ぼっち・ざ・ろっく!」も面白いですよね。これも作りたいかも。