image

一言
※緊急
いきなり音量が最大でノイズ音とともに落ちました。鼓膜が破れそうです。メーカー対応あるまで購入控えた方がよいです。

dp-x1より上。vantamよりよくないか?

感想
ディスリートのオペアンプを手に入れる機会があったので、オペアンプ交換といえばのベンチャーさんなので、valoqを購入。実はかなり前から気になっていましたが、valoq smとか出るまで待とうと思ってました(笑)
見た目の安っぽさと相まって、非常に軽いです。まさか8万もするとは思えません。娘のプリパスの方が豪華です。
さて、そんな見た目とは裏腹に音は素晴らしいです。ベンチャーさんらしくないですね。ベンチャーの音は奥行き薄い、横に広い、解像度高い、モニターライクという製品ばかりですが、これは違いました。奥行きがあり、横に広くなく、ピュアオーディオって感じで、かなり私好みです。横の広がり不足をバランス接続で補っている感じで、pawgoldの廉価版バランス接続対応って思いました。特にdp-x1では上手くならせない32bit系がかなり良く聴こえます。
アップサンプリング機能も優秀で、DSD変換が一番奥行きも横の広がりも綺麗に増幅していて心地よいです。この機能もdp-x1より上ではないでしょうか。
もちろん、ak380と比較してはいけませんが、実は買おうと思っていたcopperモデルはこれで買う気がなくなりました。10万切る製品でここまで音がよければ通勤では満足です。家にはCDMがありますし。

後日オペアンプ交換のレビューもしますね。

※追記
layla+32bit音源だと明確にdp-x1を越えます。つまりパワフルということです。音もどんしゃり傾向ということもありますが、これ小さいボディーにかなりポテンシャルありますねぇ。気に入りました。

評価
高音 ★★★★★☆
中音 ★★★★★★☆
低音 ★★★★★★★
解像 ★★★★★★☆
音場 ★★★★★★★
定位 ★★★★★★☆