2006年05月05日

トラジャの焙煎

すっかりご無沙汰になってしまった珈琲の手帖の更新ですが、
コーヒーをやめてしまった訳ではなく、なかなかblogに手が回らなかっただけです。
これからもソフトブロガーとしてがんばっていきます。

さてGWも終わりに近づいていますが、
5月3日に自家焙煎をやっておりました。
トラジャを250gハンドピックから始めました。
いつものごとく粒ぞろいもよく不良豆も少ない優秀な生豆です。

トラジャ
250g(ハンドピック済み)
 火力:中強火
 1ハゼ:9分40秒-11分
 2ハゼ:11分40秒-
 完了:12分
焙煎度はフルシティくらいです。
トラジャ1

トラジャ2

さっそく毎日飲んでいますが、
さわやかな美味しいコーヒーに仕上がっています。

某お店のコーヒーの粉も手元にあるのですが、
お店のコーヒーはチャフがまったくないのに驚かされました。
前々からチャフの残り具合は気になっていましたが、
手回しのサンプルロースターとは比較にならない感じです。
まぁでも新鮮で美味しいコーヒーが淹れられるならば
チャフが多少あってもなくてもいいじゃないかと
そんな鷹揚な気持ちになれるゴールデンウィークです。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
トラジャも飲んでみたいです。。。

珈琲アイスにするのはもったいないのですよ。。。
そろそろレシピをと思っているのですが、
試作を作る余裕がないです。

でも、珈琲ゼリーとフュージョンしている感じで作成しています。

もう少しお待ちを・・・
Posted by がぁなすぅ at 2006年05月06日 02:58
トラジャはほとんど飲んでしまいました。
トラジャは僕が焙煎する豆のなかで1kg2000円くらいでもっとも高級です。
高いなりのよさがやっぱりあって、粒ぞろいがよく不良豆は少ないので焙煎しやすく、
また香りも味わいもとてもいい豆です。
今回の焙煎はやや深く煎りすぎたきらいはありますが・・・

今日もいろいろ焙煎したので、初回にお渡ししたのと同じような豆ができました。
がぁなぁすぅさんが隣の住人だったらいいんですけどね。
引っ越しましょうよ!この辺に(^^;
またお会いできるときは何かお持ちできるようにしておきたいと思います。

レシピも期待しています(^^;
Posted by ヨコタン at 2006年05月08日 00:52