2006年05月24日

マンデリンの焙煎

さる21日にマンデリンを焙煎していました。
ばたばたと写真を撮るのも更新するのもおざなりになっていました。

過去にも何度かマンデリンを焙煎していますが、
最後に焙煎したのがいつかわからないくらい久しぶりのマンデリンです。

マンデリン
300g(ハンドピック済み)
 火力:中強火
 1ハゼ:10分45秒-
 2ハゼ:13分-
 完了:13分20秒
以前にマンデリンを焙煎したときはどうだったかは記憶がありませんが、
1ハゼの音が爆ぜているのかどうなのかもよくわからない小さなもので
かなり集中していましたが1ハゼの終わりはわかりませんでした。
2ハゼもとても小さい爆ぜる音で、なんだかすっきりしない焙煎でした。
焼き上がりはシティローストくらいです。

マンデリンのフルーティな味わいを期待していましたが、
以前飲んだゴールデンマンデリンの記憶と比較すると
まぁまぁといった味わいです。
決して悪い味わいではないのですが、
イメージとはかけ離れている感じがしています。
豆の味わいを引き出す焙煎は難しいです。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
どんな男がタイプか聞いたら即答で、「金八先生みたいな人」って答えたぞ!武田鉄矢のどんな所がいいのか永遠としゃべり続けてな。まずなんで武田鉄矢が好きかなんだが、「スーツを完璧に着こなしてるって言うんだ!!」
新宿の小箱に行ったんだが【No.88 middle-age】at 2006年05月25日 15:49