すくすく

わたしの育児日記

2006年07月

生後13日 乳搾り

病院へお出かけ
いつもの道を歩きながら結果的に出産日になった日を思い出した
あの時はまさか数時間後に生まれるなんて思わず歩いてた
お産から早2週間
お腹の膨らみがなくなった喪失感がある
妊婦を見ると羨ましくなってしまう 
目の前にお子がいるのに ずっと妊婦でいたいような そんな気持ちに襲われる
10ヶ月も妊婦だったので心も体も移行期なのかな
4日ぶりの病院 
10日間も過ごした場所なのにもう別世界に感じた
職場へ請求する書類と保険金の請求書類を提出

乳搾り
今のところ母乳とミルクの混合 特にこだわりはない
が、私には年子計画があるので、間もなく完全ミルクに移行予定
今日は胸が張ったところで搾乳器「ママおっぱい」で乳搾りをしてみた
本当に牛になった気分
乳腺が少しずつ開いてきてるのか噴水ように飛び出して面白い
10分くらいずつ頑張って85ml搾り出した

生後12日 ナイキ

兄夫婦来訪 出産祝いを頂く
ナイキの包装だったので夫クンが冗談で「まさか マラソングッズ!?」
中身は可愛いベビ服 こんな小さいのにナイキなんて生意気ね
20060729 ナイキ120060729 ナイキ220060729 ナイキ3










ちなみに生まれた直後にお子の足をチェック
新生児の足を見たことはなかったけど最初から土踏まずがあることに驚いた
病院へ来て下さったランナーの方々もしっかり足チェックされてるのがおかしかった
  土踏まず               脹脛               着地on the 私の手
土踏まず脹脛着地

生後11日 ビデオにカメラ

今のところ4〜5時間ごとに授乳
病院での指導は 
運動になるから授乳前は10〜15分くらいは泣かせましょう
小分け飲みの癖がつかないように授乳の間隔はしっか取りましょう
量は一気に増やさず 同じ量を最低5〜6回は続けてみましょう
でも最近4時間経つ前に必ず泣いて空腹を訴えられてしまう
病院ではあちこちで泣き声が響いてるので気にせず泣かせていたけど
お家では(特に夜は)そうもいかず泣き止ませようと頑張ってしまう

沐浴
夫クンにビデオを回してもらった
赤ちゃんは裸になると怖がるから何か掛けてあげてねって言われてたのに真っ裸にしてしまい大泣きされる
でも昨日よりは上手になったみたいで途中から気持ちよさそうな表情になった
まだ生後11日だから産まれたときと大差はない 
とっても小さいのだけどそうはいっても大きい こんな大きいものが私のお腹に入ってたなんて不思議
生まれるまでは「赤ちゃん言葉は使わないぞ!」と思ってたのに
沐浴させながら ついつい「きもちいいでちゅか〜」なんて言ってしまう

夜は珍しく泣かずに起きていた
ここぞとばかりに写真をパチリパチリ すぐ写真用紙にプリントアウト
ものぐさな私のために夫クンが携帯の赤外線で直接印刷できるプリンタ買ってくれた
赤ちゃんの顔は撮る度に違ってみえる
20060729










本日の体重3,230g

生後10日 体重管理

お家で向かえる始めての朝
病院で10日間も過ごしたお陰で授乳に関してはかなり慣れてきた
適当でいいじゃんって言われても病院で習ったとおりの授乳を実行
病院では母乳をどれだけ飲んだか知るために飲む前後でお子の体重計測していた
飲ませた母乳の量も知りたいし お子の体重の推移も知りたいし 
入院中にベビースケール欲しいなあって夫クンにお願いしたところ
ヤフオクで中古をゲトしてくれた
まるでモノのようにベビースケールに乗せられたお子は迷惑そうな顔をしている
でも体重推移分かったほうが安心できるから毎日計測するのだ
20060728











お昼に市役所(出張所)へ出生届を提出した
受理され住民票を発行してもらったら3人家族になっていた
家族が増えたことが嬉しくて嬉しくて何度も見てしまった

沐浴
一昨日沐浴指導を受け 昨日看護師さんが見てるところで沐浴 そして今日に至る
看護師さんが入れてるときはとっても気持ちよさそうにしてたのに
私がやると泣いて暴れる 支え方が悪いのか 頭を静めないように要注意
つい最近まで羊水の中で生きてたのに今お水に浸けたら死んじゃう
何がどうなってるんだろう とても不思議だ

BGM
お子部屋に音楽を流してみた
気のせいか手足で反応してるように見える
シーンとしたところで過ごすよりいい影響を与えてる感じ

本日の体重 3,260g

生後6日 はしゃいでます

昨夜23時の授乳後なかなか寝てくれず 寝たと思ったら2時頃に泣き出した
これが夜泣きなのか?と思いながら眠くてウトウト
その後4時に授乳
病院の指導では4〜5時間ごとに授乳 1時間の幅を持たせてる
5時間経っても起きないときは可哀想だけど無理やり 15ml飲んだ

朝はネムネムで起床 こんな生活が続くんだなあと遠い目
私にはまだ注射もある
母乳を与えると悪露も増える

大泣きで13時に授乳
初めて助産師さんなしでやってみたけどうまく吸ってないみたい
授乳の前後の体重計測の結果7mlしか飲んでなかった
ミルクはごくごく飲むのに 出ないおっぱいを10分も吸ってたなんてゴメンナサイ

ミルク飲んでオムツも替えて抱っこしてあげると本当に安心したように眠りに入っていく 
可愛いなあ

夜 夫クンがやってきたところで手形足型を取った
小さくてグーになってる手を広げるのは至難の業だった
赤ちゃんは寝てるのに我々だけ必死こいて頑張った


朝                    昼                     夜24麻24昼24夜

生後5日 遺伝

昨夜から赤ちゃんと夜もずっと一緒 
目覚しセットして4〜5時間ごとの授乳 
今日明日は看護師さんが付き合ってくれるので心強い
まずは1時 ミルク全部飲んでくれた
次は5時 ナースコールしたら泣くまで待つように言われた

●っぱい
かなり張ってきたので看護師さんがマッサージしてくれた
ちょっと痛かったけど右側から噴水みたいにビュッと飛び出した
搾乳器の使い方も教わった これが噂の牛さんか・・・
午後初めて●っぱいを飲ませた
私のほうは手惑いながらなのに赤ちゃんは上手に飲んでくれた
すごい吸い付き 誰に教えられたわけでもないのにすごいな〜 

体重
妊娠中に増えた体重がお産直後にどれだけ減ったのか興味津々
病院にも体重計はあるけど 比較をしたいので、 
夫クンに頼んで自宅の体脂肪計を持ってきてもらってた
今朝計測してみてビックリ!!妊娠前よりも軽くなってる・・・
ここまで減るとは思ってなかったので るん♪な気分になってチョコを食べた

便秘
赤ちゃんの尿 便 授乳 嘔吐 などについてはずっと記録してるけど
24時間便が出てないことが分かり綿棒でグリグリ刺激された
すると にょろにょろとからしのチューブみたいに出てきた
産まれたばっかなのに便秘とは これだけ私の体質が遺伝したのか・・・

お客様
12時過ぎに私の父がやってきた ずっと泣いてた
午後○ッキさん お子さんもこの病院でおぎゃあされあtとのこと 
足をしっかり見ていただいた 
夕方●女軍団さまも 

23朝23昼23夜

生後4日 B型の女

1時間起きに目が覚めてしまい観念して5時に完全に起き上がる
朝注射2本 
食事はおかゆっぽくなってきたけどまだおかずなし
味噌汁にはよーうやく具が登場(豆腐とネギ)

朝看護師さんにおっぱいマッサージをしてもらう
胸は昨夜から急に張ってきてパンパン 右胸にはシコリが出来て痛い
妊娠中からおっぱいマッサージしてる人は多いけど私は何もしてなかった
マッサージしてもらったら多少はマシになった
自分でもマッサージするようにプリントを渡された
早く母乳あげてみたい

お子はやはり黄疸が強いらしく再検査 
足の裏に傷を付けて血を採るのだけど大泣き 可哀想過ぎる
看護師さんにお母さんには見せないほうがよかったかなって言われるほど
黄疸大丈夫なんだろうか 
ついでに血液検査もするらしく夫クンと私の血液型を聞かれた
夫クンはB型 私はO型 確率では50/50 

しばらくして
黄疸はやはり強かったらしく光線療法が始まった
人工的に作り出した紫外線療法でビリルビンを分解するそうだ
先生には新生児にはよくあることだから心配ないといわれるけど
とても心配でたまらなくなる
そいえば顔黄色いもの

血液型はB型だった('A`|||)
B型の女か・・・・
これで家族(父 兄2人 夫)B型 

午後初めての授乳
手間取りながらミルク作り
わずか30mlを一所懸命時間を掛けてごくごく飲んでくれた
その後げっぷさせようとしたけどうまくいかず
20060722 授乳








昨日までは夜は赤ちゃんは預かってもらっていたけど
今夜からはずっと一緒 4〜5時間ごとの授乳も始まった



22朝22昼22夜

生後3日 黄疸

6時過ぎ起床 朝から差し入れのチョコを食べる
今日からようやく重湯になった
昨日夫クンに持ってきてもらっていた塩 シャケフレークで何とか食す
しかし量は絶対的に少ない 3口くらいで終わってしまうくらい
朝昼は重湯+具なし味噌汁
夜はそれに梅干(多分チューブ)が加わった
普通分娩だと、出産直後からモリモリ食べれるんだろうけど、空腹が辛いよぉ(TДT)
昼                     夜
20060721 昼20060721夜








朝から点滴などなど
ようやく尿の管を抜かれ自由の身に
過去2回は手術当日に尿の管を抜かれたので歩かざるを得ない状況だった
回復室から病室までのわずか数十メートルもかなりきつかった
お手洗いも本当に辛かった でもそのほうが回復が早いとか
それに比べれば今回は術後3日だったのですんなり歩くことができた

●っぱいを触ってみたら母乳が出て感動
すぐブラとパットを付けたけど小さくてはみ出てる
妊娠中も胸は大きくなったけど産後は更に倍
多分おそらくこの大きさはG〜Hカップ 爆乳だな
こんな胸じゃ走れないと思いながら母に新しい下着を送ってと頼んだ

午後赤ちゃんの黄疸の値が高いからと血液検査をされることに
ネットで調べることができないので夫クンにメールして調べてもらう
せっかく元気そうだったのに病気なのかと心配で心配でどうしようもなくなる
夫クンのメールによると
『黄疸は血液中のビリルビン(肝臓で代謝される)が増え皮膚が黄色くなる見える。肝臓が悪いと出る。生後3、4日以内に現れる黄疸は母と子の血液型不適合や体の中の出血によって赤血球が壊される溶血という現象で起こるので処置が必要。生後4、5日目ころ現れ、7日前後でピークに達して2週間目くらいには徐々に消える生理的黄疸もあり、これは病気ではなく、ほとんどの赤ちゃんが経験するので心配いりません。』
生後3日だから前者?肝臓が悪いのだろうか・・・と更に不安になる
そして夕方の回診 先生に正常値を言われホッとした

病院のミトンは色気ないのでミッフィミトンを持ってきてもらった
生後3日

生後2日 命名

朝方身体がブルブル震えるくらい寒くて目覚める
看護師さんに布団をもう一枚掛けてもらった
傷の痛みは昨日よりはマシ
それよりも空腹による胃痛の方がつらい
今日もガスが出ないため朝昼はお茶のみでしょんぼり
入院中の楽しみって食事なのに・・・
よっぽどでガス出ましたって嘘付こうかと思ったほど
腸を動かす注射 これ筋肉注射で痛い
子宮収縮させる注射もあり 時々子宮がきゅ〜っと痛む
おまけに点滴が漏れて腕が腫れ上がってしまった 

赤ちゃんは昨日より目が開くようになっていた
今日のうん●はセメントのような色になっていた
夕方抱っこに挑戦 
産まれたばっかの赤ちゃんを抱くのは初めて 
どこで支えればよいか分からず怖かった
抱いてると赤ちゃんの本能なのか服の上から私の●っぱいを探してる・・・
でも残念ながらまだ出ないのでおしゃぶりで誤魔化し

夜夫クンがやってきた
お家の近くの病院で面会時間が22時まで 毎日面会できる
名前は必死に考えてたようで 一昨日候補○○と聞いていた
今日もう一度○○でいい?って聞くのでOKした
こうやって一生背負っていくお名前が決まったのだった
初呼びはわたくしにやらせてもらった
ちょっと照れた

夫クン恐る恐る抱いてるところ
夫クン&ベビ

生後1日 胎便

早朝に目覚める
9時頃母が 間もなく赤ちゃんが部屋にやってきた
明け方は泣いてたらしいが一緒にいる間はずっと眠っていた
早く抱いてみたいけど まだ点滴と尿の管に拘束されてるためできない
帝王切開の辛いところは産まれてすぐ赤ちゃんのお世話ができないこと
ただただ見てるだけでなんとももどかしい
まだ自分の子って実感もわかない
看護師さんがおむつ交換にやってきたので見てたら真っ黒いうん●にビックリ
例えるならば岩ノリ 
これは胎便といってお腹の中にいるときに作られたものらしい
その後黒褐色からしだいに黄色の便変化していくらしい 知らなかった
20時頃夫クンがやってきた
私の病室のドアには術後のガスが出ないため禁飲食の札が下がってるらしい
が 下手に手術慣れしてるせいで大丈夫大丈夫と夫クンに差し入れをお願い
マンゴーゼリーを平らげた



©PETAPPA
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ