すくすく

わたしの育児日記

2011年03月

【2011年3月31日】

22年度が終了しました。明日から新学期です。地震後の対応で、研究科、学部等によって新学期が異なるという異例のスタートです。

【2011年3月30日】

今週から娘たちは進級先の部屋で過ごしています。今まで、娘(1)1階、娘(2)3階だったものから、2人とも1階の隣の部屋になり、随分楽になりました。が、トレーニング好きの私としては、3階までの階段駆けのぼりの機会がなくなったのは残念です。

娘(1)は節電を意識していて、家の中で無断に電気がついていると消してくれます。その裏には停電が怖いという気持ちがあるようです。

【2011年3月29日】

地震後、保育園では牛乳の購入ができなくなり、今はほうじ茶で代用してるようです。また、0歳児クラスは、当面、お茶はペットボトルのお茶、ミルク用にもミネラルウォーターを使っています。

娘(1)は、午睡中におねしょしたそうです。地震後3回目です。昨年1年間は自宅でも保育園でも1回もおねしょなかったはずなのにどうしちゃったんでしょう。一方、娘(2)は、午睡もパンツでokになったようで、オムツ使用は1日1枚になりました。夜睡の方は、まだたっぷりおしっこ出てるので、しばらくはオムツが必要のようです。

娘(1)は、最近、絵を描いて長い説明を加えたり、文書を書いたりしています。ちょっと前までは、お友達の名前や、ひらがな単発だったものが、思ってることを字で表現することを覚えたようです。しかし、その書いた内容が妙で、覚えてる限りで書くと、↓な内容でした。

かれんとあそぼうよ
おかあさんあそぼうよ
このまえはおこってごめんね
もうおこらないから
いっしょにあそぼうよ
はまだおかあさん

【2011年3月28日】

娘たちの機嫌が悪く、何か言うとすぐ、娘(1)「お母さんなんか、いーもん」と殴る蹴る。娘(2)「もう、ママにアンパンマン書いてあげないからね」(←最近の娘(2)の脅し文句はこれ)と暴言の嵐でした。そこで、「いーもん、もう、お母さん、やーーーめた。さよおなら〜」と言ったら、2人とも大泣きしました。冗談でもこんなことは言っちゃいけないのだと反省しました。

【2011年3月27日 父娘】

夫と娘たち、プリキュアの映画を観に行きました@池袋。いつもなら川口とか板橋に行くのですが、地震後の営業自粛のため、開いてる映画館はそう多くはありません。それで池袋です。プリキュアに興味を持ち始めた娘(2)は、映画デビュー戦になりました。そこで節約のため、大人は1人とし、夫が付き添うことになりました。というか、前々から今度は自分が行きたいと言っていました。純粋にプリキュアの映画を観てみたいのか、プリキュアの映画監督が20代の若さで活躍してることに興味あるのか、どちらか知りませんが・・・。彼が編集してる雑誌の後記にも、次女の映画デビューは自分が付添うと書いていたようです。映画館の入口までは私も一緒に行きましたが、いざバイバイしようとしたら、娘(2)が少しだけ「ママがいい」と渋っていましたが、ポップコーンにつられて行ってしまいました。映画上映中の約1時間半、私はフリータイムをゲトしお買いものして過ごしました。映画が終わる時間にお迎えに行くと、娘たちは「楽しかった」と出てきました。夫は「いい話で、泣いた」と言っていました。娘(1)は念願の、プリキュアの衣装を着て映画を観に行く、が実現できて嬉しそうでした。

0327-3

【2011年3月26日 正反対】

娘たち音楽教室。娘(2)は今の2歳児クラスのレッスンは終了です。残念ながら皆勤ならず、1回だけ保育園行事と重なり欠席してしまいました。次は5月から、3歳児クラスのレッスンが始まります。4月は、幼稚園入学準備期間のために空けてあるそうです。最後に、みんな前に出て歌いましたが、娘(2)は前に出ることができず、私の膝に座って歌を聞いていました。簡単そうで難しいのが親から離れ前に立つことのようです。娘(1)でさえ、初期の頃は前に出ることができなかったほどです。5月からのレッスンでは、前に出れるようになることも目標の一つです。一方、娘(1)は今日も大張りきりでレッスンに臨みました。先生が「次は○○を弾きましょう」と言うと、必ず「あ、もうそれ何にもなくても(楽譜見なくても)弾ける〜」と自慢しています。しかし、正確には、今はまだ楽譜などあまり読めず耳で聞いて覚えて弾いてるんじゃないかと思われるので、今の目標では楽譜を見て弾くことが重要なはずなんだろうと思います。ちゃんと教えてあげないとです。また、歌は先生の周りに集まって歌うことが多いのですが、娘(1)「えー、お母さんたちに向かって歌いたい」って言うものだから、先生も了解してくれて、1曲だけ音楽発表会のように歌いました。昨日に引き続き、娘たちの性格の違いは真反対で面白いです。

地震後都内でもガソリン不足でしたが、ようやく普通に給油できるようになりました。

【2011年3月25日 カイロ】

保育園では週末に進級準備があるため、ロッカーの荷物や園庭靴(園庭まだないけど)、布団も丸ごとお持ち帰りしました。布団は2人分の掛・敷布団で大荷物ですが、月朝、金夕の布団カバー交換を考えると荷物にはなるけど楽かもしれません。娘たち、それぞれ一学年進級で張り切っています。

地震後、職場でも徹底した節電を実施していますが、暖房は元から止められているため、一切暖房が入らない状態になっています。真冬ではないもののまだ寒い日々が続く中、今活躍しているのがカイロです。カイロなんてものは久しく使っていませんでしたが、これあるだけでも随分違います。職場でかなり冷え込んでいるときの格好は、あったかインナー2枚+セーター類+カーディガンの類+ジャンパーの類+足にはレッグウォーマーです。これにカイロを加え、暖かい飲みものを飲むとだいぶヌクヌクになります。これは非常時だからですが、普段からも着るもので工夫すれば節電できることたくさんあるなあと思うところです。今後、真夏と真冬に向けて23区も対象になる可能性がありますので、色々考えんければです。

【2011年3月24日】

娘(1)はじゃんけんあそびが好きなので色々な遊び方を教えてあげています。先日は「じゃんけんぽいぽい ひっこめてほいっ」って教えていたところ、それを聞いた夫に「それ島根のでしょ。山口は、じゃんけんぽいぽい どっちだすの だった」と言われ、隣の県なのに違うんだということを知りました。ちなみに、島根版の続きは、勝った方が「あんたばかね」と言ってから、「ビーム シュワッチ」といってシュワッチの3つの形でじゃんけんするものでした。しかし、後日、娘(1)とこのじゃんけん遊びをすると、山口版の方を覚えてしまったようです。

娘(1)は、朝の目覚めがとてもよく、すぐに着替えます。お風呂後も、すぐに着替えます。一方の娘(2)は、いつまでもそのまんまです。朝は7時15分に家を出るのですが、毎朝7時13分まではパジャマのまんまなので、最後の1分で速効着せかえてます。お風呂後も、着せてあげるまではずっと裸のままで遊んでいます。性格の違いが明らか過ぎて面白いです。夫と私の間では、娘(1)は真面目な性格、娘(2)は(言葉は悪いけど)おちゃらけな性格、と見ています。

3.11後は、自転車通勤をしたり、走り気分になれなかったりで10日近く走っていませんでしたが、昨日辺りから走りたい気持ちが沸いてきました。久々の帰宅ランは気持ちよく走れました。


本日の体重(夕食後)
娘(1)19.8kg 娘(2)14.6kg

本日の走行距離6km(帰宅ラン)
今月の走行距離42km

【2011年3月23日】

区内浄水場の水道水から放射性ヨウ素131が検出されたそうですが、今のところ特に心配しなくてもよさそうです。しかし、今回の地震でなくても、これからの世の中を生きて行くのは大変だなと、人生始まったばかりの娘たちの将来はどうなるのだろうかと心配になってしまいました。大変な世の中に産んでしまいまいた。

【2011年3月22日】

夕方、娘(1)が娘(2)の日本語を正してあげていました。具体的には「まだ」と「もう」の使い方を熱心に教えていました。でも娘(1)も「れおちゃんが、これ、かれんにあげた」のような言い方をすることもあります。日本語は難しいですね。また、娘(2)が、子供の好きそうな下品な言葉を発してると、娘(1)が説教します。「れおちゃん、女の子なんだから、そんなこと言っちゃダメ」と。でも注意されても娘(2)はこりずに「○っぱい、おしり、おしっこetc.」と、言い続けています。夕食にマカロニサラダを作りました。娘(1)は好物ですが、娘(2)は苦手で「これ、減らして」とお願いしてきました。すると、娘(1)が「かれんがやってあげるね。これくらい?」と、娘(2)の皿から、好物のマカロニサラダを殆ど取り除いて自分の皿を山盛りにしてあげていました。親切なお姉さんの背後で無意識に欲望が働いてるようです。
©PETAPPA
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ