すくすく

わたしの育児日記

2011年07月

【2011年7月30日スイカ割り】

午後、保育園のお友達と近所の商店街のお祭りに行きました。目的は、道路一面プールを広げて行われる「どじょう掬い」でしたが、娘たちプールに入ったものの、どじょうが放たれると、怖くて出てきてしまいました。元気な小学生はキャーキャーと大騒ぎでどじょうを捕まえていました。どじょうの後には、なんとウナギも登場していました。今夜の晩御飯でしょうか。

その後、スイカ割りに参加しました。娘(1)は自分で「やりたい」と言って並んだものの、順番が近づくにつれ怖気づいてきました。でも、既に順番札ももらっていたし、やりたくても出来ない子もいたので、「がんばって!」と送り出しました。幼児なので流石にクルクルと回されることはしませんでしたので、あとは、私の誘導にかかってる声を出し始めたところ、スタートするや多少斜めに歩きだし、予め貼られたテープの外に出てしまい、一発終了となってしまいました。幼児には厳しすぎるルール・・・と思いましたが、スイカの数に限りがあるようで、スタートして30秒経過で叩いてなくても終了、タオルが外れても終了、とみんな厳しかったです。でも、そんな厳しいルールなんて知らずに終了させられた娘(1)はショックのあまり抱っこ状態になり泣いておりました。ちょっと酷でしたかね。ちなみに娘(2)もやりたいと並び、順番札ももらいましたが、私が「後に人がたくさん続いてるから、固まっちゃダメだよ。大丈夫?」と何度となく聞いてるうち「やらない」と降りたので、お友達に譲りました。

その後、大人の番になりました。お友達のお父さんに「カレンちゃんのリベンジしないと」と言われ、お友達のパパママもみんなで参加することになりました。私は3*年生きてきて初めてのスイカ割となりました。タオルで目隠しをされると、本当に何も見えず、その状態で5回も回され、立つのがやっと、真っすぐ歩こうにも酔っ払い状態、それでもなんとか予め数えていた13歩で足を止めると、お友達のパパママが大声で微調整の誘導をしてくれました。その傍で「こっちこっち、いいよー。そこそこ」という、なんともあてにならない娘たちの誘導も聞こえてきました(笑)全く位置が分からなかったけど、あと5秒と聞こえたところで棒を振り下ろすと、なんとスイカ(のビニルボール)に命中しており、スイカ1玉げとできました。娘(1)は大喜びしてくれました。現物は、8/1〜3のうちにお店へ取りにいくことになっています。

帰りに、マイホーム計画のあるお友達の両親が、「お家見せて」って言うので、ガラクタハウスを見学させてあげました。良くも悪くも参考にしてもらえたらと思います。

730

【2011年7月28日ラーメン】

娘たち、保育園で最終でした。いつもは20時台まで延長の子など複数いるのですが、お迎えに行くと2人で遊んでいました。保育園を出るや、2人が「ラーメン王子行きたい」と走りだし、私も「遅くなったし、ま、いっか」とラーメン食べて帰りました。正しくは「王子ラーメン」ですが、保育園の近くにあるので、先生方もよく利用しててよく会います。ラーメン屋さんなど、キッズメニューのない店に行くと、はじめのうちは量が分からず、頼みすぎるたり、逆に足りなかったりすることがよくありましたが、この店はよく通ってるので適当な量で注文できます。ラーメン2つ注文し、うち一つを1.5玉にするとちょうどよいです。ところで、保育園の外の掲示版に「保育士募集」とありました。聞くと、正規職員の募集でないと、なかなか人がやってこないそうです。就職難だけど、求めるものは正社員ってことでしょうか。

帰宅すると、娘(1)が「おしっこー」とトイレへ向かいました、すかさず娘(2)が「うんちでるー」とトイレに向かいました。娘(2)の声を聞いた娘(1)は、とりあえず娘(2)にトイレを譲ってから、「ママー、れおちゃんがトイレに入ったから、カレンおしっこ漏れそう」と訴えてきました。文句は言っても、妹にトイレを譲るなんて感心です。これを見て、母が話してくれた昔話を思い出しました。私も兄とは年子なのですが、兄がトイレに行こうとすると私がトイレに行きたがり、兄は私にトイレを譲るだけではなく紙で拭いてあげたりと介助をしていたらしいです。

本日の体重(夕食後)
娘(1)20.2kg

【2011年7月27日努力型】

娘(1)が夕食を食べながら、「おいしぃ〜。もうほっぺが落ちちゃいそう」と言いました。5歳にもなると、こんな言葉も使えるんだと感心しました。いったい、どこで覚えたのでしょうね。これに関連して、反対に娘(1)が、娘たちの口からは絶対に聞きたくないような下ネタ発言をしたので、なぜそんな言葉を知ってるのかと非常にショックを受けました。金輪際その言葉は禁句ときつーく言っておきましたが、聞くと、クラスの子で小学生の兄がいる男の子が言ってたらしいのです。言葉の意味も分からない幼児に、面白がって変な言葉を覚えさせないで欲しいです。

話題を変えて、娘(1)はピアノでここ2週間、毎日練習している曲があります。右手はすぐ弾けるようになりましたが、左手はちょっと時間がかかっていました。それが今週はじめには片手ずつなら弾けるようになり、更に私と片手ずつ合わせて弾くこともできるよになりました。しかし、ここからが難しかったです。両手になると一方につられて躓く箇所が出てきました。そこを根気よく練習したところ、一昨日はまだ特定のところで左右ずれていましたが、昨日はなんとか成功、そして今日は楽譜も見ずに通して弾けるようになっていました。思わず、娘(1)を高い高いし、「練習って素晴らしい〜」と言ったところ、娘(1)もとても嬉しそうに「練習ってすばらしい」と私の真似っこして、「あと6回くらい弾きたい」と言って、もはや間違うこともなく弾いていました。娘(1)も感じたと思いますが、私も非常に達成感がありました。でも、今回は1日1日の進歩が非常によく分かりました。

本日の体重(夕食後)
娘(1)20.0kg、娘(2)14.8kg

【2011年7月26日トマトアレルギー疑惑】

娘(2)はトマトが大好きで、毎日のようにほおばっています。ずっと気にはなっていましたが、今日確信しました。どうやら娘(2)にはトマトアレルギー(!?)(というものが存在するかどうかは分かりませんが、)があるようです。三角食べをしない娘(2)は、まずは大好きなトマトだけずーっと食べ続け、このときに赤くなっているからです。食べるとすぐに口の周りが虫さされのようにあちこち赤くなっています。口の中までは調べていませんが、もしかしたら口腔にも出てるのかもしれません。痒いのかどうかは不明ですが、見た感じ痒そうです。これ、放置しておいても問題ないでしょうか?しかし、このトマト、娘たちのトマト好きに影響されて、箱買い(といってもせいぜい10個程度ですが)して私も毎日食べてます。

そういれば、娘(2)に「ずっと延長は疲れる」と言われました。今月と来月は毎日延長なのですが、確かに2人とも疲れてるせいか帰宅途中、機嫌が悪いです。
娘(1)は、寝言で「カレン、明日ケーキ食べるんだ」と言っていました。まだお誕生日ケーキを自宅で食べてないせいでしょうか。

夫は明日、ラジオ出演するそうです。ラジオといっても、レインボータウンというコミュニティFMの「シンクロプラス」という番組のゲストらしいですが。。。いったい何を喋るのでしょう。14:20頃から10分くらいらしいです。私は仕事中で聞けませんが。なにわともあれラジオデビューですね。

本日の体重(夕食後)
娘(1)20.2kg 娘(2)14.8kg

【2011年7月25日】

最近の娘たちのブームは、マルマルモリモリです。家でそのドラマをつけたことがないので、いつの間に覚えたんだろうかと不思議ですが、2人とも振り付きで歌っています。夫は、これが世間でブームになってることに批判的な発言をしていたはずなのに、娘たちが踊ってるのを見ると動画撮ったり、写真撮るために「ちょっとそこでストップ!」とシャッターチャンスをもらっていました。全く親バカです。

私は、急に思い立ち、というかずっと気になっていましたが、お家のガラクタ処分に取りかかりました。引っ越しの際、ある程度は捨てましたが、最後の最後は取りあえず詰めちゃえ〜になり、転居後、忙しさにかまけて開かずの箱になっていたものです。また、娘たちの小さくなった洋服や遊ばなくなったおもちゃ類も、誰かにあげようと取っていましたが、いただき物や、お気に入りの数点以外は全てゴミ袋に放り込みました。ベビーカー、ベビースケール、ミッフィーちゃんの手押し車(懐かしい)などは、散々使ったけど欲しい人がいるならあげようかと思います。粗大ゴミもたくさんありそうです。それから、捨てたいもののひとつにミッフィーの巨大ぬいぐるみと、それ以外のミッフィーの大量のぬいぐるみの箱詰めがありますが、一応夫の物なので、捨ててもいいか聞いたら渋っていました。だから、お家が片付かないんですってね。試験が終わったら引っ越しする気で片付けようと思います。それでも片付かないガラクタハウスです。

これになんとなく関連して、母がお家の片づけをしていると、私の中学時代の卒業文集が出てきたと、その内容を読んでくれました。要約すると、「中学で楽しかったのは英語の勉強。ずっと楽しみにしていたので、初めて授業を受けた時はとても嬉しかった。特に印象的なのはネイティブの先生と会話できたこと。自分の英語も通じたし、ネイティブの英語も理解できたのが嬉しかった。英語が喋れるようになれば外国を身近に感じるようになると思う。同世代の人が英語を喋ってるのを見ると羨ましい。だから、これからも英語の勉強を頑張ろうと思う。」これを聞いた瞬間、母も私も「つくってるよね。」と言いました(笑)仕事で英語が必要になる場面が多々あるのですが、信じられないほどに話せないので、また勉強を始めたいなぁと思います。

本日の体重(夕食後)
娘(1)20.2kg 娘(2)15.2kg

【2011年7月24日昭和記念公園】

昭和記念公園@立川市へ行きました。車で1時間弱です。この公園、私は2回目なのですが、前回は上京した1998年秋の駅伝カーニバルだったと思います。まだジョガーの時代ですね。

HPを見てましたが、着いてその広さにビックリ。各施設間、とても徒歩で移動できる距離ではありません。そんなわけでレンタルサイクルを利用し、ママチャリ2台で移動しました。緑の中のプチサイクリングもなかなか楽しかったです。が、娘たちに挑発されて、抜きつ抜かれつ我々は汗だくになりました。

まず停車したのは、わんぱくゆうぐ広場。ふわふわドームが物珍しく、娘たちは飛んだり跳ねたり、追いかけっこしたりしました。私も一緒に走り回りましたが、ふわふわしてるせいか、気持ち悪くなってきました。ブランコでは、娘(2)は地面と平行になるくらいに揺れていましたが、娘(1)はちょっとだけ押してあげるのが精いっぱいでした。
0724-50724-1











お昼は、移動して「渓流広場レストラン」にある売店で買って食べました。おちゃらけな娘(2)はそのヒョウキンぶりを発揮していました。本当に内弁慶です。保育園の先生にもこの姿見せてあげたいです。
0724-3






次にこどもの森に移動しました。ここには「雲の海」という巨大なふわふわドームがありました。先ほどの広場にあったふわふわドームとは規模が違います。娘たちは、ドームの端から端まで走ったり転がったりして遊んでいました。幼児の付添はOKだったので私も一緒にドームに乗りましたが、真っ白のせいで、とてもまぶしかったです。保育園のクラスなどで貸し切りで遊べたらとても楽しいだろうなあと思いました。

真ん中の方を走ってるのが娘(1)、右端の方でよじ登ってるのが娘(2)です
0724-2






「虹のハンモック」は、その名の通り、カラフルな色で作られた大きなハンモックで飛んだり跳ねたり楽しそうでした。が、娘たちには不評で、というか、大きく揺らしてるおじさんがいて、娘たちは揺れるのが怖くて早々に降りてきてしまいました。
0724−8






滑り台は地味に存在していましたが、滑ってみるとスピードがあって結構面白く何度も繰り返し滑っていました。途中、私も加わり3人で滑ったりもしましたが、夫がシャッターチャンスを逃したというから2,3度写真用に滑りました。
0724-4











最後はお約束のかき氷タイムです。「お家で作ったらただ(厳密に言えば違うけど)なのにね〜」と言いながら、1個300円のかき氷を買ってあげました。かき氷を食べて舌の色が変わるのが楽しい娘たちです。
0724-60724










たくさん遊んだ娘たち、帰りの車の中では爆睡でした。

【2011年7月23日納涼祭】

保育園の納涼祭でした。私は納涼委員で会場準備等があったので、娘たちは夫に連れられてやってきました。家では「のうどうまつり」(←のうりょうと言えない。)と言ってはとても楽しみにしていました。がしかし、予想通り、お祭りに弱い娘たちは、神妙な顔つきでやってきてニコリともしません。大好きなはずのかき氷も無表情で食べていました。ゲームコーナーでは、「○○ださーん、レオちゃんが固まってます!」と報告がありましたが、微動だにしていませんでした。その後、夫は仕事へ行ったので、娘たちは私が店番してるところに張り付いていました。何か買っておいでと言っても、「ママ」と言って動かず、盆踊りが始まって、先生が誘ってくれても全く踊りに行こうともしませんでした(先生には祭りに弱いことを言っていたので、意識的に誘ってくれたもの)。その後、だいぶ時間が経過して、娘(1)はようやく気持ちがほぐれてきたのか、いつもの調子が出てきてお友達と追いかけっこしたしもしていました。娘(2)も、お友達のお母さんが連れ回してくれて、帰ってきたころにはまるで親子のように馴染んでいました。娘たちの調子がマックスになったのは、お祭りが終わったあとで、お片づけが全て終わってからも、友達と遊んでなかなかお家に帰れませんでした。結果的には、のうどうまつり、楽しかったと言っていました。

教訓、来年からは、準備段階から連れてきて、会場の盛り上がりに最初からついていけるようにしてみようと思います。推測ですが、娘(1)の場合は、お祭りが始まって盛り上がってるところに遅れて来ると、取り残された感というか、せっかく自分の中で盛り上げてきた気持ちがついていけなくて戸惑ってるのではないかと思います。

【2011年7月22日 第一子】

保育園の帰り、娘(2)がなかなか靴を履かず、履いても歩こうとせず、「歩けない」と愚図っておりました。いつもなら、「仕方ないなぁ」と思いつつ抱っこしてあげるのですが、金曜日は布団カバーの持ち帰りなど大荷物で両手がふさがってるいるたため抱っこできません。少しずつ少しずつ歩いてもらっていましたが、どうにも愚図りが酷くなったころ、娘(1)が、「カレンが抱っこしてあげる」と、はじめ娘(2)を抱っこしようとしました。でも娘(2)が嫌がるので、今度は「荷物持ってあげる」と、私の手から洗濯物と布団カバーの入った重たい荷物を取りあげると歩き始めました。私が荷物持ってあげるからレオちゃんを抱っこしてあげて、ということらしいです。このあまりに優しい気持ちに、涙が出そうになりながら娘(2)を抱っこして帰りました。しっかりもの、我慢せざるをえない、これらは長女、というか第一子の宿命でしょうか。それに引き換え、末っ子は本当に甘えん坊です。人のことは言えませんが・・・。

【2011年7月21日】

保育園で7月生まれのお誕生会がありました。娘(1)は名前を呼ばれて前に出ましたが、緊張していたのか返事をすることを忘れてしまったようです。お誕生日カードには、担任と我々からのメッセージ、体重身長、写真が貼ってあります。昨年、4歳の写真と比べると写真のポーズは笑ってピースサインで同じですが、顔全体の表情は随分違います。1年の成長ぶりがうかがえるところです。身体も約6cmも伸びて、約2kg増えました。改めて、もう5歳だなんて信じられない気持ちです。小学校入学時は6歳なんだから(すぐ7歳になりますが)、小学校が近づいた感もひしひしです。

そういれば、今日はとても寒かったです。夕方のお迎え時には、娘たちには長袖を着させましたが、それでも寒いくらいでした。でも、明日からはお天気は回復するようでホッとしました。週末の納涼祭ものようです。しかも、予想最高気温33℃とか。ビールが売れそうです。

本日の体重(夕食後)
娘(1)20.0kg、娘(2)14.8kg

【2011年7月20日 とうもころし】

娘(1)美術教室でした。先週描いたとうもころしの絵が返ってきました。上手でビックリ。皮とかビゲとか、細かい部分もちゃんと観察して描いてて感心しました。絵心のない私は、こんな絵は描いたことがありません。ちなみに、保育士試験の実技試験は、音楽・絵画・言語から2つを選択受験します。もしも、絵画が必修科目だったら、一生合格できないだろう思います。その前に、筆記試験が本当にやばいです。若いころに比べると猛烈なる記憶力の低下を感じます。本当に覚えられなくてビックリです。ところで保育士試験のいいところは一発勝負ではなく、合格した科目は3年間有効なところです。ですので、10科目あるのですが、3年間で全教科合格すればokなのです。でも、できるだけ1年目に多くクリアさせたいなと思うので焦っちゃいます。あと2週間ちょっとですが、机に向かう頃には睡魔に襲われて波打ってしまいます。。大人になってからの勉強は本当に大変だなあと実感しています。夫は、そんな私をみて「妻は受験生」と言っていました。。
0719
©PETAPPA
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ