すくすく

わたしの育児日記

2015年04月

家庭訪問

娘,六ち上がりのため学校で個人面談。開口一番、何も言うことありません、と。娘△浪板輕問。同じく、何も言うことありません、と。娘たちは学校ではいい子。

駅伝

横浜駅伝。地底チームで12年連続出場中。3km走って13分10秒くらい。普段のジョグでは5でもいっぱいなのにレースとなると思った以上に走れるものだ。会場にいるとすごく楽しい気分になってもっと走りたくなった。フルマラソンに挑戦したいな。今年は娘だけ連れて、基本的には良い子にしてくれた。娘´△鷲廚畔〇秣爾琶魅ぅ戰鵐函

朝ジョグ、公園巡り

早朝ジョグ。3周目の途中で娘〃搬咾ら着信あり。いつもなら2周走って帰宅してもまだまだ寝てるから3周くらい大丈夫だろうと思ったのに・・・。3kmの周回コースの1km地点だったので5分程度で帰宅。

第二段は娘´△糧質。喜ばしいことに娘,走ることに興味を持ち始めてる。自転車で遊歩道まで行って、私はママチャリで伴走。娘△呂垢阿肪ν遒掘⊆転車の後部に乗って応援。娘,魯泪ぅ據璽垢3kmを走りきった。頼もしい。私もかつて母の自転車伴走で早朝ジョグした時期あったな。

昼からは近所の公園を梯子。娘´2人でも随分遊べるものだと感心。「よく遊べるね。もしも一人でも遊べる?」と聞くと、「一人でも遊べるよ。」と。

土曜授業

今年度初の土曜授業。張り切って音楽朝会から参観。2年1組と3年2組を行ったり来たり。2年2組と3年1組だったら隣同士だから、一ヶ所に立って見れたかもなのに残念。それにしても、気がつけば3年生、はやいはやい。みんな身体も大きくなり中学年の風格が出てきてる。3時間目まで見て娘たちと帰宅。

午後は、娘△里友達が2人遊びにやってきた。シール交換したり、Wiiしたり。

私は娘,隼詢浪麌センター。今日は月1の視力検査。思いがけず不調。・・・の原因は、視力検査見ていてこれは・・・と思った。担当者が「1、2、ハイ!」で答えるんだよと、毎回毎回「1、2、ハイ!」と掛け声をかける。これ気になってるんじゃないかなと思って後から娘,吠垢い討澆襪函◆孱院■欧里箸は何も考えられなくてハイって言ってから見るから焦った。」と。心理的に追い込まれたらしい。次回はこの掛け声はやめてもらおう。

本日の走行距離6km

朝活

今朝は目覚ましを忘れたけど4時には自然と目が覚める。昨日録音しておいた放送大学ラジオを聞き、洗濯をして、娘に授乳してからジョグ開始。一応、昨夜のうちに娘^犬討北辞が起きたら電話頂戴とお願いしておいた。3kmの周回コースなので、最遠にいても10分以内には帰宅できる。結果は、娘5きず。バギーなしは自分が着替えて飛び出すだけでなんと気楽なことか。

娘に靴を履かせる。頂き物の12.5cmがまだ大きい。
image







娘´△狼宅後、友達宅へ。学童が一緒だったお友達で娘´共通して遊べるのがよい。続きを読む

立った

昨日5秒くらい支えなしで立った娘、今朝はカメラ構えて撮る余裕があるくらい(実際には撮ってないけど)長時間立ち続けた。つひに二足になるのだと思うと貴重な瞬間に感動。

今朝は3時起き。どうにも落ち着いた時間が欲しくて、夜は睡魔に襲われて当てにならないから、娘たちと一緒に寝て早く起きる生活にしようと。今日は3時に起きて放送大学の勉強、英語の勉強、洗濯をした。他にも、録画番組を見たり、写真整理をしたり、早朝ジョッグもしたいなあ。
image

3人育児

娘には常に3人(わたし、娘´◆砲亮蠅差し伸べられる。着替えも食事も寝起きも。まるでお姫様。
image
image
image
image
image
image

俳句

娘〆鯒度の国語の授業で作った俳句を学校で応募し二次審査通過したらしい。で、同意書を持ち帰ったので記入した。自分で作ったとかどこにも公開してないとか名前載せていいかとか。入賞は2000作品、選ばれるかな〜。発表は七夕らしい。なかなか子どもらしい可愛い発想の俳句かな。

夕方、娘´∋科検診@3ヶ月ぶり。歯を磨いて出かける直前に、愚図る娘にぼーろをあげたら、二人とも一緒に食べてるから、アホか!と呆れた。2人とも虫歯はなかったが、娘△歪拘的な磨き残しがあると指摘された。

お誕生会

娘,里友だちのお誕生会をお友だち宅で。一家総出でお邪魔する。子どもたちの司会進行で、クイズしたり一芸披露したり、ケーキ作りしたりと終始楽しく。午後からは学校の校庭解放に行く予定が雨降りになったので、急きょ子どもたち我が家で遊ぶ。異様な盛り上がり。

このポーズは、、、

娘が便秘気味。細切れに出すので不経済。うん●のときは息んでいるのですぐわかる。そして今日はうん●んぐスタイルまで披露してくれた。近くで応援してます。そしてお腹をさすってあげる。
image





お風呂の後、オムツをはかせようと差し出すと、なんと足をあげて協力してくれて感激。わかるようになってるんだな。

放課後は娘,里友だち来訪。お父さんと一緒に来られたからご挨拶。こんな家庭の子とは安心して遊ばせられる。よくアポなしで手当たり次第なのか知ってる友達の家のインターホン鳴らす子がいて対応に困惑する。中には知らない子も混じってたりして。親は子どもがどこに遊び回ってるか把握してないに違いない。自転車だって3年生までは親同伴しか認められてないのに全く守られてない。こんな決まりを守れば、小学生の自転車事故はかなり防げるような気がする。それはさておき、よその子どもが遊びに来るということは、私がその子の安全にも責任を持つということだから、ちゃんとしたい。





©PETAPPA
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ