こんにちは。何か今日もとても日差しが強くて、日向では暑くて汗ばんでくるような日和でしたが、今回も、コスメアイテムのモニターに参加させて頂きましたので、そのレポートを書かせて頂きたいと思います。

 さて、今回、わたしが参加させて頂いたのは、ジョイフルライフさんというコスメ商品のメーカーさんの商品モニターです。
 そして、とても気になる今回のモニター商品は、こちら()。商品名がPG2 ピュア エッセンスというスキンケア商品です。

2956


 まぁ、の画像は、化粧品としては少し仰々しい感じのパッケージなのですが、実は、このアルミ製真空パッケージは、PG2 ピュア エッセンスの中に含まれている特別な成分の新鮮さを封じ込めるための特別な気遣いだったりしちゃうのです。
 まぁ、こんな勿体ぶった言い方で書くと、その”特別な成分”についてとても気になってしまう方もいるかもしれませんが、実は、その成分とは、プロテオグリカン(Proteoglycan)という保湿性のとても高い天然成分なのです。
 ところで、このプロテオグリカン(Proteoglycan)という成分がどのような物質かというと、何でも、多細胞生物の細胞の間の空間である細胞外マトリックスというところに存在していて、細胞外マトリックス内ではコラーゲンやヒアルロン酸などと結びついて、その組織の構造の維持や細胞間の信号の伝達などで働いている、生物にとってとても重要な物質なのです。まぁ、プロテオグリカン(Proteoglycan)は、体内の組織の構造を維持するために、細胞外マトリックスではコラーゲンやヒアルロン酸などの他の成分と架橋構造を取りながら、個々の細胞が安定して存在できるような支柱を作ったりしているのですが、同時に、その高い水分保持能力で、細胞外マトリックス内に、生命活動に必要なたっぷりの水分を貯め込むことによっても、組織の構造を維持するのに非常に役に立ったりしているのです。んんん、何か、プロテオグリカン(Proteoglycan)と聞くと、つい、大学の頃の生化学の講義とかを思い出してしまうので、少し説明が長くなってしまいましたが、プロテオグリカン(Proteoglycan)って、兎に角、保水力の高い成分なのです。因みに、どのくらい保湿力が高いかというと、保水性が高いと評判の、あのヒアルロン酸の約1.3倍もの保水力があるというのですから、驚きです。
 まぁ、そんなとても優秀なプロテオグリカン(Proteoglycan)なのですが、何でも、この度、ジョイフルライフさんは、鮭の鼻軟骨から高純度のプロテオグリカン(Proteoglycan)を抽出する独自の製法を開発したそうで、それにより、高純度のプロテオグリカン(Proteoglycan)をふんだんに含んだPG2 ピュア エッセンスの商品化に成功したそうなのです。それで、わたしも、今回、こうやって、PG2 ピュア エッセンスの効果を体験できるようになったという訳なのです。

 ということで、少し前置きが長くなってしまいましたが、早速、わたしも、PG2 ピュア エッセンスを体験してみることにしました。

 まず、の画像のような真空パッケージを開けると、コバルトブルーの色がとても綺麗な、こんな感じの小さなボトルが出てきました()。
2957


 因みに、このコバルト色のガラス製のボトル、のアルミパッケージと同じく、何気に、とても気を遣ってあるもので、何でも、日光を遮ることで、プロテオグリカン(Proteoglycan)の劣化を防ぐという働きをしているそうなのです。

 の画像からもお分かりかもしれませんが、ボトルの蓋にガラス製のスポイトが付いていて、中身の美容液を一滴ずつ取り出しやすくなっています。因みに、横から見た場合、こんな感じでスポイトが入っています
2959



 続いて、こちらがそのボトルの裏面です()。
2958


 ところで、の画像では文字が小さいので分かりにくいかもですが、PG2 ピュア エッセンスの成分としては、お水とBG(ブチレングリコール?)、そして、プロテオグリカン(Proteoglycan)の3つしか使用していないらしいのです。何でも、高純度のプロテオグリカン原液なので、香料、合成着色料、防腐剤、界面活性剤、アルコール、パラベン、オイルなどの余計な添加物を付加しなくても良かったみたいなのです。まぁ、何気に、その分、パケージや容器にはとても気を遣っているようなので、そのお陰でも、お肌にとても優しい低刺激の安心・安全処方になっているのです。因みに、プロテオグリカン(Proteoglycan)には、非常に高い保湿力の他に、細胞増殖因子のように細胞の増力を促進する働きもあるそうなので、本当に高純度のプロテオグリカン原液ならではの高機能シンプル処方ということなのだと思います。その他、抽出溶剤として、他の溶剤に比べてベトつき感や刺激性が低くて、保湿作用の高いBGという成分を使用している点も、何気に、注目すべき点だったりしちゃいます。

 ということで、終に、プロテオグリカン原液の封印を解く時がやって来きました。因みに、ボトルの蓋を開けてみると、こんな感じのスポイトが入っていました()。
2960


 そして、PG2 ピュア エッセンスの溶液自体は、こんな風にサラサラした無色透明な液体でした()。コバルト色のボトルがとても印象的だっただけに、溶液の方が無色透明であると、逆に、もの凄く新鮮な感じに思えちゃいます。
2961


 因みに、PG2 ピュア エッセンスを実際に使う際には、洗顔の後に、そのまま、または、化粧水の後に、部分的または全体的にお肌に馴染ませていくというのがベーシックな使用方法だそうですが、その他に、普段使用しているスキンケア化粧品に数滴加えて使用する”チョイ足し”使用もできるそうなのです。でも、折角なので、今回は、PG2 ピュア エッセンスをそのまま贅沢に使用してみることにしました()。と言っても、2滴なのですが・・・・。すいません、貧乏性なので・・・。
2963



 ということで、実際にPG2 ピュア エッセンスを使ってみた感想ですが、何か、お肌に塗った時に、サーッと薄い皮膜を作って馴染んでいくような感じで、ベタつきを殆ど感じませんでした。まぁ、この使用感は、保湿力がとても高いと聞いていただけに、とても不思議な感じでした。何か、サラサラしているのにしっとりしているというとても不思議な感じなのです。んんん、わたしはベタつきとかが苦手なので、これは結構いいかもしれないです。勿論、お肌にも優しい使い心地でしたし・・・、プロテオグリカン(Proteoglycan)、侮れない感じです。


 ということで、今回は、ジョイフルライフさんのPG2 ピュア エッセンスの体験モニターレポートを書かせて頂きました。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ