2017年01月20日

あやめ会の新年会

新年会









1月のあやめ会は新年会も兼ねますので、12時はじめとして昼食を共にすることになっています。
お当番さんが、ちょっと芯が高級?な太巻きと即席みそ汁を昼食用に購入してくださり、後は手づくりの煮物・漬物・デザートのスポンジケーキ・ねじり揚げなどをテーブルに。今月のお当番さんが、食推さんだったので、手作りのご馳走が並びました。


手づくり







「今年もよろしく」とご挨拶して、後は食べてお喋りして・・・・・この時間が女性には何よりのプレゼントになるのです。
食べてお喋りだけでは・・・・・と当番さんが「頭の体操」だと、クイズを用意してきてくださいました。
歌手名とヒット曲を結んだり、上下左右の字の真ん中に漢字を一文字入れて4つの単語を考えたり、クロスワードなど、暫くの間あれこれと言い合ったり時には沈黙したりしながら考えました。



美味しかった









胃と頭にいい刺激を貰って「また来月ね」


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 | 地区の出来事

2017年01月19日

新年会その1

この組は元日に互礼会をして、月半ばごろ一堂に会して新年会をします。
40人ぐらい集まりますので、地区内にはそれだけ収容できる場所が無く、お隣の地区と言っても歩いて10分足らずの所ですが、ここ何年か美術館のそばのお店でしています。


来賓









2階に4〜50人入るお部屋がありますので、当日は2階が貸切になります。
11時開始。最初は来賓としてお隣の東海高校の校長先生が来てくださいましたので、ご挨拶を頂きます。司会者が先日の雪の日には周囲の道路の雪かきをしてくださったお礼を言ってくださいました。
校長先生は、「日ごろご近所の方たちに何かとご迷惑をおかけしています。昨年は野球部が甲子園に行けませんでしたが、今年は是非行こうと毎日練習に励んでいますから、応援をお願いします。
来週の22日にも、吹奏楽部の発表会が文化ホールでありますから、是非ご覧になってください」といわれました。
この後自治会長さんから「自治会活動にこういった懇親は欠かせない、日ごろの繋がりが大きな力を発揮する」と言われました。確かにこの組は夏まつりもしますし、毎月懇親会もしていますからよくまとまっているのですが、それでも久しぶりに顔を見る人も多く、あの人は誰?とあちこちで聞く声がします。



宴会









乾杯の後はお料理を頂きながら、あちこちで話に花が咲きます。が、「お宅のお子さんは?」「今年成人式」「え〜ッ、あの小学生だった子がァ?」 時の流れの速さと、ご近所でも知らないことが多くなりました。
そこでと言うわけではありませんが、何かあった時にやはり助け合えるのはご近所だから、女性たちで集まってお茶会をしようと言う提案があり、ご近所の皆さんで集まる日をきめ、とりあえず第1回の集まりが出来ることになりました。



懇親









若い方たちがご近所のつながりを深めてくれることが嬉しく、なるべく私たち老人は皆さんにご迷惑をかけないようにしなければ!と思いました。
さらに絆が強くなるご近所の皆さんの姿勢に感謝しつつ帰って来ました。
大きな収穫のあった新年会でした。


leltugo123 at 10:11|PermalinkComments(0) 地区の出来事 

2017年01月18日

孫の送別会?

暮れから正月休みに帰省していた孫がまた帰っていくというので、何か美味しいものを食べに行こうということになり、久しぶりに行こうと頂香に電話したら、「正月休みを取らなかったので2日間お休みしています」とふられてしまいました! 「じゃぁナチュラルグレースにしよう」と予約。このお店特に女性に大人気なので、予約しないと満席のことがあります。


サラダ








いつの間にか娘も参加することに。お嫁さんと孫・娘とで「女子会だァ」
予約してありましたので、小部屋に案内してもらいました。
このお店もう26周年とか。初めは小さなお店でしたが、自然食品を売り物にして、アトピーっこ?の孫にも安心して食べさせられると、身体に優しい食事が評判になり、たちまち大きくなりました。この頃はお弁当も受注していて、それがとても美味しくて女性に大好評だとか。


カキドリアチーズケーキ








4人ともそれぞれパスタやドリア等を頼み、サラダにはトッピングでチーズをお願いしました。テーブルに運ばれたサラダの上にまるで雪が降ったようにチーズをたっぷり削って頂きました。
美味しくお腹に入れて「デザートは別腹ね」


シフォンケーキイチゴたると








期間限定のイチゴタルトや、チーズケーキなどちゃんと別腹に入れて、「又たべすぎた!」お決まりのセリフを言いつつ、大満足で帰って来ました。
孫娘は夕方帰って行きました。 さびしい〜〜ッ!
ちなみにナチュラルグレースの電話番号です。
055-228-0625 荒川橋近く・HPもあります。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 家族 

2017年01月17日

降りだした積もった







以前は成人の日だった15日前後、この辺りでも大寒波が襲い日中でも気温が上がらず寒い日が続きました。幸い雪にはなりませんでしたが、日本海側の雪を見るにつけ、降らないでいてくれることに有難いと思いながらも、雪に埋もれた地域の方たちに申し訳ない気持ちがしています。
若いうちは気にならなかった雪の始末が、今は手を貸すこともできなくなりましたので、余計に心が重くなります。


ビフォーアフター















先日の雪もここでは9センチだったとか。
小やみになり、雨に変わってきた夜、息子夫婦と孫とで家の周囲の雪かきをしてくれました。
子どもたちと同居していますとこんな時は本当に助かります。


雪かき














お隣の東海高校の野球部の生徒さん達が、周辺の道路の雪かきをしてくれました。
早速息子が学校にお礼の電話をしていましたが、他の高校でも周辺の雪かきをしたとか、新聞でも報じられていました。
「今の若いもんは・・・・・」なんて言えませんよね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年01月16日

1月のおさだクリニック

鳥



毎月お世話になっているおさだクリニックに定期健診に行ってきました。
実は元旦に、30分ばかり不整脈と歯の浮くような嫌な感じに襲われ、心臓が少し痛みましたので、そのことも気になっていました。


冬景色











が、これは以前からある狭心症の発作ではなく、どうやら元旦の朝、孫たちにプレゼントされたワインがとても美味しかったので、つい飲み過ぎてしまった!そのせいだったようです。


こま

















「アルコールを飲み過ぎたからでしょう」 いつもはプリン体と糖質0でアルコール分4パーセントのビールだけなのに、ワインのアルコール分は強いから気をつけるべきでした!孫たちが居たり元日だということもあってつい調子づいてしまったようです。「なっ、飲み過ぎだったら!」と息子に言われてしまいました。



正月











一応検査もと、24時間記録する心電図のホルダーをつけられて帰宅。「お風呂にも入って大丈夫ですよ」と看護師さんに言われました。今の物はそうできているんですね。
待合室の奥様のパッチワークが、落ち込んだ気持ちを慰めてくれました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 健康 

2017年01月15日

チョコ募金2

チョコ缶に花の絵を描いてくれた4人の何人の少女たちをご紹介します。


チョコ募金



♥青・オリーブ 絵:ローリン(15歳)
シリアからイラクに逃れた難民。白血病で瀕死のところをJIM-NETの支援で一命をとりとめ治療中。
2016チョコでは、「ブラシの木(金宝樹)」を描いた。よくJIM-NETの事務所にも遊びに来て、たくさんの絵を描いていく。お父さんの収入創出として屋台を貸与している。

♥黄色・チューリップ 絵:イマーン(11歳)
イラクからドイツに逃れた難民。白血病治療中。イラク政府のプログラムで、インドで骨髄移植を受けた。しかし、イラクではその後のフォローアップが出来ない。2015年、トルコから海を渡りギリシャ経由でドイツにたどり着いた。2014チョコでは赤ベコの絵を描いてくれた。

♥赤・マーガレット 絵:サルディン(9歳)
ヤジディ教徒。「イスラム国」の襲撃で国内避難民になる。サルディンの両親は国内避難民の支援活動を行っていた時に、JIM-NETに出会い、レイプされた女性のケアやがんの子どもの支援を一緒に行ってきた。少数派故、いつ「イスラム国」のようなテロリストに襲われるかもしれない恐怖からドイツ行きを決めた。

♥黒・バラ&ジャスミン 絵:タハニ(16歳)
シリアからヨルダンに逃れた難民。骨肉腫が転移し、太ももに腫瘍が出来ている。シリア難民のヨルダンでの支援体制は整っておらず、私立病院だと高額な治療費を請求されるので、JIM-NETが検査費などを支援した。IOM(国際移住機関)の協力でイギリス難民として植えいれられることが決定した。


チョコ缶の絵の原画展があります。ぜひご覧ください。


絵と写真展





「いのちの花」Part3 イラクの子どもたちの絵と写真展

日時 2017年2月10日(金)〜15日(水)
    11時〜19時(最終日は17時まで) 入場無料

場所 ギャラリー日比谷

東京メトロ日比谷線・千代田線日比谷駅(A4出口)下車徒歩約1分
銀座線・丸の内駅・日比谷線銀座駅(C1出口)下車徒歩約2分
JR山手線有楽町駅(日比谷出口)下車徒歩約3分


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 平和 

2017年01月14日

チョコ募金

鎌田實氏が代表理事を務めているJIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、毎年年末に「チョコ募金」を実施して支援を続けています。(色の変わったところをクリックしますと、JIM-NETのページがご覧になれます)

私もほんの少しですが、毎年協力させていただき、孫たちにどういうチョコなのか話しながら渡しています。チョコは北海道の六花亭が作ってくれていますから美味しいチョコですし、六花亭も原価で協力してくれているそうです。


チョコ




JIM-NETとは、2004年のイラク戦争を機に設立された医療支援のネットワークです。以下のような活動をしています。

☆イラク小児がん支援
イラク北部・クルド自治区のアルビルに現地事務所を置き、劣化ウラン弾の放射能が原因とされる小児がんの子どもたちの支援として、薬代の援助や医療技術の指導、院内学級の運営などに取り組んでいます。

☆シリア難民・イラク国内避難民支援
ヨルダンに現地事務所を置き、主に戦乱の中で手足を負傷したシリア難民のケアを行っています。イラクに逃れたシリア難民、イラク国内避難民支援等にも積極的に取り組んでいます。

☆福島支援
子どもたちを放射能から守る活動として、キャンプや保養の支援、食品の放射線量測定所の支援、放射線量測定機器の貸し出しなどを行っています。

♥2016年度(昨年度)は必要経費1缶当たり193.6円を除いた306.4円が募金となり、上記の活動を支えました。(必要経費とは、チョコ原価・梱包資材代・スタッフ人件費・チラシ印刷費などです)

今回も難民の少女が、チョコ缶に花の絵をかいてくれました。
4人の少女の紹介は明日に廻します。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 平和 

2017年01月13日

七草粥

昨年暮れに炊飯器を新しくしましたので、お嫁さんが七草粥を炊飯器で作ってくれました。
今迄は土鍋などでじっくり煮ていましたが・・・・・どんなふうに出来たのかと蓋を開けてみると、ワァ〜ッ、とても美味しそうなお粥が炊き上がっているではありませんか!炊飯器で作ったのは初めてだったので感激です。


七草粥



炊飯器で簡単に出来るのなら、手間暇かけなくてもいいわけで嬉しくなります。
もうすでに皆さんはそうしていたのでしょうが、私は今まで時間をかけて煮ていました。
七草も今は乾燥したものが市販されていて、炊きあがったお粥に混ぜるだけ。これも昨年からお嫁さんが買ってきてくれています。

結婚してもう56年、初めのころは近所の畑でナズナやセリをとってきて、大根を入れたりして煮ていたものでした。時代の流れとはいえ、様変わりするものですね。
お嫁さんのおかげで時代の波に乗ることが出来ました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 食べ物 

2017年01月12日

初詣

武田神社
お札








一番上の家孫がまだ居てくれていましたので、今年はまだだった初詣に出かけて行きました。快晴で暖かい日でしたが、もう3が日も済んでいるのでそんなに混んではいないだろうと武田神社に。
なるべく近くまで車で行ってもらわないと、つれあいが長い距離は歩けませんので、拝殿のそばまで車で行き、駐車場に止めることが出来ました。
健康と平和を願い参拝を済ませ、交通安全のお守りを頂き、孫はおみくじを引きに。孫が三人分引いてきてくれました。
結果は孫が中吉・夫と私は末吉。「大吉よりこの位の方がいいんだよ」と、孫に負け惜しみ?



おみくじ









帰ろうと参道を出ようとしたら、駐車場に入るのを待つ車がずらり・・・・・アラマァ、早めに出てきて良かったこと。来た時はスッと入れましたから、ちょっとの間に混んでしまったのです。それにしても武田神社はさすがに人気があるんですね。3が日過ぎてしかも平日なのに、こんなに混み合うなんて。



うな重一口汁粉










ちょうど昼時なので孫娘に食べさせたいと、うなぎの横内に。いつもはお持ち帰り用で頂いていますが、お店で食べるうなぎはやっぱり一味違います。孫娘も「う〜ん美味しい!」 と何度も繰り返し言ってました。私はもうあまり食べられなくなりましたので、少ない量にして頂きました。
デザートに一口汁粉を出していただきました。食事の後の甘味、一口ぐらいが美味しいものですね。 初詣を済ませ心とお腹を一杯にして清々しい気持ちで帰って来ました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年01月11日

9条の理念「地球憲章」に

「あんぽなし」の事務局から、こんなメールが届きました。
東大名誉教授の堀尾輝久氏が、提唱して運動を始めたということです。素晴らしい視点だと思いますので、元旦に中日新聞に載ったという記事を紹介します。


9条を地球憲章に




9条の理念「地球憲章」に

 憲法9条が掲げる戦争放棄や戦力不保持の精神を盛り込んだ「地球憲章」を各国の市民が力を合わせて作ろうという動きが、学識者や弁護士らを中心に進んでいる。
今年は憲法施行70年。「9条は一国の平和だけではなく世界の平和を求めるもの。地球憲章を実現することは私達の使命だ」と賛同を呼びかけている。
 中心になっているのは、平和教育の研究者で東大名誉教授の堀尾輝久さん。
 堀尾さんは日本国憲法の歴史を調べる中で、制定に携わった幣原喜重郎首相が「世界は早晩、戦争の惨禍に目を覚まし、同じ旗をかざしてついてくる」と演説するなど、戦争放棄を世界に広めて平和を実現したいと願っていることを知った。今なお紛争やテロが絶えない現状を変えるため、9条を基に地球憲章を作る運動を思いつき、施行70年となる今年、本格的に動き出すことにした。
 趣旨に賛同した約10人で世話人会を結成。9条の内容や世界に広げる意義を説明した趣意書を、英語、ロシア語など7か国語に翻訳している。今月中にウェブサイトを立ち上げて趣意書を掲載し、呼びかけ人と賛同者を世界中から募る計画だ。多くの人に知ってもらうため、5月3日の憲法記念日前後にイベントも計画している。
 当日は賛同した各国の市民らが9条の精神を生かした地球憲章をそれぞれ作り、公表してもらうことが目標。国連憲章のように国際機関が公式に採択するものではなく、民間が独自に掲げる検証を想定。将来的には「世界共通版」の地球憲章も作り、各国政府に働きかけて国連決議につなげることも視野に入れている。堀尾さんは「9条は世界政治を変える力を秘めている」と強調している。
 地球憲章は環境や貧困根絶を主題にしたものが2000年に各国の政治家や市民有志によってつくられた例がある。9条をめぐっては、「憲法9条を保持ている日本国民」が14年から3年連続でノーベル平和賞候補として受理された。   
(安藤美由紀)


この記事を掲載した中日新聞社と、提唱された堀尾氏に敬意を表します。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 平和 

2017年01月10日

家族新年会

美味しい









暫く美味しいお料理にを頂くことに集中!おしゃべりがときにやんだりして、このメンバーにしては珍しいこと!


三男親子長女夫婦










そのうちに司会の長男から、「例年通り皆、一言づつ今年の抱負をお願いします。では今年は三男一家から」
前に出た三男親子、今年は上の社会人の娘は海外旅行中で欠席。
息子は「やっと課長になれました。バカ長です」すかさず「宴会課長ずら!」のヤジ。長男も次男も下戸ですが、その分三男が大酒のみです。
孫は高校生で野球部。「キャッチャーをやっています。がんばります」 長男と三男は野球をし通しましたので、我が家は野球をしていると好感度が上がるようです。



次男親子長男親子







この後は長女夫婦・次男親子・長男親子と続きます。
次男の上の娘も、高校受験生なので欠席でした。
4人の子ども達それぞれ家庭を持ち、孫たちも元気で働いたり通学していてくれることは、当たり前のことかもしれませんが、有難いことだと思います。これも皆、元気にしていてくれるから。
私達も自分のことはできるように元気にしていなければ!と改めて感じました。
健康が第一ですよね。



最初は・・・おめでとう!









この後はプレゼントをジャンケンで戴くことに。
一つづつ決まっていくのに大騒ぎでジャンケン勝負です。しばらく大笑いの時間が過ぎました。
今年も賑やかに家族新年会は終わり、次はお盆にまた、集まることを約束して散会しました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 家族 

2017年01月09日

家族新年会

我が家はお正月とお盆に、家族が集まるようにしています。
今年は3日に集まろうと準備を進めていました。と言っても設定はいつも「トラベルサロン」さんにお願いしています。「3日の昼」とお願いしておきましたら、湯村の常盤ホテルを予約してくださいました。


庭園ロビー















家族には3日11時に集合と知らせておきました。時間にはそれぞれの家族が集まってきました。常盤ホテルは以前、金婚式祝をしたこともあります。
ここの庭園は日本庭園全国ランキング第3位に選ばれたとかで、四季折々素晴らしい場所です。(色の変わったところをクリックしますと、常盤ホテルの庭園がご覧になれます)
ロビーにはお正月らしく生花が飾られてありました。



ゲーム










用意された宴会場に案内していただき、宴会開始の時間まで温泉を楽しんだり、ゲームに興じたり、特に孫たちは横浜の孫が持ってきたゲームで盛り上がっていて大騒ぎ!
ホテルでは温泉に入る人用にタオルも用意しておいてくださいました。


開会









12時半少し前に開始、長男が司会進行をつとめます。乾杯をして食事を頂きながら、今年も三枝亭二郎さんに来ていただき、落語を聞かせていただきました。


じろーさん









二郎さんはこの日、沖縄の伝統模様「ミンサー柄」の着物を着ておられました。このミンサー模様には「いつの世までも末永く」と言う意味があるとか。年に何回か沖縄に行っておられるようなので、現地で調達したのでしょうね。


沖縄の着物









二郎さんに来ていただいたのはもう、4回めになりますがどんな噺をしたか記録してあるようで、何時も違う噺を聞かせてくださいます。今回も大いに笑いこけました。今回は妹夫婦が参加してくれましたけれど、「こんなに笑ったのは久しぶり」だと言ってました。


全員で



二郎さんに入って頂いて、記念写真をパチリ。今回は受験生の孫と海外旅行をしている孫の二人が欠席でしたが、妹夫婦が来てくれましたので、総勢18人は変わりありません。
これから東京に行くという二郎さんをお送りして、暫くは美味しいお料理に舌鼓を打ちました。
この続きは明日のお楽しみ。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 家族 

2017年01月08日

大晦日

えびてん














大晦日、我が家では年1回の大盤振る舞いで、大きなサイズのエビを1ケース買ってきて年越しそばと食べることになっています。



ステーキ














今年はそれに家では買ったことのない牛肉を頂き、サイコロステーキに。それに以前頂いて冷凍しておいたニジマスを塩焼きにして、やっと大晦日に帰って来た家孫の2番目に食べさせました。この孫、大のお魚好きでどの魚もきれいに骨だけ残して食べるのです。大きなニジマスも無事?孫のお腹に収まりました。


大晦日














そして、これまた頂き物の点心の詰め合わせをチンして、トン汁や根菜類の煮物、なますも飛び出しみんなで年越しそばを頂きました。下二人の孫はそれぞれ約束があるからと出かけ、一番上の孫も新年を迎える前に出かけてしまったようです。孫たちは今、青春真っ盛り。家で年越しするはずはありませんよね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 食べ物 

2017年01月07日

孫娘と

BlogPaint先ずはビール








昨年暮れのこと、久しぶりに一番上の孫娘が帰省しましたので、嬉しくなったジジとババ、孫娘に運転をしてもらって、美味しいお料理と温泉を楽しもうと、初花へ出かけて行きました。(色の変わったところをクリックしますと、初花のページがご覧になれます)
ちょっとわかりにくい場所で、道が狭いので大きな車では入れないかもしれません。でも、温泉も良いし、食事も美味しいのでいつ行ってもかなり混んでいます。


刺身盛り合わせ









私はあまり温泉を好きではありませんが、ここなら入れます。すぐのぼせてしまいますので、温度の高い中の温泉には入れませんが、露天風呂は温度が低いので入っていられるのです。温泉に浸かると肌がすべすべするのがわかります。


天ぷら盛り合わせサラダ









勿論そんなに長く入ってはいられませんし、どちらかと言うと食事が目的ですから、食事処に陣取りました。
先ずはビールでのどを潤して、刺身・天ぷらの盛り合わせ。サラダでかなりお腹が膨れました。


ヤキトリ定食カツ定食牛タン定食







牛タン・カツ・ヤキトリ定食をお願いしましたが、ジジとババはほとんど食べられず、お願いしてお持ち帰りにしました。
それにしても美味しかったなぁ。孫と一緒に又いこ〜ッと。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 家族 | 食べ物

2017年01月06日

互礼会

たき火









毎年のことですが、1月1日には組で新年の互礼会をしています。
今年も穏やかな晴天に恵まれ、新年にふさわしい朝でした。
役員さんがドラム缶でたき火をしてくれています。
集まってきた皆さん、ご近所さんと言っても今は、こんな時でないと顔を合わせないでいる人が多くなりました。


互礼会







役員さんの奥さんたちがそれぞれ皆さんに乾杯用のお神酒を配り、組長さんの音頭で新年のご挨拶を交わします。


ご近所挨拶







このところ暫くお姿を見かけず、お元気かしらと心配していたご近所さんのお姿が見られてホッとしたり、いつもついてきていた子どもさんが大きくなったからか来なくなったり。
あちこちでお話が弾んでいます。それぞれ子どもさんの消息を聞いては、「もう社会人?よその子は大きくなるのが早いね」などと言い合っています。


舞い上がる








たき火の炎が大きくなったと思ったら、雪のように紙ふぶきが舞ってきて、酉年にふさわしい風景になりました。ひとしきり皆さんと交流して散会となりました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 地区の出来事 

2017年01月05日

山梨平和ミュージアム・1月企画

山梨平和ミュージアムは今年も平和の発信地として、毎月平和に関する学習会を開いてゆきます。
1月は下記のように開催されます。ぜひお出かけください。


2017・1月企画



先ずは呼びかけの文を転載します。

 山梨平和ミュージアムは、非戦・平和の日本をめざし、戦時下の体験、教訓の次世代への継承をすすめています。1月企画では、「戦時下の飯田蛇笏と山崎放代」をテーマに、俳人・雨宮更聞さんには、戦時下の蛇笏の俳句活動と戦争で2人の息子(長男総一郎・三男麗三)を亡くした蛇笏のかなしみが俳句にどのように影響し表現されたか等を、また歌人河野小百合さんには、戦傷で右目を失明する等過酷な戦争体験を放代はどのように見つめ、歌っていたのかを語って頂きます。

日 時 1月15日(日) 午後2時〜4時

会 場 山梨平和ミュージアム
            TEL 055-235-5659

テーマ
   戦時下の飯田蛇笏と山崎放代

 報告1 戦時下の蛇笏俳句

雨宮更聞さん
  (一般社団法人 山蘆文化振興会理事 境川町在住)

 飯田蛇笏・龍太に俳句の指導を受ける。「白露」創刊同人。「郭公」創刊同人。社会法人・全日本篆刻連盟理事。句集に「村の風」「坡亯」 評伝に「飯田蛇笏と雲母寒夜句三昧」「雨宮更聞自選自解句集 作句周辺の声」 随筆集「胸臆記」



 報告2 戦争と放代短歌


河野小百合さん
  
(みぎわ短歌会代表・甲府市在住)
 
 「みぎわ短歌会」で上野久雄の指導を受ける。上野久雄没後「みぎわ短歌会」の代表となる。山梨日日新聞文芸欄短歌選者。第6回歌壇賞受賞。歌集に「私をジャムにしたなら」 「マリアのいない夏」



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 平和 

2017年01月01日

ご挨拶

あけまして

     




今年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうかどうか、平和な年でありますように!


かわせみ凧












申し訳ありませんが、もう少しだけお休みさせていただきます。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2016年12月31日

感謝!

ありがとう1




今年も応援していただきありがとうございました。

良いお年をお迎えください。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2016年12月27日

一休みのお願い

皆さんの応援で何とか続けてきたこのブログですが、走り続けてきたことに少し無理があったようで、右肩が痛くなってきました。息子によると「パソコンのし過ぎだァ。歳を考えろ」だそうです。


苦しみ











幸い?年末年始のあれこれも手付かずにいますので、少しお休みいただいて、リフレッシュ!したいと思います。しばらくお休みしますけれど、新しい年になりましたら暫くして再開させていただきますので、変わらぬ応援をお願いいたします。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 日記 

2016年12月26日

ゴスペルコンサート

BlogPaint









今年もまた、クリスマスゴスペルコンサートがあり、お嫁さんと娘の応援も兼ねて行ってきました。
増穂文化ホールでのクリスマスコンサートは3回目。昨年は今年早々に亡くなったかつおさんがわざわざ静岡から駆け付けてくださり、とても喜んで帰って行ったのが思い出されます。またここでかつおさんに会えるようなそんな気がしながら会場に入りました。あれがかつおさんとのお別れでした。
(色の変わったところをクリックしますと、その時のことを書いたページが開きます)
今回もまた、チケットは売り出しと同時に完売!勿論会場は満席です。


新しいドレス雪










コンサートに向けて衣装を新調したのですが、お嫁さんも娘も「当日までのお楽しみ!」と見せてくれませんでしたので、この舞台で見るのが初めて! 衣装をまとって出てきたゴスペル・クワイヤ、クリスマスらしくキラキラのブラウスと、黒のロングスカート、皆さんよく似合っています。


キッズ






休憩なしの演奏会、最初にゴスペルクワイヤが6曲・次に可愛い子どもたちのキッズが3曲・そしてゲスト出演のEyes(アイズ)が1曲・最後にまたゴスペル・クワイヤが6曲聞かせてくれました。
指導者のマミ先生のトークを交えて、会場は徐々に盛り上がっていきます。
キッズの子どもたち、英語の歌をこなし踊りも決まっていて満員の会場がなごみます。


ゲスト・Eyes










ゲスト出演のアイズは、目を見て「合図」をしながら「愛」のあるハーモニーを奏でるという意味もあるとか。昨年のゴスペル甲子園の時、決勝で優勝を争った相手だとかで、それが縁で交流が始まり、お互いゲストとして呼び合っているのだそうです。
そのアイズの歌、1曲だけでしたが4人で歌っているとは思えないほどの迫力と、ハーモニーの素晴らしさで、体が震えるほどでした。
今迄、殆どいつもゴスペル・クワイヤだけの演奏を聞いていましたが、このグループのハーモニーを聞いたとたんに、ゴスペルクワイヤに欠けていたのはこのハーモニーだった!と思い当りました。
でも、セミプロとして活躍しているアイズと、殆どが主婦で構成されているクワイヤとでは、その差があって当然なのかもしれません。


ふうせん立ち上がって









間に歌いながらお菓子が会場にばらまかれたり、大きなふうせんが会場に放されたり楽しい雰囲気作りもあって、最後の舞台は大盛り上がり。歌っている人たちに合わせて、立ち上がって踊りだしたり手拍子も大きくなって会場全体に楽しい空気が充満しました。


フィナーレ










後で聞きましたら、舞台上の人たちも歌っていてすごく楽しかったとか! 舞台を降りた途端に感激してあちこちで抱き合って涙していたとか。充実感に満ちていたようでした。
本当に好いクリスマスコンサートでした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 音楽