2018年07月17日

りつ子さん元気で!!

14日、この日はいよいよりつ子さんが日本を離れる日です。この日も予報では36度と言う暑い日。11時竜王駅発の成田行き高速バスでりつ子さんがインドに向かいます。



お別れ








10時半、Tさんが来てくれて車に乗せてもらいりつ子さんのところに、なごみさんも来てくれました。30キロ近くある大きなリュックサック、インドに持ち帰りたい荷物でいっぱいです。中には息子の治療院で使っている収縮包帯も。新しいものをやると言ったのですが、古いものでいいと新しいものは受け取りませんでした。
一回り小さい機内持ち込み用のリュックを、車に着けて竜王のバス乗り場に。着くと間もなく高速バスがやってきました。
大きな荷物は下の荷物室に。小さい方には購入したパソコンが入っているからと、大事そうに座席に持ち込みました。



元気でね








発車まで10分足らず、それぞれ写真を撮りあい「元気でね」「体に気を付けるんだよ」「道中食べてね」と、作りたてのお稲荷さんを渡し、「身体を大事にね」「おかぁさんも」 私のことをおかぁさんと呼んでくれているりつ子さん。必死に涙をこらえます。



高速バス








田ヶ谷先生は毎年帰ってきなさいと言ってくれますけれど、帰るとお金がかかるから、毎年は帰れません。ほかの国でどうしてもビザが取れないときは帰ってきますけれど・・・・・それに毎年帰ると皆さんにご迷惑になりますから」と、健気です。
私も元気でいられる自信はありませんが、また会えることを信じて送り出しました。



その笑顔さよなら









時間になりりつ子さんはバスに。窓から笑顔で手を振り、名残りを惜しみます。今回は12日間だけの滞在でしたし、そのうち4日は甲府を離れていましたので、文字通りあっという間でした。
今頃はまた、ダヤダンで障害者の子どもたちの母親代わりとして、笑顔で語りかけていることでしょう。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん 

2018年07月16日

ワンコイン食堂へ

ツアーの次の日、りつ子さんを一度お誘いしたかったワンコイン食堂に案内しました。りつ子さんも買い物に近くまで来ていたので現地集合!



5−1


















いつものように暖かい笑顔で迎えてくださったスタッフさん。「窓辺の席にどうぞ」



ランチ




この日のランチはエビピラフとサラダ・卵焼き・グラタン・豆の煮もの・コンソメスープ。りつ子さん一寸おなかの調子が悪いと言ってましたので、お腹にやさしいここのランチはナイスタイミング?



5−3
















別腹のデザートも頂こうとしましたが、「これ以上食べると又調子が悪くなるといけないから・・・・・」と言うことで、この日は断念。
「薬は飲んでる?」「いえ、お腹を壊した時は出るだけ出してしまったほうが良いのです。そして干せば治ります」
りつ子さんならではの健康法!ですね。今までずっとそうして治してきたのでしょうね。
それでも、明日はウナギを食べたいから帰ったら薬を飲むと言ってました。

会計をしながらスタッフの方に、りつ子さんのことを話しましたら、「そんな凄い方がいるんですね。握手してもらおうかしら」
でもここも福祉関係の方たちが関わっているお店のようですから、障害者の方も出入りされています。だからスタッフの皆さんがやさしいんですね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん | 食べ物

2018年07月15日

りつ子さんとうなぎ

立派な表彰状を見せてもらった後は、いつ食べてもおいしい横内のウナギ、私も久しぶり。りつ子さんのお陰でとびきり美味しいウナギを頂くことが出来ます。


ハス








中庭では瓶の中で睡蓮の花が咲いていて、水の中では小さなメダカが泳いでいました。



うなぎ召し上がれ









まずはウーロン茶やお茶で「おめでとう!」「田ヶ谷先生に感謝だね」
豪華な授賞式の様子や、広くて帝国ホテルで迷子になりそうだったなんて話をりつ子さんは嬉しそうに話してくれます。
出来立てのうな重を「サァ召し上がれ」
「おいしい!!」とりつ子さん、今度また食べられるのは、いつになるのでしょう。



デザート









デザートも皆完食。いろんな話が弾んで、とても楽しいささやかな祝賀会でした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん | 食べ物

2018年07月14日

ささやかな祝賀会

りつ子さんの受章のお祝いをしようと計画しましたが、今回はりつ子さんの滞在時間が少ないのと、りつ子さんの予定に合わせると、その日が限られてしまい、皆さんご都合がつかずたった3人だけの本当にささやかな祝賀会になってしまいました。

場所は「横内」改築してからお客さんがぐんと増えたようで、繁盛しています。この日も予約でいっぱいでした。
りつ子さん、今回も痩せて帰ってきましたので、少しでも太らせようとここにお願いしたのです。



12



りつ子さん、頂いた表彰状を見せてくれました。
表彰状にはこう書かれています。



      表彰状    渋谷りつ子殿

  あなたはウィーン国立音楽大学を卒業後
  帰国途中にインドのコルカタのマザーテレサの
  家の重症心身障害児の施設ダヤダンメディカル
  センターを一九九二年に訪れて以来一貫して
  貧しさから親が育てられず見捨てられた重度の
  心身障害児の生活の各介護や機能訓練そして
  死後の埋葬まで子どもたちを支え続ける無償の
  ボランティア活動を続けられています
  よってここにあなたの功績をたたえこれを
  表彰します。

      平成二十年七月六日
   公益財団法人 社会貢献新財団
       会長 安倍昭恵



3




こうして栄誉ある表彰を受けられたのも、山梨に福祉を根付かせてくださった田ヶ谷雅夫氏のお陰です。りつ子さんも田ヶ谷氏への感謝気持ちを繰り返し言ってました。

りつ子さんとても嬉しそう。首相夫人と写真を撮ったとその写真も見せてくれました。「とても気さくな人でしたよ」
首相夫人が関わっているからでしょうか、何と帝国ホテルで前日から泊りがけでの表彰式だったとか。インドからの往復旅費、会場までの旅費・もちろん宿泊費や食事代もすべて出していただいたとか。その上賞金もついていたのですから、この財団はお金が有り余っているんでしょうね。

だったらなんとか、半年ごとにインドから出てビザを取り直すなんてことをしないで済むようにしていただけないでしょうかねぇ。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん 

2018年07月13日

小田原城・りつ子さんと思い出づくり

ビール工場から小田原城へ。天守閣もある小田原城は通過しても見学したことはありませんでしたが、お城はもちろんエレベーターなんてないし、階段も多いだろうから車いすもだけれど、私の足も歩くのは無理だろうからと、夫と共に見学は取りやめてバスの中で待機していました。



小田原城









りつ子さんは元気に天守閣を登ってきたそうです。5階建ての高さだったようですが、「簡単でしたよ」やっぱり若さがものを言いますねぇ。


売店








小田原と言えばかまぼこ、お正月の箱根駅伝の時にも写される「鈴廣」によって「お土産をどうぞ」
兎に角種類が多くて、どれを選んだらいいのか!と大いに迷います。
「ちくわは安いから食べるけれど、かまぼこは高いから買いません」と言うりつ子さんのために少し高級なかまぼこを1本購入。



蒲鉾井戸








隣接の「かまぼこ博物館」を見て回りました。1本の蒲鉾は魚7匹分の魚肉で出来ているそうで高いのも頷けます。
可愛い女に子が珍しそうに井戸をこいで喜んでいました。



魚材料








小田原は海が近く、水質もいいのでかまぼこ造りに適しているということです。昔の道具も展示されていて、かまぼこのできる工程もわかりやすく展示されていました。



昔の道具









これでこのツアーの予定は終了。後は帰るだけ。帰り道箱根を通過しましたので、「まだ一度も箱根に来たことはない」と言うりつ子さんは喜んでいました。一寸寄れればなお良かったかもです。
りつ子さんが同行してくれたおかげで、私は随分楽ができ、本当にありがたいことでした。
アサヒビール工場で気に入ったというTシャツと大好きだというチーズの燻製だけでは申し訳なかった!
明日はウナギを食べに行こうね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん | 

2018年07月12日

りつ子さんと思い出づくり

りつ子さんの滞在中の8日(日曜日)、アサヒビール工場見学と小田原城へ行くツアーがありましたので、りつ子さんに行ってもらいました。と言うのも、夫の車いすを押してもらいたかったからです。
出かける日は、広島をはじめ西日本で大雨による被害が出ていましたので、とても心苦しかったのですが、2か月前からの予定でしたから、それとりつ子さんとの思い出づくりもと、罰当たりですが出かけて行きました。



トイレ休憩1年1ミリ








朝、7時甲府駅を出発。まずは都留のパーキングでトイレ休憩。そして神奈川県の南足柄市にあるアサヒビール工場に到着。
このビール工場は東京ドームと同じぐらいの面積があり、そのほとんどが緑地帯だそうです。建物の外にビル5階建てぐらいの高さがあるという麦芽サイロがニョキニョキとそそり立っていました。


年表りつ子さんが








全く無人の瓶詰説明











中では若い美人さんが、まずビールのできるまでの過程を映像で映し出してくださり、そのまま今度は見学コースを案内してくれました。
外に立っていた麦芽サイロに中ではビールの赤ちゃんが熟成されているとか。一人の人が毎日350佞隆魅咫璽襪魄み続けたとしても、このサイロのほんの1センチしか減らないとか・・・・・1本全部飲むのには3千年以上かかるそうです。


ホップ製品








麦芽とホップを熟成させ、それをろ過して缶や瓶に詰める過程が説明されていきます。休日でしたから、機械はストップしていましたが、動いていたとしても大きな部屋に2〜3人しか人はいないとか。特に瓶詰め作業室は無菌状態で人は入れない部屋だそうです。ほとんどすべての作業は機械がこなしているという、今はそんな時代になったのですね。
でも勿論最終の検査や味覚検査などは人間の領域のようでした。
この工場では、廃棄物は一切出さないとか、絞りかすは肥料に、ペットボトルは制服にと完全リサイクルしているということでした。



ペットボトルで











見学を終えて試飲です。出来立てのビールを1人3杯試飲できるとか。初めの1杯はスーパードライをと言われ、半分入れて頂きましたが、やはり出来立てのビールは格別美味しいように思いました。黒ビールも頂いて良い気分! ビールって出来立てのほうが美味しいんですね。味音痴の私でもそう感じました。


2018_07080257








この後はお隣の建物の中でバーベキュウー。お肉に苦手なりつ子さんはもっぱら野菜を食べていましたが、でも鶏肉は大丈夫と、少しは鶏肉も食べていました。おにぎりもありましたので皆お腹いっぱい。足柄牛のお肉も美味しかった!
この後は小田原城に向かいましたが、それは明日公開?


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん | 

2018年07月11日

法事・お斎

都留市の光照寺から、会食会場の富士吉田市へ。今日のお斎の会場は生前従妹が大好きだった「浜っこ」です。


喪主献杯








25人全員が揃ったところで喪主のご挨拶。そして献杯を私にするようにとのこと。一応最年長ですからお受けしました。
従妹が旅立ってもう丸6年、時の流れの速さを思い、こうして親族が元気に集まれたことへの感謝と、従妹の想いを語らせていただきました。



前菜お造りと茶碗蒸し









米ナスステーキ









売り物細麺









お料理が次々と運ばれてきます。前菜・茶わん蒸し・米茄子の煮物・おつくり・ステーキ・そしてこのお店の売りであり大きなエビフライ・締めはうどん。吉田のうどんは太くて腰のあるものですが、このお店はお客様の傾向からか、高齢者向きに腰があるけれど、細麺だったので、皆食べやすかったと好評でした。





デザート見守る









従妹の遺影が皆を見て優しく微笑んでいます。皆従妹に縁を頂いた人たち。久しぶりの再会にあちこちで話が弾みます。



折り紙








皆、美味しい食事をいただき、その後は故人の妹の家に。
近くでしたしそのつもりで準備していたからとのお誘いに全員で寄らせてもらうことになりました。従妹の家も今は夫婦だけの生活ですが、息子さんのお嫁さんもお手伝いに来ていました。若者と年寄り組、2つの部屋に分かれてまだまだ話が尽きません。



ナプキンで






この従妹はいろんなことに興味を持ち、お菓子作りは定評がありますし、写真にもだいぶ凝っていました。今は折り紙が面白いと、こんな素敵な箱を作り、携帯用の爪楊枝入れが入ったものをお土産だと持たせてくれました。レストランのナプキンで作ったというバレリーナーも。
「簡単に出来るから」と、子どもたちに教えていました。



紫陽花あざやか








家の前ではアジサイが美しく咲いていました。
懐かしい顔ぶれに会い、心和む暖かいひと時を過ごせた法事でした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 日記 

2018年07月10日

七回忌

光照寺








早いもので、従妹が亡くなって丸6年、七回忌を営むとの通知を頂き、従妹の菩提寺に孫の運転で出かけて行きました。
前日は雨でしたから、天候が案じられたのですが雨は上がっていました。従妹の菩提寺は都留市の山間にある光照寺。緑に囲まれた山肌に墓地があります。
本堂脇には、コスモス・山百合・キキョウなどが咲き乱れ、鶯の鳴き声も聞こえてきます。



山百合









この日は埼玉・横浜・富士吉田・そして甲府などから更に九州からも駆けつけてくださった故人の長女の義母。生前故人とは母親同士、とても仲良しだったようでした。九州は雨で大変な状態でしたが、義母のお宅は大丈夫のようだとのことでした。



本堂








庫裡でお茶を頂生きながら、次々とやってくる参会者同志「お久しぶりです」「ご無沙汰しています」とあちこちで挨拶が交わされています。
こうして久しぶりに会えるのも、故人の縁があってこそ。従妹が会わせてくれているのです。



法要焼香









時間になり、本堂に移動して読経が始まりました。正面に飾られている従妹の優しい笑顔に「いい妻・良い母親・いい祖母だったね」
読経の中、参列者全員で次々と焼香をして、故人に祈りを捧げます。「皆、元気にこうして集まっていますよ。安心して見守っていてね」



墓参祈り










法要が終わりお墓詣り。参加者25名が次々とお線香を手向けます。
曇り空だったので、暑くはなく緑の中を吹いてくる風も心地よく、とても穏やかな祈りの時間でした。
この後はお斎です。その様子は明日に。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2018年07月09日

茅の輪

武田神社
















先月半ば過ぎのことですが、なごみさんが、武田神社に連れて行ってくださいました。上天気で6月とは思えないぐらい暑い日でした。
武田神社は相変わらず、観光客の姿が見られます。



茅の輪茅の輪くぐり
















神殿の前に大きな輪が出来ていました。確か茅の輪です。
この輪をくぐると正月からの半年間の穢れを祓い、残りの半年の無病息災を祈願することが出来るというもののようですね。基本的には6月30日に行われるもののようですが、武田神社では早めに用意してくださったのでしょうね。



お宮参り
















本殿の横ではお宮参りを済ませたらしい家族が、赤ちゃんを中心に代わる代わる記念写真を撮っていました。車のお祓い場所があったり、この武田の杜は人々の願いを叶えてくださる神聖な祈りの場所で、県民はお願い事があると自然に足がここに向くのでしょうね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2018年07月08日

さぁ、名古屋場所だ!

名古屋場所西2枚目







先場所は不本意な成績で負け越してしまい、今場所は西15枚目からスタートする竜電関。いよいよ今日から名古屋場所が始まります。


のぼり


















家でも1週間前からこの地区の応援幟を立てました。
竜電関の実力を発揮すれば、もっと上位に行けることは間違いありません。
15日間、TVの前で大声で応援します。きっと期待に応えて白星ばかりの場所になると信じていますよ。
暑さを吹っ飛ばして、頑張れ!!竜電関!!!


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 竜電 

2018年07月07日

6月のあやめ会

6月のあやめ会は先生の都合で2日と月初めの日になりました。この日は今年一番の暑さだったという35度越えの日、しかも今月は盆踊りの稽古!足も痛いし、お休みしようかなァと思いましたが、年に1回この日のために教えに来てくださる先生に申し訳ないので、出かけて行きました。


始めましょう横に








会場はあいにくエアコンが壊れていて暑いこと!!窓を開け放すと風が入ってきましたが、涼風と言う訳にはいきませんので、皆、汗だくでの練習です。



まねく団扇を持って








手を広げながら足を横に二回、いち・に 今度は左に同じように2回いち・に
長く民踊を教えている方なので、教え方もお上手です。あやめ会の会員は、みな私より若いので覚えるのも早いこと、すぐに踊れるようになりました。


仰ぐお茶タイム








が、とにかくこの日の暑さはハンパじゃありません。30分もしないで「休憩しよう」
結局そのままお茶タイム。今回の当番さん、お漬物を3種類と、砂糖漬けの梅・デザートまで用意してくださって、お茶の美味しいこと!皆元気になりました。



お茶の友漬物









来月は夏休み。今度は9月です。この暑さを乗り越えて、会員一同また元気に顔を合わせましょう。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 

2018年07月06日

おめでとう!りつ子さん

一時帰国したりつ子さん、その目的は今回、社会貢献支援事業団からの表彰を受けるためですが、その日が今日6日です。りつ子さんは前日からリハーサルがあるとかで、昨日上京しました。


お赤飯




出発5日の朝、お祝いだからとお赤飯を届けておきました。お赤飯の豆、この辺りでは小豆の甘納豆を使うんですよ。だから甘いお赤飯です。
今回は会う機会がなくてまだ会っていませんが、この時もりつ子さんは出かけていましたので、ポストの中に入れておきました。きっとそれを食べて上京してくれたことでしょう。



切手

















一緒に新しい会報と、式から帰ったら使うと思われるハガキや切手・便箋・封筒なども届けておきました。出かける前はあいにくの雨でしたが、元気に出かけたようです。
おめでとう!りつこさん。貴女の功績が認められて本当に良かった!
帰ってきたら、祝賀会をしなくちゃァ!!


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) りつ子さん 

2018年07月05日

お誕生日

1年に1度、誰にでも公平にお誕生日がやってきます。
私にもとうとうやってきました! 朝から家族のラインに「お誕生日おめでとう」「ばぁ、お誕生日おめでと」「ステキな1年を・・・・・」など、可愛いスタンプと一緒に、送られてきました。



母娘







「夕飯は久しぶりに回転ずしね」孫が予約してくれたので、席も用意されていました。お嫁さんや孫のほかに久しぶりに娘も同席。それぞの飲み物で「おめでとう・かんぱ〜〜い」
回転寿司は年々、メニューも増えたり美味しくもなったりで、人気がありますね。次々と席が埋まりたちまち満席です。



賑い満席







皆、お腹いっぱい食べ会計をする頃には、外で待っている人も居ました。
一人〇万円もする高級すしを食べている安倍さんやその会食友達には想像もつかないささやかな回転ずし。庶民はこんなお安い回転ずしにしか行けないご時世です。



栄養剤




家に帰ったらお嫁さんが愛用している栄養補助食品をプレゼントしてくれました。それにしても82歳なんて歳まで、私が生きているなんて思いもしませんでした。「なんで私がこの歳なの?」


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 日記 

2018年07月04日

お帰り!りつ子さん

お帰り








この辺りが一番暑い日の夜、りつ子さんが滞在させて頂けるお宅に帰ってくることになっていましたので、夕方食料を届けに行ってきました。
玄関先には、なごみさんが貸してくださった炊飯器がおいてありましたので、中に入れました。なごみさんの心遣いが嬉しい美味しいお米がついています。きっとりつ子さん喜ぶことでしょう。



食品








冷蔵庫に野菜や卵・納豆に豆腐・・・・・調理台に調味料と食べたいと言っていたソーメン、傍の机に石鹸・洗剤・それに虫除けスプレー・・・・・
冷蔵庫にはやはり支援してくれているTさん手作りのヨーグルトとジャム、「りつ子さんが好きだから」と豆大福まで入れておいてくれました。私も帰ってすぐに食べられるようにと、食べたいと言っていた冷やし中華と巻きずしもおいてきました。



冷蔵庫







締め切っていたお宅だから入ると蒸していると思いますけれど、インドの暑さに慣れているから多分、夜は疲れもあって眠れたことだと思います。
早く会いたいけれど、2日ばかりは疲れを取るように会いにいかないことにしています。きっとまた、痩せて帰ってきているんでしょうね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) りつ子さん 

2018年07月03日

帰り道

学友の診療所










郡上八幡からの帰り道、息子の学友が鍼灸マッサージ治療院を開業しているから、寄りながら帰ろうということになり、中央道に入る前に寄らせていただくことにしました。
どこで降りて何という町だったかもう忘れていますが、確か多治見だったような・・・・・
息子よりかなり若い院長、こじんまりした診療所で、予約制なので日曜日も予約があると開院しているそうでした。
確か以前一度我が家にもいらしたことがありましたが、背の高いイケメンです。


看板















大歓迎してくださり、じじばばはマッサージをしていただくことに。
鍼もしていただきながらマッサージも受け、二人とも痛みが軽減しました。治療費もお安くして頂き、かえって恐縮です。この街で住民の皆さんに愛されている治療院のようで、院長のお人柄もあるのだと思いました。



駒ヶ根P雲の滝







サァ恵那山トンネルを通って長野・山梨へと帰ってきました。
途中駒ヶ根パーキングに寄った以外はどこへも寄らず、一路我が家へ。
中央道を下りて、甲斐市を走っているときに見えてきた富士山の前の御坂山系から、雲がまるで滝のように見え、1枚写真を撮りたかったのですが、車を止めてはくれませんので、仕方なく走る車の中から撮ったので、思うような写真は撮れませんでしたが、富士山の前に雲の滝が出来たような現象を初めてみました。自然の造形美の素晴らしさ・見事さが体感でき感動的でした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0)  

2018年07月02日

桃第1便

今年はいろんな花が咲くのも早かったけれど、果物も早く実ったようで、第1便の桃が届きました。いつも走りの桃はほかのところの人には美味しいようですが、産地の者たちは「まだまだだね」と、皮をむいて砂糖煮にしたりするのですが、今年は空梅雨のせいかマァマァそのまま食べられる甘さがありました。そうです、この辺の人は桃にはうるさいのです。



第1便




桃が大好きだった亡き母に、「桃だよ〜ッ」とお供えして、固いももの皮をむき、有難くいただきました。本当は生産地の人は皮のまま齧るんです。
家族は皆、固い桃が好きなのですが、(生産地の人は殆ど固い桃のほうが良いと言います)なにを隠そう、私はもともと生産地生まれではありませんから軟らかい桃のほうが好きなのです。
桃は丸のまま1個を丸かじりするものだと、それが当たり前の食べ方だと、皆、そう思っているんですよ。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 食べ物 

2018年07月01日

平和ミュージアム7月企画

山梨平和ミュージアム、7月企画のお知らせです。
お知らせのチラシから皆さんに呼びかけの言葉です。




2018・7月






 昨年まで緊張状態が続いていた朝鮮半島、東アジアでは、今年に入り、4月の南北の首脳会談を経て、6月12日の歴史的な米朝首脳会談へと大きな変動が起ころうとしています。こういう時だからこそ、朝鮮戦争などの歴史を振り返るとともに、北朝鮮の実態・現状をリアルにつかんで今後の対応を考えることが重要かと思います。
これまでに何度も北朝鮮を訪問されている金丸信吾さんからの貴重な体験談をもとに、日本の役割りを考える下記の集いを開催いたします。どうぞお誘い合わせご参加ください。



◇ 日 時 7月15日(日) 午後2時〜

◇ 会 場 山梨平和ミュージアム
           TEL 055-235-5659


北朝鮮、東アジアの現状と平和

   日本の役割を考える集い



講演 金丸信吾さん(境川カントリークラブ社長)


      北朝鮮の実態・現状を語る

      −20回の訪朝を踏まえてー



質疑・意見交換



<講師プロフィール>
1945年生まれ。甲府一高・青山学院大学卒。(株)境川カントリー倶楽部社長。父金丸信元副総理が、1990年9月、自民党と社会党の団長として初訪朝し、朝鮮労働党と三党共同宣言を発表した当時、秘書として同行。以来、父の代理として訪朝を重ね、金日成主席とは、91~92年に7回会談、金正日総書記長とも2回の会談をしている。現在も父金丸信の遺志を継ぎ、日朝友好と国交正常化の実現のため、20回の訪朝をしている。
北朝鮮並びに党要人との交流も深い。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 平和 | お知らせ

2018年06月30日

郡上八幡の村田で

店内








店内はカウンター席のほかに、テーブル席と小部屋もあり、満席だと50人近く入れるという手ごろな広さです。



前菜









「さぁ、何を注文しようかねぇ」とメニューを見ていましたら村田君、もう用意してくれてあった前菜を出してくれました。左から鰆の燻製・茹で豚を巻いたもの・茄子の煮びたし。鰆の燻製にはポテトサラダが敷いてあり、「一緒に食べてください」 村田君、新しいメニューを作り出しましたね。
一口食べただけで「うん美味しい!」頂香の味を見事に受け継いでいます。
昼前だったので、私たちが一番初めの客でしたが、次々とお客さんがやってきて、席が埋まっていきます。



餃子シュウマイ焼きもつ









頂香の味そのままの春雨サラダ・餃子・焼売・焼きもつ・などを生ビールと共に頂きましたが、この日は、あいにく膝が炎症を起こしていましたので、アルコールは少しだけと制限され、小さなコップ1杯だけ!お嫁さんも歯の治療中なので、やはりアルコールは制限されていました。



天津丼冷やしラーメン









ご飯は天津丼・中華丼・ラーメン・冷やしラーメンをそれぞれ頂きました。私は冷やしラーメン、暑い日だったので、つめた〜く冷やしてあるラーメンの美味しかったこと。好きな細麺も嬉しい! 



中華丼杏仁アイス









デザートは杏仁アイス、杏仁の香りが口に広がって美味しいこと、すべて完食してお腹はパンパン。久しぶりにこんなに食べました。
孫たちのためにから揚げを作ってもらいお土産に。
三男も「孫の野球が終わったら行こう」と言ってくれていますので、秋になったら又行けるかも。



村田君









村田の味はこの街で評判になったらしく、郡上八幡を気に入って住んでいる近藤正臣さんが鶴瓶さんとの共演が近くあるのだそうですが、その打ち上げをしてくれと予約が入っているとか。その日は貸し切りだと言ってました。どうやら近藤さんのお気に入りのお店になっているようです。
郡上踊りは1か月以上も踊られるとか。一度泊りがけで行ってみたいものです。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 食べ物 

2018年06月29日

郡上八幡の村田君のところへ

息子が「6月中に村田のところに行くか?」 勿論「行くさよゥ」
確か昨年の、まだ標高の高い所ではサクラが見られたころ、息子に連れて行ってもらったのでした。昨年はお嫁さんは行きませんでしたから、「今年は一緒に行こうね」と約束していましたから、ジジ・ババと合計4人で出発です。



諏訪の辺り









先日旅行で行った岐阜へ同じコースで進みます。雨ではありませんでしたが、厚い雲が空全体に広がったどんよりした天候の中、中央高速を進みます。諏訪湖は曇り空のもと、ぼんやりとしか見えません。
私と同じぐらい晴れ男の息子なので、「多分そのうち晴れる」とお嫁さん。本当にその通り、長〜い長野と岐阜をつなぐ恵那山トンネルと抜けると上天気!青空が広がっています。



恵那P子育て









トイレ休憩で寄った恵那パーキング、真っ青な空のもと、ツバメが子育ての真っ最中、トイレと売店などを結ぶ場所にいくつの巣が作られています。
中にはまだ小さな子ツバメが餌をねだって大きな声をあげています。
このパーキングの人たちは優しい方が揃っているのか、巣を隠すように前にカバーが置かれ、フンが下に落ちないように受け皿のようなものもついています。親ツバメが盛んにえさを運んできます。まだ孵化したてのように小さな雛でしたから、きっと二度目の子育てなのでしょうね。すぐ裏が山になっていますから、きっとえさが豊富で子育てがしやすいのでしょう。



晴れた!お店












中央道から東海北陸道に入り、郡上八幡で一般道へ。昨年来たことがあってもよく覚えてはいないものですね。ナビも時には混乱するのか違う道を教えたりして・・・・・なにしろ郡上八幡と言う町並みは道が狭いので、近くで電話をかけてやっとお店にたどり着きました。
「遠いところをよく来てくれました」村田君はいつもの笑顔で迎えてくれました。「話がしたいからカウンターでいいよ」4人で並んで「サァ食べるぞ〜〜ッ」美味しい料理のご紹介は明日で〜す。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 食べ物 | 家族

2018年06月28日

売るほどあるのに・・・・・

息子が治療院をしていますから、治療に使ったり、時には患者さんが分けてほしいと言われ、お譲りすることがありますから、いつも息子は湿布をケースでとっています。
その湿布、以前はそんなことは無かったのですが、このところ私の体質が変わったのか、使用するとかぶれるようになってきました。




かぶれ






暫く使用しなかったし、膝が痛ので使ってみようと息子に貰い、場所を変えながら貼ってみました。 ア〜ァやっぱり赤くなり、かゆ〜〜い!!
どうやら体の皮膚がツラの皮と心臓の皮に移動してしまったようです。
患者さんたちはよく効く湿布だと言いますのに!!


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康