2017年03月23日

セミプロ・唾液

隔月に開かれる歯磨きセミプロ協議会、今月は17日でした。
歯科の先生と歯科衛生士さんが、お仕事の合間の大切な休憩時間を割いて、教えて下さるのですから、とても貴重な時間です。
今回は、唾液について勉強しました。
唾液とは粘性のある消化液で、消化としての働き以外にも、歯や口腔粘膜の健康を維持する重要な働きがあるということです。主に耳の下・あごの下・舌の下の辺で作られます。唾液の出方が少なくなると、咀嚼生涯・嚥下障害・発音生涯・義歯の維持力障害などを引き起こすのだそうです。


17・03・17唾液img380




唾液の機能は以下のようにたくさんあります。
‐嘆什醉僉Д▲潺蕁璽爾デンプンを分解して消化しやすくなる。
円滑作用(咀嚼・嚥下・発音を円滑にする):粘性のあるムチンが粘膜を保護し、発音をスムースにする。
9涯檗殺菌作用:口の中の細菌を抑える。
ご望弸醉:飲食により酸性に傾いたPHを中和させる。
ナ欷邵醉僉
抗脱灰作用(エナメル質の再石灰化を促進する):飲食により溶けかかった歯の表面を修復する
味覚発言作用
┥化作用:食べかすやプラークを洗い流す。

唾液の分泌が低下すると、坑内粘膜が傷つきやすくなり、粘膜の炎症や口腔ガンジダ症などが起こることがあります。食事や会話嚥下の際に困難にもなります。歯肉炎にもかかりやすくなります。


唾液が減ってしまう原因
シューグレン症候群・放射線治療・薬の副作用・腫瘍や外傷による唾液線や神経への障害・ストレス・重度の糖尿病・加齢などです。
やはり歳と共に唾液の分泌量も減るのですね。
酸っぱいものを前にして唾液を出すように心がけなくちゃ!


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 

2017年03月22日

墓参

曇り空









お彼岸なので、息子夫婦と吉田のお墓に行ってきました。天気予報では1日中晴天と言ってたのに、出かける時は曇り空、でもマァ降らないだけいいとしましょう。
いつもより道が混んでいると思ったら、世の中3連休・連休と関係ない生活をしていますと、気がつかないでいます。



墓六角堂








新倉トンネルが出来たおかげで、吉田も近くなりました。道が混んでいなければ1時間で着くことが出来ます。年間通して気温が5度は違う甲府と吉田。寒いだろうと予想はしていましたが、やはり風が冷たいこと。
檀家の多い菩提寺。お彼岸やお盆には、お花屋さんが墓地の入り口で花の販売をしてくれます。
芽を出したばかりのような草をとり、花を供え線香をあげて手を合わせます。「みな元気に過ごせますように見守ってください」お彼岸とお盆には、六角堂も開いています。
お墓参りが出来ると、なぜか心が落ち着きますね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 | 家族

2017年03月21日

孝進会・総会

総会は議長に副会長の小林是網さんを選出して始まりました。
最初は28年度の事業報告です。会費の他に年間通して「チャリティゴルフ大会」や、「チャリティコンサート」などでの収益金も大きな収益金です。今年度は初めて「オープンカラオケ選手権」を開催し、その収益金も収入に含まれていました。


お礼の言葉









そしてそのお金は、山日YBS厚生文化事業団はじめ23の施設・団体に支援金として送られます。今年度も、その額は1,940,000円でした。前年度までの支援金の合計は32,740,000円・支援金の総額は実に34,680,000円にもなります。民間のボランティア団体としては他に類を見ないのではないかと思われます。



机の上







ぐるっと会場を取り巻いたテーブルの上には、支援先からのお礼のはがきや手紙・写真などが一杯置かれていて、皆さん手に取って見ていました。


お礼のハガキ









今年度の事業計画も、4月6日に富士川町の「大法師さくら祭り」で、「GOLF引田マジック歌謡ショー」はじめ、6月18日には「第23回さくらんぼ狩り」に児童養護施設の招待をしたり、9月10日には「第2回山梨県オープンチャリティカラオケ選手権」なども予定しています。



会歌










予定支援金贈呈先も「児童養護施設卒園生に祝金」や「熊本地震被災者」 「難民にミルクを送る会」など24団体を提案し了承されました。
最後に会歌を歌い、総会は無事終了しました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年03月20日

孝進会・マジック

火火がスカーフに









とりは引田天功から名前を頂いた、プロのマジシャンでもある中澤会長のマジックです。
舞台の上に足の付いた箱が置いてあり、その中から取りだしたのは火・赤々と燃えていると思ったら一瞬でスカーフに。大きな花が揺れていると思ったら、中から「交通安全」と書かれた大きな布を持って女性が出てきました。


女性がヤ〜〜ッ








手が・・・・・刺す









花が成功!










今度はその女性を箱の中に入れ、次々と縦横無尽に刀を刺してゆきます。かなり差し終える頃、中から女性の手が出てきて動いています! 中の女性は一体どうなっているんでしょうか。その手に棒を持たせてまた刀を差します。そして今度は次々と刀を抜き、蓋をあけて花をだし中澤プロはギターを弾きながら歌いだしました。やがてはこの上の花を持って女性が立ち上がりました!
このマジック、前にも拝見したころがありますが、何回見ていてもどうなっているのか全く分かりません。お隣に座っていた方も、「何回見ても分からん」と言われていました。



総会









楽しかぅたアトラクションが終わり、招待された養護施設の子どもたちはここで帰って行きました。
そしていよいよ総会です。
その様子は明日に廻しますね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年03月19日

孝進会総会

招待お礼状









ゴルフの中澤プロが立ち上げた「孝進会」というボランティアグループの総会があり通知を頂きましたので行ってきました。
場所は市内のジッと甲府プラザ、舞台のあるホールがあります。会場の中央には、招待された児童養護施設の子どもたちと職員さんが席についていました。
この会は総会と年末に「クリスマス家族忘年会」を開催しますので、ここ何年か参加させていただいています。
席に着きますと、机の上には支援金を寄贈したいろんな団体からのお礼状や、写真が置かれていてます。手に取ると「ジェイ・ワイ・エム遺骨収集団」からのお礼状でした。


前歌会歌とダンス









毎回そうですが、始まる前にフォークソングが華やかだったころ、活動されていたと思われる暖かいお声の持ち主が、ギターを抱えて何曲か聞かせてくださいます。
中澤プロのご挨拶の後、招待した子どもたちが楽しむようにと、先ずは甲府工業応援団長の指揮で、孝進会の会歌(作詞・作曲 中澤孝次)が流れ、美しい女性がダンスを披露します。



児童養護施設に









ここでこの会の趣旨の支援金を、「山梨いのちの電話」や「「フードバンクへ」どちらも立派な活動を続けている団体です。


男の子フジサクラ塾










その後は「フジザクラ塾」の可愛い子どもたちが、歌ったり踊ったり・・・・・山梨のアイドルグループです。リーダーは何と男の子!会場の目は4歳の一番小さな子に釘付けに。皆よりワンテンポ遅れてターンしたりするところが笑いを誘います。



空手部見事








次は学院大学生の空手、3人の学生さんが手足で空を切り型を見せてくれました。手足を動かすたびにヒュッ!という音がします。そして先生が真剣で竹をばっさり。会場に緊張感が走りました。
そしていよいよ引田天光さんから名前を頂いた「ゴルフ引田」の中澤プロンのマジックです。
その様子は明日のお楽しみ。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年03月18日

さよなら原発まつり

会場








今年は3・11、その日に「さよなら原発まつり」が開催されました。
甲府駅北口の歴史公園、よく晴れあがった青空のもと、子どもから高齢者まで大勢の人たちが集まっていました。
11時から始まった「さよなら原発パレード」とオープニングセレモニーはもう終わり、一番お聞きしたかった福島川俣町在住のお二人の女性のトークが始まっていました。
本来ならそのパレードにも参加したかったのですが、膝の痛みで長い距離が歩けなくなりました。情けない限りです。


トーク









お二人は川俣町にとどまりながら、線量計を片手に子どもや自分たちの健康を守るために、活動を続けてこられました。
放射能の現状を知り、各種検査活動をし、講演会を開き、保養を実施、野菜の定期取り寄せ、交流の場の茶話会を開き・・・・・あの原発事故さえなかったら、しないで済んでいたことと懸命に取り組んできたお話に、何度も瞼を熱くしました。


聞くマーケット











避難した人・留まった人と、大きくは二つに分かれてしまいましたが、その二つもそれぞれの家庭の事情で、何本にも枝分かれしていてもう元のように一致することは難しいという現状、そんな中で子どもを守るために今、何をしなければならないかと、模索しながら子どもたちが「安心」して過ごせるようにそして何事もないようにと願う毎日のようです。


クイズ









野菜を北海道から取り寄せ、無農薬みかんを愛媛・和歌山から送ってもらい、大阪で保養をして、と、全国に支援者の輪も広がっているようです。この活動発表の最後でも、山梨から野菜を送ることが出来る方は申し出てください。と呼びかけていました。
何か協力できる方は
「いのちむすびば」
TEL055-207-9068小河原さんまでご連絡ください。



手廻しオルガン








会場には、心身障害者を守る会・いのちむすびば・放射能から福島の子どもを守る会・・・・・といろんな団体がブースを出し、物品販売などもしていました。
この後、楽器演奏などのライブもありましたが、風が冷たくなってきましたので、会場を後にしました。
お天気に恵まれ心に響いたひと時でした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 原発 | 平和

2017年03月17日

なごみさんから

素敵なプレゼントを頂きました。ご覧の写真の物です。
長さが5〜6センチの小さなものですが、中々の優れもので、輪になっているところはキーホルダーになっています。



便利グッズ




飾りのついた板状の所はクリップのようにどこにでも挟めるようになっていて、主にバックのふちに挟むものだと説明書に書かれていました。
キーホルダーの所にキーをとりつけておいて、クリップをバックのふちに挟んでおくと、キーがすぐにわかるようになっているのです。
バックの中に入れたんだけれど、底の方に入ってしまい、なかなか見つからず、バックをひっくり返したなんてことよくありますよね。
これだとふちについていますから、すぐに見つかります。
私はバイクにしか乗りませんので、上着のポケットに入れておけばみつからない事はありませんが、お嫁さんはいくつもの鍵を把にしてありますので、いつも「鍵がない」なんて探していましたから、「こんな便利グッズを頂いたから使えば」と、使ってもらうことにしました。
お陰で探すことが無くなり、とても喜んでいます。なごみさん有難う!



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年03月16日

なごみさんの受賞を祝う会

なごみさんが「やまなし県民文化祭賞」の川柳部門で、第1位の「県民文化祭賞」に輝き、なごみさんを知る人は皆、その快挙に大きな拍手を送りました。今までも奨励賞などは受賞したことはありましたが、トップになったのはもちろん初めてです。いずれは・・・・・と思ってはいましたが、やはり着々と実力が上がっていたのでした。


玄関最高の笑顔












そこでお祝いの会をしようと立ち上がったのは、やはり川柳仲間でなごみさんを師匠と仰ぎ慕っているパン屋さんの店員をしているどれみちゃん。このどれみちゃん、優秀な店員さんで、素晴らしいアイデァを発揮して「サバサンド」をはじめ新商品を次々と開発しています。
なごみさんは川柳で全国
お知り合いが大勢いますけれど、今は、ツイッター仲間も全国に散らばっています。私もツイッターを教えて頂きました。


料理









どれみちゃんはそのツイッター仲間に呼びかけたとかで、当日、駆けつけてくださったのは、何と男性ばかり3名!の皆さん。なごみさんのユーモアと美しい姿に魅せられていた人たちに違いありません。
ツイッター上では毎日やりとりしている方ばかりのようですが、なごみさんやどれみちゃんとも初対面!勿論私も初めてお目にかかる方ばかりでした。


記念写真









が、皆さんツイッターではお馴染みなので、初対面でも旧知の友のように話が弾みます。余りツイッターに参加していない私は、よく存じ上げないでいましたが・・・・・毎日お互いに交流していると、年齢や性別なんて関係なく好い友情が生まれるものなのですね。
美味しい食事を頂きながら、楽しい時間が過ごせました。なごみさんはじめ皆さんに感謝です。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 日記 

2017年03月15日

健康まつり・展示

飾りつけあらかわ保育園








健康まつりでは、毎年健康に関する展示も行っています。会場の
準備は前日の土曜日の午後から行われますので、展示する団体は皆、作品を持ち寄ってそれぞれ指定の場所に飾り付けます。


よつば池田小









池田幼稚園西幼稚園













作品や展示の参加団体は、高齢者学級・県立大学・県立盲学校・西中学校・池田小学校・池田幼稚園・甲府西幼稚園・甲府あら川保育園・池田保育園・社会福祉協議会・ふれあいくらぶ・りんごっこ・ボランティア推進会・食生活改善推進会 と、地区内にある教育施設や活動している団体です。


高齢者食推









生き生き倶楽部霜月の会










どれもみな見応えのある作品や展示です。
毎年同じメンバーの方の作品が展示されている高齢者学級の書道なども、年々、腕が上がっている!と感じさせられますから、高齢になっても進歩する様子がうかがえ、元気を頂きます。


りんごっこの展示









体力測定をしながら、皆さん熱心に作品を見ておられました。
次の地区挙げてのお祭りは、4月2日に行われる「ふれあいまつり」 地区を流れる荒川の土手沿いに植えられているサクラの花をめでながら、地区の方達とお花見を兼ねての交流の場です。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 | 地区の出来事

2017年03月14日

健康まつり・式典

ハモニカ演奏控室










式典は午後1時から始まるのですが、そこで表彰される高齢者は毎年招待され、昼食を頂いて会場に迎えられます。
式典が始まる前に会場で待っている皆さんのためにと、ハモニカが得意なMさんが、「ひな祭り」や「青い山脈」などの曲を聞かせてくださいました。この方は、あちこちの介護施設を訪問してはハモニカ演奏をされているボランティアでもあります。


地区自治会長米寿









サァ式典の始まりです。主催者の保健協会長を始め、市長さん(代理)・自治連会長さんなどの方達からご挨拶の後、高齢者の表彰になります。今年は私たち夫婦も80代になりましたので、その対象になってしまい!今年度夫婦で80代になった11組の代表で表彰状を頂きました。
お一人の方は88歳以上、新しく88歳になられた方も23人も居られます。こうして健康長寿者の表彰対象者は、年々増え最初の頃の10倍にもなったのではと思われます。


りんごっこ









この後は次世代を担う3歳未満児で構成されている「りんごっこ」の可愛い幼児が、日頃活動している時に歌いながらしている手遊びや、タンバリンや鈴を振ってのうたの披露があり、その可愛さに会場は笑顔の渦になりました。
この後、小学生の合唱と器楽合奏、そして「健康講座」で、「膝の動きを軽くするためには!!」があったのですが、所要があり残念ながら中座しました。膝の痛みの事なのでお聞きしたかったのですが・・・・・
最もあやめ会でお聞きした若林先生が講師でしたから、あの時のお話だったと思われます。トークがお上手で、笑いの渦を起こしながらの講座だったと思います。
この他にも会場では健康に関する展示もありましたので、それは明日ご披露します。



leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 | 地区の出来事

2017年03月13日

健康まつり・体力測定

西公民館受付2










この地区では、年3回自治会挙げて大きなお祭りがあります。そのトップを切るのが 「健康まつり」今年で27回目になりました。
場所は西公民館、この公民館が出来るまでは、小学校の体育館が会場でした。



健康チェック健康相談








片足立ちマッサージ











入り口を入ると受け付け、ここで署名をして、午前中は健康測定です。
大ホールでは血圧・転びやすさ・血管年齢・認知症相談・健康相談などが、県立大学看護科部・西包括センター・市の健康衛生課などの協力で行われます。


握力腹筋・背筋








反復幅跳び骨密度










二階では体育協会の役員さんや各種団体の役員さん達で、握力・腹筋背筋・片足立ち・肺活量・反復飛び・などの測定が行われ、県の放射線技師会による骨密度検査も行われます。




ふれあいコーナー子どもコーナー









又、地域集会所の畳の部屋では、地区にある盲学校の皆さんが、マッサージと指圧をしてくれています。子どもたちは、子どもコーナーで輪投げやボールで遊べますし、高齢者はふれあいくらぶの方たちが簡単な工作を指導してくれます。各年齢層全員が参加できるように工夫されています。


お茶









そして昼食はおにぎり2個100円で購入し、食推さんが作ってくれた薄味でスキムミルク入りのトン汁がサービスされます。
午後は式典や可愛い子どもたちの舞台発表がありますが、明日に廻しますね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 | 地区の出来事

2017年03月12日

料理教室・雛ご膳

雛ご膳



今月の料理教室は3月らしく雛ご膳と名付けてもいいような春らしい料理を何種類か教えて頂きました。
その中から、意外に美味しかった「切り干し大根と桜えびのカレー炒め」と、「油揚げの酢みそサラダ」の作り方をご紹介します。


調理中









☆切り干し大根と桜えびのカレー炒め

  材料(2人前)
切り干し大根(乾)    20g      酒    大さじ2
桜えび          大さじ2     オイスターソース 小さじ1
細ネギ(小口切り)    1本分     カレー粉  小さじ1/2
油           大さじ1/2      中華スープの素  小さじ1/4
                        水      500CC

  作り方
1 切り干し大根は水で戻して絞り、長ければ食べやすい長さに切る
2 調味料を混ぜておく
3 フライパンに油を中火で熱し、桜えびをカリッとするまで炒め、切り干し大根を加えて炒め合わせる。調味料を加えて汁けがなくなるまで炒める
4 器に盛り、細ネギを散らす。



手分けして










☆油揚げの酢みそサラダ

  材料(2人前)
油揚げ   1枚       油    小さじ1
白みそ   大さじ1     三つ葉  20本
砂糖     小さじ1     酢     大さじ1/2
大根     3僉      
だし     大さじ1/2

  作り方
1 油揚げはグリルなどで焼き、カリッとさせ、6ミリ幅の細切りにする
2 大根は千切りにする。三つ葉はさっとゆで3冂垢気棒擇
3 白みそにだし・酢・砂糖・油を合わせ油揚げと大根をあえる

どちらも簡単で意外に美味しいものでした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 食べ物 

2017年03月11日

春の香り

この時期、温州みかんが終わり、いろんな種類の柑橘類が出回ります。
デコポンという名で親しまれている、頭にコブがある一寸笑顔になれるあの柑橘類、本当はシラヌヒと言う名前のようですね。


デコポン




清見とポンカンを交配して作られた品種だとか、見た目は一寸不細工ですが、甘くておいしいんですよね。そのポンカンを1箱頂きました。
たちまちみんなのお腹に入り、あっと言う間に半分に。急いで写真に収めました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 食べ物 

2017年03月10日

拝啓 安倍昭恵様

安倍昭恵氏




「何でこんなに私は注目を集めてしまっているんだろうって、凄く戸惑っています」とおっしゃっている安倍昭恵様。

何でそれがお判りにならないのか、そのことに私達は戸惑い驚いています。
その「戸惑い」をスッキリさせる方法は、ただ一つ、昭恵様のされてきたことを記者会見されて、正直にすべてお話になられることだと思われます。是非お薦めします。(たぶん国会招致は実現しないでしょうから)
そうなさればきっと、「戸惑い」は一切なくなると思います。
是非そうなされてくださいませ。       
                          かしこ


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 日記 

2017年03月09日

赤富士

息子の治療院に10年以上前からかけてあった「赤富士」の写真、ちゃんと額に入れてあり、陽の当たらない壁に掛けてあったのですが、さすがに10年以上も時が経つとまるでモノクロ写真のように、殆ど赤みが無くなってしまいました。


赤富士



この写真は、同級生で小中学校時代同じ町内に住んでんでいたM君が、「一生に一度撮れるかどうかの作品だ」と言っていたもので、写真を趣味に毎日のようにレンズを覗いていたというM君が、「この赤富士はプロのカメラマンを唸らせた」と誇らしげに言っていた作品でした。
そのM君も三年ほど前に亡くなってしまい、喪中葉書が奥様から送られてきました。お悔みのお便りに、M君の「赤富士」が息子の診察室に飾ってあると書いてお送りしました。

M君が元気なら、「又1枚欲しい」と、お願いするところですが、それが叶わなくなった今、息子が知り合いの写真屋さんに頼んで、再生して頂きました。
これでまた、10年以上拝見できます。赤富士は西に向けてかけておくと、福が来るとか聞きました。
治療院の壁に又、西向きに掛けられました。
M君、お陰で又治療院が明るくなりましたよ。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 治療院だより 

2017年03月08日

燃えるごみが減った!

甲府市では昨年12月から、今まで燃えるごみで出していたプラスチックの物を分別して週1回、回収することになりました。


プラ


そしたら、燃えるごみがグ〜ンと減って驚くほどです。
生活全般に、いかに多くのプラスチック製品が使われているのかを、再認識しています。食品はじめ包装に使われているものがほとんどですが、半透明の
45Lの袋に一杯になるほど毎週出しています。
さてこのプラゴミ、どう変身するのでしょうね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 日記 

2017年03月07日

母・小林多喜二の母の物語

残留孤児の肉親捜しに一身を捧げた山本慈昭師を描いた映画「望郷の鐘」の山田比砂子監督が、今度は戦争反対を叫んで獄中で虐殺された小林多喜二の母の物語を世に送り出しました。
その試写会がありましたので行ってきました。

↓ここをクリックしますと、「望郷の鐘」に関する記事がご覧になれます
http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51840626.html#comments


母ポスター
















小林多喜二は平和を訴え反戦活動をしたことで、特高に逮捕され獄中で拷問の末虐殺されたプロレタリア小説家です。その多喜二の母セキに焦点を当て、小学校にも行かせてもらえなかったセキが子どもたちの母として大きな愛で、最後まで多喜二を信じ愛した姿を描いています。

明治生まれの女性が、母としてその生涯を貫き、息子が反逆児と言われようと、信じ続ける姿に母の本質を見た思いがしました。多喜二が惨殺されてからも悩み苦しみながらも、多喜二の母は多喜二を生涯信じ続けました。日本の母の原点を教えられた気がしています。


監督












試写会当日は山田監督も来られてご挨拶されました。2月末に公開してから、全国各地で好評を得ていて、どの上映会も人が満席で予定していた時間では収容しきれず、もう1回増やして上映した所もあったとか。

数の暴力を発揮している現政権は、戦前の治安維持法そのままのような共謀罪を成立させようとしている今、危機を感じている人が多い事と思われます。


シーン
















甲府では4月1日総合市民会館で午前10時半と午後2時の 2回上映します。
前売券は1200円 当日は1500円です。

前売り券は
山梨YMCA 電話055-235-8543 で扱っています。
皆さん是非ご覧ください。


↓ここをクリックしますと、山田監督のこの映画に対する思いがご覧になれます。
http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51840853.html#comments


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) お知らせ | 平和

2017年03月06日

幼なじみ

幼なじみ・それも同級生はいつになっても好いもので、この歳になりますと、機会があったら会っておきたいと思うものです。なんせ、いつも「これが最後」かもしれませんから・・・・・


県立中央病院







小学4年生で引き揚げてきて以来、小・中学校に毎朝のように一緒に登校していたご近所に住んでいた同級生S子さんが、ご主人の診察に付き添って県立中央病院に来るというので駆けつけました。時々は電話で話してはいましたが、会うのは・・・・・もう6〜7年ぶりでしょうか。
内科で受診と言うことなので、内科の待合室にいましたら、ご主人の車椅子を押してS子さんが「久しぶり〜ぃ」


うなぎの寝床








ご多分にもれず大きな病院は待ち時間が長いんですよね。でもこの日はその待ち時間で旧交を温めることが出来るのですから、待ち時間もまた楽しです。ご主人とも何回かお会いしたことがありますので、3人であれこれと話は尽きません。お互いの近況や、体調・そして同級生のことなど・・・・・待合の掲示に番号が出ると、中の待合室に入るようになっています。やっと出た番号で中に入りますが、そこでもまた待たなければなりません。


母校









幼なじみっていつどこであっても、「あのころ」の共通の思い出の中に帰ることが出来るから、良いんでしょうね。
素敵な時間が過ごせました。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 友達 

2017年03月05日

さよならM君

春雨サラダ牛筋大根









何をいつ食べても美味しい中華の「頂香」で、シェフを支えて時にはお店の顔でもあったM君が、2月いっぱいでお店を辞めて、「奥様の実家がある地で開業することになった」と聞いて、「お別れに行かねば・・・」と、息子夫婦と行ってきました。


小龍包餃子










頂香は最初からだと5回も場所は名前も変えて営業してきました。が、当初から味の良さは変わりません。そろそろ30年近くなりますが、その間18年もオーナーと共に味を守り通したM君。
職人気質のオーナーの良きパートナーとして、お店の雰囲気作りに気配りをし、なくてはならない存在でした。片腕そのものでしたから、居なくなった穴はきっと想像以上に大きいと思われます。


あんかけ焼きそば









M君は岐阜県の郡上八幡で開業するとか。もうお店の準備も始まっているようです。郡上八幡といえば「郡上踊り」が有名・位しか知りませんが、偶然昨年秋、息子が旅行で訪れたとかで、城下町で落ち着いた雰囲気のいいところだとか。息子が「開店したら行くからな。味が受け継がれているか俺がチェックしてやる」なんて言ってましたので、その時は連れていって貰おう!と秘かに「しめた!」とほくそ笑んでいます。この夏あたりには開業の運びのようで、郡上踊りの最中辺りに行けるかも!


ラーメン









四方山話をしながら、勿論お腹いっぱい食べてきました。「美味しいからつい食べ過ぎだよね」とお嫁さんと言いながら・・・二人とも夕飯は食べられませんでした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) お付き合い | 食べ物

2017年03月04日

あゝ「暮しの手帖」・・・

保存版道具














先日平和ミュージアム・1階の展示を見ていましたら、NHKの連続テレビ小説で好評だった「ととねぇちゃん」でテーマになっていた暮らしの手帖社発行の「戦時中の暮らしの記録」が展示されていました。私は結婚前のまだ「暮しの手帳」が、戦後の貧しい生活の中で、衣・食・住をどう工夫したらより楽しい生活が出来るかと提案しているころから、ず〜ッと長い間愛読者でした。
そして、商品テストが始まると、くらしの手帖での評価を何より信じていました。あのテストには毎号「信じていい」だけのテストの様子が書かれていましたから。特に「石油ストーブの火は水で消える」とのテスト結果には、消防署からクレームがつき、公開テストをしたことは記憶に鮮明です。


防空ずきん青春時代が









暮らしの手帖で開発した台所の流しセットにあこがれ、ドイツ製のブルーフレームと言うストーブが欲しくてたまりませんでした。


昭和51年11月焼け跡から出征









結婚後もずっと愛読していて、毎号書店に届けて頂いていて、全部の号を保管していたのですが、そのうち書店がだんだん少なくなり、配達もしてもらえなくなってしまい、手に入らなくなりました。
そして大きな段ボールに入れて保管していた暮らしの手帖を、家を改築するとき仕方なしに処分してしまいました。せめてこの保存版「戦時中の暮らしの記録」だけでもとっておけばよかった!と今も後悔しきりです。



モンペ常備品











その復刻版も発売されているようなので、孫たちのために購入しようかなと思っています。
「後悔先に立たず」そんな人生を歩み続けたのかな?

「暮らしの手帖」に関するヒキノ様のブログです。↓をクリックしてお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/musshu-yuu/e/acf9888a3785353b9c1a3422756ad17f#comment-list


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 平和