2010年01月

2010年01月31日

大学病院

何年か前までは月1回通院していた山梨大学医学部付属病院(医大)に、久し振りに行ってきました。
玄関


行かなくなった訳は、遠いから・・・・・でした。近くにおさだクリニックが開院しましたので、先生にお願いして変えさせていただきました。

なんせ、車の運転が出来ませんので、バイクで3〜40分の道のりは段々きつくなりました。でも、今回眼科で検査をしなくてはならなくなり、お嫁さんに送ってもらいました。
受付機


マァ、いつ来てもどうしてこんなに混んでいるんだろう、と思うぐらい相変わらず大勢の人が出入りしています。

時間で予約してありましたのであまり待たずにすみました。一通り検査をして、会計にいきましたら、アラッ随分早くなりました。自動支払機もあって、係りの方が親切に教えてくださいました。
会計


大病院は待ち時間短縮に努めているようですね。お陰で予定より早く帰って来ることが出来ました。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(2) 健康 

2010年01月30日

メサイアコンサート

甲府市にある山梨英和学院の創立120周年を記念して、2月21日(日)に、県民文化ホールで「メサイアコンサート」があります。

開場・午後1時30分 開演2時で、入場料は一般が3,000円(前売り2,500円) 大学生2,000円(前売り1,500円) 高校生以下1,000円(前売り券なし)です。

チケット販売は、山梨英和学院とそれぞれの同窓会・県民文化ホールで扱っています。

山梨英和学院は1889年、県下初の女子教育機関としてカナダの婦人ミッションと、数名のキリスト者青年実業家との協力で創設されました。

太平洋戦争中は、英語教育が禁止されて、「英和」という「英」の字もいけないといわれ、一時「栄和」という字を当てていたこともありました。今になれば馬鹿馬鹿しい話ですが・・・・・・戦争中はそんなことが大真面目でまかり通ったのです!
メサイアコンサート




ヘンデルの「メサイアー救世主」のコンサートに向け、英和学院の聖歌隊や合唱団が猛練習中です。辻秀幸さん指揮の東京バッハ・カンタータ・アンサンブルオーケストラ始め、ソリストも4名の方たちが出演します。

2月21日は、県民文化ホールにお出かけください。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(6) お知らせ 

2010年01月29日

孫のバイト先

2番目の内孫がアルバイトをさせていただいている食堂に行ってきました。富士吉田の吉田高校の西側にある「やぶ」という食堂で、とても繁盛しているお店です。

やぶ
孫の行っている大学に求人があったとかで、それを見て孫は自分で応募して採用していただいたようです。水曜日がお休みですが、そのほかの日は、大抵5時からアルバイトに出かけています。

食堂ですから、夜は賄い食をいただけますので、1食助かっています。1日中営業していて、繁盛していますので殆ど毎週、土・日は午前11時から働かせていただいているそうで、そんなときは昼と夜の2食いただけるようです。
店内


個人の食堂は大抵、昼は11時〜2時・夜は5時ごろからの営業ですが、このお店は3時とか4時ごろ行っても営業しています。


カツカレー

繁盛しているわけは、どのメニューも「安くて美味しい・量も多い」からだと思います。この日注文したのが、カツカレーでしたが、量が多くて半分しか食べられませんでした。


繁盛しているお店だから、各テーブルにお茶碗や急須・ポットが置いてあり、お茶は各自で入れて飲むようになっていましたよ。
セルフ


孫は厨房で雑用をしたり、出前に行ったりしているようで、奥の厨房でくるくる動いている姿がチラチラ見えました。

ここでバイトをさせていただいているお陰で、この孫には仕送りは0円です。学費だけ親が出しているようですが・・・・・「高校までは親が責任を持って出すけれど、それ以上は自立しろ」というのが、我が家の鉄則!というより、そうせざるをえないのですが・・・・・


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(10) 食べ物 

2010年01月28日

孫の誕生日

内孫がもう2人、家を飛び立っていきましたが、今はメールで連絡をとりあいますので、居ないという気はあんまりしないですみます。

一番上の孫は、この時期に生まれたせいか、雪が大好きでとうとう北海道に行ってしまいました。多分、毎日雪を堪能いることでしょう。

その孫のお誕生日の日、朝からそれぞれメールを打ったり、可愛がっていた飼い猫のシャメを送ったり・・・・・私もパソコンでメールを打ちました。

私にとってこの孫は初孫でしたし、出産にも立ち会いましたので、彼女がこの世に出てきたときに、一番最初に会った身内は私でした。初産で時間がかかったので、長い頭をしていました。そのことを書いてやりました。

ロールケーキ


丁度やってきた娘も、「今日はお誕生日だから、ロールケーキを買ってきたよ」と、雪のように白いケーキを持ってきました。
シフォンケーキ

お嫁さんも「あの子の好きなシフォンケーキを頼んでおいたから」とこれは生協で配達されました。一口タイヤキなんてのも加わって、「主役は居ないけれど、お茶にしよう」! お嫁さんと娘と私の3人で、お喋りしながら美味しいお茶を頂きました。

「アッ、これ美味しいね」「食べられなくて可哀想だネェ」「シャメを送ればいいよ」「きっとあっちはあっちで友達とワイワイ楽しくやってるよネ」「そーだよねェ」
3人の女どものお喋りは、際限なく続きましたとさ。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(2) 家族 

2010年01月27日

お見舞い

もう、40年近くお付き合いをしている同じ歳の友人が、新年早々自宅の勝手口を出たところで転倒して、大腿部を骨折してしまい手術をしたと言うので、共通の友人たちとお見舞いに行ってきました。

元々が前向きで、面倒見のいい人なので、落ち込んでいる筈はないと思って居ましたが、その通りで車椅子に乗りながら、どんどん談話室に案内してくれました。

「暮れのうちに捨てッかと思っていた おとうさんのツッカケを履いて出たのがいけなかったさ」「そんなもんを後生大事に取って置くからぁ」「転んだと思ったら、動けなくってね」

内臓ではないし、手術の次の日には車椅子に乗っていたと言うぐらいですから、もうリハビリも進んでいるようです。本人も言ってましたが、股関節骨折ではなかったので、良かったと思いました。

古い友人同士なので、遠慮なく言いたい放題のおしゃべりが続き、時間の立つのも忘れていました。

見晴らしのいい談話室からの外の景色が薄闇に包まれだして、「サァ帰らなきゃ」と腰を上げました。
鶴太郎

ロビーに下りてきましたら、片岡鶴太郎さんの鯉の絵がタイルに焼き付けてある物や、県の芸術会長だった山田耕三さんが半身不自由になったので左手だけで作成したと言う埴輪の顔を並べたような壁画風のものや、これは何を現してるの?というような大きな丸い彫刻、プレートに解説が書いてあるようでしたが、細かくて読めません!
山田耕三?





県立中央病院も、建て直してから随分綺麗になりました。ロビーも楽しい空間になっています。でも、いくら綺麗でもあまり長居したいところではありませんね。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(6) お付き合い