2010年09月

2010年09月30日

母親大会

看板




県・母親大会が開催されました。午前10時から午後4時まで1日の会でしたが、私は午後の全体会にしか参加できませんでした。

全体会

先日も書きましたように、母親大会は第五福竜丸がアメリカの水爆実験で被爆し「死の灰」で亡くなった久保山さんの事件から、広島・長崎につぐ三度目の被爆に母親達が「原水爆をなくせ」と立ち上がったのが全国に広がり、全国大会・各県大会へと平和運動が今も続いています。

朗読娘よ・・・・・


全体会は最初に新婦人朗読小組の人たちが、「娘よ ここが長崎です」筒井茅野作の本の朗読から始まりました。1章づつ替わる替わる読み進みました。筒井茅野さんはあの永井隆博士のお嬢さんです。長崎に原爆が落ちた時、茅野さんは何が起こったのか理解できない幼さでした が、母の死・父の死をそして原爆の恐ろしさを娘の和子(平和を願ってつけた名前だそうです)に伝えようと、書いた文でした。

会長挨拶

次に県母親大会の会長を務めている尊敬するホットケーキ様の挨拶・福島県で開催された全国大会・13回目になると言う中巨摩地区大会・午前中の分科会の報告があり、記念講演に移りました。

フォトジャーナリストの森住卓さんは、劣化ウラン弾の害を追求しているうちに、その被害者を取材する写真家になった方です。

講演


ご自分が写した劣化ウラン弾の被害者の写真を会場で映し出しながら、説明をされました。今、イランでは1000人の子どもが生まれると30人の奇形児が生まれているそうです。

それは怖ろしいとしか言いようの無い映像でした。水痘症で頭が身体の半文もある赤ちゃん・無脳証で頭の無い赤ちゃん・白血病でお腹が異様に膨らんだ幼い子ども・・・・・見るに絶えないような映像でしたが、現地の医師は「この子達を確り写して、世界に向けて劣化ウラン弾の恐ろしさを発信して欲しい」と、森住さんには、積極的に写させてくれたそうですし、今も写し続けています。

目を覆いたくなるのをこらえて、見続けましたが、目は涙でかすんでいました。原爆ではなくても今の戦争では核被害が出ているのですね。そしてこの状態はまだ続いているのです。

この世に生まれてくる命が、大人の勝手な行動で、蝕まれ短い生涯しか送れないなんて、悲しみより怒りが身体中に満ちています。こうしている今も、涙でかすんでいます。

身体中を癌に蝕まれ、もう助からない状態の子どもの父親から、「この子を日本に連れて行って助けてくれ」と訴えられたそうですが、「どうすることも出来なかった」と、森住さんの苦しそうな声が今も耳にこびりついています。

森住卓さん



世界中の「命をこの世に生み出す母親」は、誰一人自分がこの世に送り出した子どもを、戦争で亡くしたいなんて思っていません。やはり母親は、平和運動の中心にならないと!との思いを強くしました。

サイン


森住さんのご本を購入して、サインを頂いてきました。どうか森住さんご自身が、被爆されませんように、そしてお元気で世界中に戦争の愚かさ・残忍さを発信し続けてください。と思いながら・・・・・


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(8) 平和 

2010年09月29日

最終回

長い間お付き合いしていただきましたが、最終回です。(ア〜ァ良かったの声!)

今回残念だったことは、眺望が素晴らしいはず!の八幡平がスッポリ雲の中!で、な〜んにも見えなかったこと!多分紅葉の素晴らしい場所なのでしょうね。紅葉は望んでいませんでしたが、八幡平山麓や湿原を見たかった!雲の中では何も見えないばかりか、寒くて・・・・・売店ではストーブが燃えていて、皆さん暖を取っていました。

精進料理夕食1日目夕食2日目





でもマァ、ひっつみ鍋ご膳やきりたんぽ鍋と一緒に出ていた「きりたんぽのホイル焼き」は美味しかったし、稲庭うどん・精進料理もおいしく頂きましたから、食いしん坊としては満足でした。


宝物殿金色堂


中尊寺の金色堂は、以前にも行ったことがありますが、やはり覆い堂の中に入りますと、私のようなものでも思わず仏像に手を合わせます。特に菩提寺のご本尊と同じ阿弥陀如来が、ここでもご本尊とあっては、なおさらのことでした。金ぴか・螺鈿細工・蒔絵に圧倒されましたが、極楽浄土を現世にあらわしているのだそうです。

芭蕉


中尊寺には芭蕉の碑もありましたし、宝物殿には藤原氏の棺や着衣だった布、副葬品の数々などが展示されていました。

伊達政宗像




青葉城公園では、伊達政宗像に向かい合い、眼下に広がる仙台市を眺めました。すぐそばに土井晩翠の碑もありました。時間で「荒城の月」のメロディが流れていました。


二階建て
仙台駅から、又新幹線で東京駅へ。帰りは二階建ての車両でしたが、残念なことに1階部分、1階部分は地下室みたいになっていて、窓の外・目線はホーム。乗り降りする人の足だけ見ていました。


穀倉地帯

東北は穀倉地帯、猛暑にもめげずどの田圃も見事に実っていました。刈り取りも盛んに行われていました。やはり、日本人ですネェ。稲穂が実ってくれると、何かホッとします。3食殆どご飯を頂いています。「銀シャリ」が、大ご馳走だった時代を知る者にとって、豊作はありがたいことです。

読んでいただいて有難うございました。(最敬礼)


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(8)  

2010年09月28日

十和田湖と奥入瀬渓流

十和田湖

今日は十和田湖と奥入瀬渓流です。十和田湖は青森県と秋田県にまたがり、周囲46km、最深部327mのカルデラ湖だそうです。藍色の美しい湖でした。



その十和田湖を遊覧船で縦断しました。遊覧船の発着場所以外は、お店や人家もなく、山の静かな湖という感じで神秘的でもありました。十和田湖の模型を上から見たものですが、一寸崩れたハート型?のような形をしていました。

十和田湖模型遊覧船



今はまだ、望むべきもありませんでしたが、きっと紅葉の時期は息を呑むような美しさだろうと思われました。でも、今年は猛暑だったので、紅葉はどうなんでしょうか。

滝?

十和田湖から流れ出すきれいな水が、渓流となって流れていて、その道沿いが奥入瀬渓流と呼ばれています。あちこちに滝らしきものがあり、よくもマァ、名前をつけたものだと思うほど色んな名前がついていましたが、「え〜っ、これが滝?」というようなものばかりのように思いました。岩の上を横幅2メートルぐらい水が流れ落ちていると「白糸の滝!」だそうでしたから。

奥入瀬渓谷

渓流沿いも少しの時間散策しました。遊歩道が渓流沿いについていて、良いハイキングコースになっていました。1日歩いてみるもの良いかもしれませんね。

乙女の像



湖畔に高村光太郎作だという「乙女の像」があり、そこで皆、記念撮影をしていました。ガイドさんによると「乙女の像」ではなく「太目の像」だとか! なるほど一寸太目かな?と思いましたが、今の女性が細すぎですよネェ。このぐらいの方が健康的で良い!・太すぎの私は断然そう思います!!


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(8)  

2010年09月27日

角館

桜で有名な角館で、武家屋敷を見学しました。といっても時間がありませんでしたから、青柳家と言うお屋敷を拝見しただけでした。もっと色んなお宅を見て廻りたかったのですが、1箇所だけだったのは残念でした。

黒板塀武家屋敷


400年という歴史のある青柳家、お屋敷の中には母屋のほかに武器蔵・武家道具館・秋田郷土館・ハイカラ館他建物がありましたが、全部は拝見できませんでした。

井戸江戸時代のお雛様


400年の歴史を思わせる井戸・その昔の武具の数々・江戸時代のお雛様・明治時代の軍服まで、色んな展示がありました。お庭に廻りましたら、秋田蕗がありました。ガイドさんの説明では、以前は大きなものがあったようですが、今は傘の代わりになるほど大きなものはなくなったそうです。

武具秋田蕗


武家屋敷周辺は、静かなたたずまいで、此処をゆっくり散策できたら、さぞ心が落ち着くだろうと思われました。時間がゆっくり流れている空間に思われました。こういう場所にもう少しいられたら、私のガサツさも少しは改良できたのでしょうに。ざ〜んねんでございました。

今上天皇が誕生した時に植えられたという桜並木、桜の時期にはさぞ見事なことだろうと思われました。桜の時期に来られたら良いナァ。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(10)  

2010年09月26日

空飛ぶだんご

厳美渓


厳美渓というところに、「空飛ぶだんご」があるとのガイドさんの説明で、そこに行って見ました。厳美渓は奇岩と緑色の清流の景勝地で、国の天然記念物だそうです。たしかに美しい眺めでした。

そこの向こう岸から、こちら岸に渓谷をまたいで鉄線が張られていました。そこに籠が下がっていて、その中にお金を入れ、備え付けられている木の版をコンコンと叩くと、その音を聞いたあちら岸のご主人が籠にくくりつけられている紐を引きます。

人気空飛ぶだんご


籠が向こう岸につくと、ご主人はお金の分のだんごの箱とお茶を入れ送ってくれます。団子が入ってくるときはかなりの速度で飛んできます。1箱400円でみたらし・ゴマ・あんこの3種類の串だんごが入っています。

この籠が行ったり来たりするさまが、大人気で観光客が群がっていました。よく見るとあちらのお団子やさんのお店の前は道路です!わざわざ空を飛ばなくてもだんごは買えるのでしょうが、渓谷を行ったりきたりするさまが、人気になっているんでしょうね。

確か以前、テレビで見たような気がします。これは良い思いつきですね。なんでも売り切れるとそれでオシマイだとか。夕方にはたいてい売り切れているそうです。大繁盛ですネェ。


leltugo123 at 03:00|PermalinkComments(10)