2012年10月

2012年10月31日

「りんごっこ」表彰される!

この地区でもう、20年も続いている子育て支援「りんごっこ」の活動が認められ、社会福祉協議会から表彰されることになりました。10月24日(水)午前10時開会と言うことでしたから、応援団?として愛育の役員さんと会場に駆けつけました。
受付式典




りんごっこ担当のNさんが、表彰者の受付を済ませて所定に位置に。私たち応援団は前のほうの席に陣取りました。時間通り式典が始まり、その中で表彰されます。日頃の活動が認められた団体は、2つだけでしたから、それぞれ表彰してくださると思い、写真を撮ろうと前に出て待機していたのですが、2つだけなのにもう一つの団体が代表で頂くことに・・・・・エ〜〜ッ! 折角カメラを構えていたのにぃ〜ッ!
りんごっこ担当

仕方がないので、終わって外に出てから看板のところで記念写真です。この3人の方たちが「りんごっこ」担当で、月2回3歳未満のお子さんとママたちの活動を支援し続けています。20年前に立ち上げた〇井さんは、今、お姑さんの介護をされていますので、会場にお見えになりませんでしたが、きっと喜んでいて下さることでしょう。
阿木曜子さん講演





式典の後、作詞家の阿木曜子さんの講演がありました。阿木さんご夫妻は素晴らしい曲を作り続けていますから、良くご存知だと思いますが、とても仲がよろしいようで「私の話にはノロケがつきものです」と言われたとおり、お互いに「君は可愛いよ」「あなたはステキよ」と毎日言い合っているんだそうです。

と言うぐらい、「誰よりも一番近くにいる人を大事に思うようにしてください」と言うメッセージが込められていたように思います。皆口々に「そうしてないよねぇ・・・・・」 この日から反省して、実行しようと心に誓いあいましたが・・・・・・さて、実行しているかな??


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 地区の出来事 

2012年10月30日

「ハロウィン」仮装デモ

信玄公前原発いらない稲藁のお化け






甲府でも毎週金曜日の6時から、「脱原発」デモをしていることは何回か書き込みましたが、26日(金)の夜は、「ハロウィンの仮装をして、デモ行進をしよう」と申し合わせていました。私も100円ショップで、ハロウィンの仮装グッズを買い持参しました。6時、信玄公の前には仮装した子どもたちも集まってきました。中には稲藁で大きな被りもののお化けを作ってきた人もいました。

カメラマン毎回







皆思い思いに仮装して、さぁ出発! 「原発反対」「再稼動やめろ」大人も子どもも大きな声でコールしながら歩きます。少し歩いたところで、若者達が拍手して迎えてくれ、少しの間一緒に歩いてくれました。高学年の子どもが持った太鼓を低学年の子どもが懸命に叩いたり・カボチャのおばけ提灯を手にしたり、この子ども達のために、出来る限りこのデモに参加しなくては!今回は今までで一番多い人数だったかもしれません。報道のカメラマンも何社か撮影しながら一緒に歩いていました。お身体のご不自由な方も杖をつきながら毎回参加されていて、頭が下がります。

東電前仮装した子どもたち






いつものように東電の前で、それぞれの思いを訴えました。その中でも「福島原発告訴団」の訴えもありました。東電の社員は中で毎回聞いてくれているようですが、どんな気持ちで仕事をしているのでしょうね。10名以上いた子どもたちに集まってもらい仮装の記念写真を撮り、又駅前に向かって行進です。

柿



駅前に着いたら、北杜市の方が、柿を沢山剥いて来て下さり、皆さんに配っていました。私の頂きましたが、甘くて美味しい柿でした。お菓子を配る人もいたりして、和やかな雰囲気で終わりました。

毎週金曜日・夜6時、信玄公前から東電まで往復します。お時間がありましたら、子どもを守るために、参加してみませんか。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(4) 平和 

2012年10月29日

福島原発告訴団説明会

有機村



10月24日(水)美術館の東で、自然食品を販売している「有機村」で、福島原発告訴団の説明会と受付がありましたので行ってきました。買い物がてら・・・・・と思っていましたので、少し早めに行き、お店の中であれこれ見て廻り、ワサビやゴマ・砂糖などを買いました。

第1回は3時からの開催でした。はじめに告訴の意義や手続きの説明がありました。告訴なんていうと大ごとのように思いますが、署名と捺印をすれば弁護士さんが手続きをしてくださいますので、入会金の1,000円と共に提出すれば後は一切、負担はかかりません。

そして6月11日に告訴をした時のドキュメンタリーが上映されました。ここに「福島原発告訴団」告訴声明を転記いたします。

武藤さんの訴え




「福島原発告訴団」告訴声明     2012年6月11日
今日、私たち1,324名の福島県民は、福島地方検察庁に「福島原発事故の責任を問う」告訴を行いました。
事故により、日常を奪われ、人権を踏みにじられた者たちが力をひとつに合わせ、怒りの声を上げました。告訴へと一歩を踏み出すことはとても勇気のいることでした。
人に罪を問うことは、私たち自身の生き方を問うことでもありました。しかし、この意味は深いと思うのです。
・この国に生きるひとりひとりが大切にされず、誰かの犠牲を強いる社会を問うこと
・事故により分断され、引き裂かれた私たちが再びつながり、そして輪をひろげること
・傷つき、絶望の中にある被害者が力と尊厳を取り戻すこと
それが、子どもたち、若い人々への責任を果たすことだと思うのです。
声を出せない人々や生き物たちと共に在りながら、世界を変えるのはわたしたちひとりひとり。
決してバラバラにされず、つながりあうことを力とし、怯むことなくこの事故の責任を問い続けていきます。
  「福島原発告訴団」告訴人一同

告訴受付



福島で原発を告訴したことに呼応して、山梨でも新潟・長野と一緒に(甲信越)運動に加わっています。

福島原発告訴団・甲信越の呼びかけの文です。
3・11原発震災から1年以上が経ちました。今なお、私たちは心休まる時がありません。
この間、東京電力は悲惨な事故を引き起こし、多大なる損害を与えた企業としての責任をどれだけ果たしてきたでしょう?
どうして、これほどの事故を起こしながら、検察による取調べがないのでしょうか?
疑問と怒りが、胸の奥からわき上がってきます。

みなさん、
東電、そして原発推進政策をすすめてきた国を、私たちの手で告訴・告発しませんか
きちんと責任を取ってもらうために。
検察に捜査するように要求しませんか。
自分たちの人権と命を守るために。
一人ひとりがこの被害を訴えましょう。

ドキュメンタリーの中でも、「陳述書」が読み上げられ、その中で苦悩する避難住民の悲痛な言葉に大きな怒りがこみ上げました。何の罪も犯した覚えはないのに、住みなれた場所を追われ、避難しなければならない不条理・生活のために母と子だけが避難して夫は福島に残ったが、夫も限界なので、福島に帰ったほうがいいのかと悩む母と子・避難したために卑怯者呼ばわりされていること・・・・・一言一言が心に突き刺さりました。

その場で何人かの人が申し込み、知人に勧めるからと書類を持ち帰る人もいました。勿論私も申し込みました。
31日まで申し込めますので、今すぐ福島原発告訴団・甲信越事務局 090-4413-9564 へお電話して申し込んで下さい。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 平和 

2012年10月28日

プラハ混声合唱団

音楽会のお知らせをもう一つ。プラハ混声合唱団の山梨公演があります。

プラハ混声合唱団は、1945年に創設されたチェコを代表するアマチュア混声合唱団で、国内はもとより、ヨーロッパ各地の合唱コンクールで優勝を経験し、チェコ随一の実力合唱団としてその名声を確かなものにしています。この公演は「やまなし国文祭応援事業」として、甲府市内在住のソプラノ歌手・川口聖加さんも出演します。今年4月、川口聖加さんのリサイタルをお聞きして、すっかりファンになっていますので、川口さんのお声を聞かせていただけるのが楽しみです。賛助出演で韮崎市民合唱団も出演します。

プラハ混声合唱団と川口さん

下記のように開かれます。国文祭の応援事業だからでしょうか、とてもお安い料金なので、年金暮らしの高齢者には大助かりです。お時間が取れましたら、これはオススメの公演です。

日・時 11月8日(木) 18:30開場 19:00開演
場 所 東京エレクトロン韮崎文化ホール
           TEL 055-284-3411
料 金 一般 1,000円・高校生以下無料(要整理券)

  お問い合わせは、
プラハ混声合唱団山梨公演実行委員会 
TEL 055-288-9177(090-3547-4039)


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2) 音楽 

2012年10月27日

5人の歌姫

県内出身の5人の声楽家による音楽会があります。
富士川町出身の青柳理恵さん(ソプラノ)・笛吹市出身の伊藤千恵子さん(ソプラノ)・甲府市出身の上田史香さん(ソプラノ)・市川三郷町出身の志村香織さん(メゾソプラノ)・富士吉田出身の白須ヒロミさん(ソプラノ)の5人の歌姫の声がお聞きになれます。

ピアノは藤巻郁さんと高田圭さん、この高田さんは以前,私が大変お世話になったお隣の自治会にお住いの高田さんのお嬢さんで、3代に亘る音楽一家の出身です。

下記のように開催されますので、「芸術の秋」を堪能してみませんか。

5人の歌姫〜愛と祈り〜12・2音楽会

日 時 12月2日(日) 
     13:30開場
     14:00開演

場 所 コラニー文化ホール

入場料 一般 2,000円
 学生(高校生以下) 1,500円

チケット取り扱い
文化ホール055‐228‐9131 
内籐楽器055-235-7111 
河合楽器製作所甲府店055-241-9220 
岡島友の会055-231-0619

アヴェ・マリア・落葉松・ペチカ・雪の降る街を・女心の歌・クリスマスメドレーなど、お馴染みの曲を聞くことができます。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 音楽