2016年11月

2016年11月30日

あやめ会

難を引き上げるお茶が美味しい








11月のあやめ会は21日午後開かれました。
この日は来年3月に開かれる「健康まつり」に出品するために、ヒグチさんに指導をお願いして、縁起物を作ることになっていました。南天の枝に船頭さんを9人並べて「難を引き上げる」のだとか。
7センチ四方のちりめんの布を折って糸で止め、船頭さんを9つ作ります。それに真珠玉位の頭をつけ南天の枝にボンドで付けるのですが、先頭の1つだけは逆向きにします。先頭の頭に鉢巻をつけて、後の8つは紐を結んだものを帯のように後ろにつけます。
とこれだけの作業ですが、何しろ布がちりめんなので、思うようにならず動いてしまって皆さん四苦八苦。3つから5つぐらい作ったところで、「後は家でして下さい」と宿題に。来月仕上げることにして、後は楽しいお茶会。


談笑








当番さんが自家製の漬物をはじめ柿やリンゴも剥いてきてくれ、会員から無花果の砂糖煮の差し入れもあったりで、賑やかなお茶会になりました。
「こんなにいただいたんでは夕飯はいらないね」と言うほどたっぷりのお茶請けを頂いて、お喋りとお茶でストレスを吹っ飛ばして解散しました。
月1回の集まりでも、一堂に会して楽しい時間を過ごすことが「健康で長生き」に繋がるのでしょうね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 | 地区の出来事

2016年11月29日

新しい入れ歯

歯みがきセミプロ協議会が、18日午後歯科センターで行われました。
その勉強会で「ノンクラスプデンチャー」と言う入れ歯があることを初めて知りました。
今、入れ歯治療として主に知られているのは、インプラント治療・ブリッジ・入れ歯の3つが知られていますが、この「ノンクラスプデンチャー」も入れ歯です。この入れ歯は、金具を使用しませんので、入れ歯と気づかれず、見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯にうまく溶け込みます。


ノンクラスプデンチャー



インプラントは外科手術でチタンと言う金属を口に埋め、それを覆うように歯をかぶせます。見た目も美しく自分の歯の様な感覚を手にすることが出来ますが、外科手術をしますので高額になり身体に負担もかかります。治療時間も長くかかりますので、避ける方も多くなります。又、インプラント治療に乗り出す歯科医が多くなり、信頼できる歯科医を選択することも難しくなっています。

ブリッジは、歯が抜けてしまったところの両隣になる歯を削って土台をつくり、欠損してしまった歯の部分を橋渡しするようにして人工の歯を入れて補います。橋を架けることに似ているので「ブリッジ」と言われています。見た目は自然で費用も安く済みますが、両隣の健康な歯を大きく削らなくてはならないことがデメリットです。

ノンクラスプデンチャーは金具を使用しない入れ歯です。パッと見ただけでは入れ歯とは分からないほど天然歯にうまく溶け込みますが、保険が効かないため高額になります。
素材が軽くて柔らかいため、装着感も普通の入れ歯に比較して違和感が少ないため、お口にフイットした入れ歯です。又、丈夫な素材なので落としても割れません。
この入れ歯が保険が効くようになると良いですね。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 健康 

2016年11月28日

西公民館フェス最終回

さくら自彊術コスモス女性学級








西公民館フエスティバル2016の最終回は明日29日までです。
最終回はひまわり女性学級・コスモス女性学級・ひだまり・さくら自彊術・篆刻の5つのグループの作品展示です。


篆刻ひだまり








どれも皆、素晴らしい作品や研究発表、練習風景です。
わざわざ見に行く価値がありますよ。



ひまわり女性学級


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) お知らせ | 地区の出来事

2016年11月27日

設立総会に小林節氏

11月29日(火)に開催される「安保法制違憲訴訟やまなし」(通称あんぽなし)に、安保法制は違憲だと政府に意見を述べた小林節氏が来てくださいます。駆けつけて「激励講演」をしてくださるとのことです。
小林節氏はご存じの通り、憲法学者として著名な方ですが、6月4日の立憲主義や(日本国憲法)制定の経緯などを議題として開かれた衆議院憲法審査会に、長谷部恭男・笹田栄司氏とともに、参考人の憲法学者として出席し、2015年の通常国会で審議されている安全保障法案(平和安全法案)の、特に集団的自衛権行使の点について、長谷部・笹田両氏と共に「違憲」と表明しました。


設立総会



この設立総会でも、「国民怒りの声」をお聞かせくださると思います。
是非、ご参加ください。

「安保法制違憲訴訟やまなし」設立総会

11月29日(火) 午後2時〜4時

会場 敷島総合文化会館2F研修会A&B


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 平和 

2016年11月26日

昇仙峡

自分が車の運転をしたいという思いもあったのでしょう、息子が「紅葉でも見に行くか?」
勿論「行こう行こう」と出たがりの私のこと、早速車に乗り込みました。「1時間だけだぞ、昇仙峡で良いら?」「どこでもいいよ」


和田峠7紅葉










昇仙峡への道は何本かありますが、この日は和田峠を登りました。上りだしたら「楓並木」 道の両端に真っ赤に色づいた楓が続きます。紅葉真っ盛りで美しいこと!盆地の向こうに富士山もよく見えて、観光客らしい県外ナンバーの車が止まり、盛んにシャッターを押しています。



賑い象徴










千代田湖を通り過ぎ昇仙峡へ。千代田湖ではボートが何隻も出ていて釣りをしているようでした。
昇仙峡の駐車場は車で一杯。県外車が多く見られました。
影絵美術館を通りすぎて、昇仙峡の象徴・覚円峰を左に見ながら金桜神社まで登りました。
この道は息子が高校生の時3年間、毎年強歩大会で走った道だとか。「この辺から苦しかった」「ここまで来てもまだ先があるのか・・・と思った」
それでも、1〜2年生の時は2位、3年生で全校優勝したんですよ。受け持ちの先生が、自費でパンを10個も買って「みんなで食べろ」と下さったのに、一人で全部食べてしまった!なんて笑い話もありましたっけ。



富士山と雲海





「敷島に抜けるか」と言われましたが、和田峠のもみじをもう一度見たいからと、来た道を引き返しました。
下ってくると、盆地全体に霞がかかっていて、雲海の上に富士山が見え、幻想的な風景を目にすることが出来ました。
ちょうど1時間、いいドライブでした。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(0) 見て歩き