2回

2014年06月28日

山梨平和ミュージアム7月企画

戦争に参加する国にしようとしている政権に対して、一貫して平和の素晴らしさを発信し続けている山梨平和ミュージアム。この時期だからこそ、戦争を知り学ぶことがますます必要になってきています。7月は2回、そんな機会を作りました。今から予定に入れてぜひご参加ください。

と き 7月6日(日) 午後2時〜4時
ところ 山梨平和ミュージアム
       TEL 055-235-5659

 埴原正直と石橋湛山

|麒涜膸函埴原正直の生涯
    雨宮正英氏(郷土史研究家)

明治・大正期の日米外交に力を尽くした山梨出身の外交官、埴原正直(1876〜1934) 駐米大使時代に「排日移民法」騒動の中で表舞台を去ることになった悲劇の人物に光をあて「駐米大使・埴原正直」を著した雨宮さんに彼の生涯を語って頂きます。


⊂原正直と石橋湛山
    浅川保氏(県立大学講師)

埴原正直の早稲田大学の後輩にあたる石橋湛山が、1925年11月22日、埴原に宛てた手紙が残っている。石橋湛山に詳しい浅川さんより、手紙を通しての埴原と石橋の因縁浅からぬ関係や、日米問題や移民問題についての湛山の考え等を語って頂きます。

2014-7月企画

と き 7月27日(日) 午後2時〜4時
ところ 山梨平和ミュージアム

語る・考える、ヒロシマとフクシマ

々島に投下された原爆
    中島辰和氏(甲友会事務局長)

中島さんは10歳の時広島で被爆、現在、山梨県原水爆被害者の会(甲友会)の事務局長として、被爆体験を語りながら、核廃絶・被爆者援護活動をされています。ご自身の体験を踏まえ、広島に投下された原爆について語って頂きます。


▲侫シマの汚染は今
    高橋智子氏(山梨大学准教授)

高橋さんは58年生まれで現在、山梨大学生命環境学部准教授。科学者会議山梨支部幹事。専門は科学技術史で原子力の歴史を調べています。3・11原発事故後は福島に何度も足を運び、放射能測定や現地の人々と交流をされています。そのフクシマの今を話していただきます。


1人でも多くの方にお聞きいただきたいと、お待ちしております。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2)

2013年06月28日

山梨平和ミュージアム・7月企画

毎月戦争にかかわるお話を伺っている山梨平和ミュージアム・7月の企画は14日と28日の2回開かれます。ご自身の戦争体験をお話しできる人が年々減っている今、この講演会は貴重なチャンスです。今から予定に入れておいて、是非ご参加ください。
7月2回目は、今展示中の原発に関しての講演会・これも浜岡原発近くに住んでおられる方が、今の状況をお話しくださいます。浜岡原発で事故が起これば、山梨には大きな影響があります。原発もまず知ることから始まります。この機会に原発についても学びましょう。

と き・・・・・7月14日(日) 14時〜16時
ところ・・・・・山梨平和ミュージアム
           (TEL 055-235-5659)


戦時下の体験を振り返る
     |翅嫉雄氏(元牧師・歯科医)

 
 中国での戦争体験
中村さんは、1921年生まれ・今年82歳です。甲府中学時代に飯田龍太と親交がありました。1942年21歳の時召集され、口腔外科の知識を持つ歯科医・将校として中国戦線に。そこで見たものは・・・・・ご自身の体験談を話してくださいます。戦後は歯科医・牧師として、甲府協会の設立や戦争体験の継承等に尽力されています。


    楠 博至氏(1級建築士)

  甲府空襲・悪夢の体験
楠さんは、1933年甲府市生まれで、湯田小学校6年生の1945年7月6日夜、甲府市中心部で空襲を体験しました。そこでの悪夢の体験は「伝えたいあの戦争供廖併獲故郷文庫)に詳しく書かれています。生々しい体験談をお聞きすることが出来ます。

2013・7月企画


と き・・・・・7月28日(日) 14時〜16時
ところ・・・・・山梨平和ミュージアム

浜松原発を考える
    
^貌 実氏(浜岡原発を考える会)

  
現地からの報告
伊藤さんは浜岡原発から1km弱の至近距離に住み、地元住民による「浜岡町原発問題を考える会」の代表として地元で学習会等に取り組んでいます。浜岡原発をめぐる最近の状況を現地から報告していただきます。


    ⊇山紀勝氏(元朝日新聞記者)

 
 浜岡原発と山梨
秋山さんは1942年生まれで、元朝日新聞記者です。現在日本ペンクラブ会員。NPO法人芸術文化振興センター常務理事をされています。記者として福島に勤務した経験をもとに、今年3月10日付山日新聞『時評』に、浜岡原発について執筆されています。

2回とも聞き逃したくない講演です。是非ご都合をつけてお出かけください。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2)

2012年07月03日

平和ミュージアム7月企画

会館6年目に入った山梨平和ミュージアム・7月企画は2回開催されます。2回とも実体験をお話頂きますので、貴重な機会です。今から予定に入れて当日は是非お出かけください。
平和ミュージアムのチラシから呼びかけの文です。
2012・8月企画

戦後67年の夏を迎えました。YPM(山梨平和ミュージアム)では「繰り返すまいあの戦渦、伝えたい平和の尊さ」をテーマに、7月は15日と29日の2回、戦争体験者をお呼びし、下記の要領で体験・証言を聞く会を行います。大勢の参加で実りある会にしたいと思います。お誘い合わせご参加ください。


と き 7月15日(日) 14時〜16時
ところ 山梨平和ミュージアム
      TEL055-235-5659

甲府空襲から67年

_談弍拏せ
 甲府中3年生の時、御崎(現美咲)町で甲府空襲に遭いました。

大澤英二氏
 相生小6年生の時、泉(現相生)町で家族7人で空襲に遭いました。

お二人の空襲体験と戦後の歩みを通して、戦争と平和の意味を考えたいと思います。

   
    ☆☆☆☆☆☆   ☆☆☆☆☆☆


と き 7月29日(日) 14時〜16時
ところ 山梨平和ミュージアム
      TEL055-235-5659

戦時下の体験・証言を聞く

(村紫郎氏
 49連隊〜シベリヤ抑留体験・生き証人の貴重な体験談です。

∋飴淦菊岨
 特攻(回天)で戦死した弟(直さん)について、お話いただきます。



当日は会場でお待ちして居ります。


leltugo123 at 00:30|PermalinkComments(2)

2010年05月27日

リコール?

「ちょっとぉ〜、もしかしてこのカメラ・リコールになってません?」家電量販店で、思わず語気が荒くなりました。

だってだって、カメラを買って1年もしないうちに、2回も故障するなんて!絶対おかしいと思いません?

カメラ

この前は、半年もしないうちでしたので、「丁度在庫がありますから、同じ機種の新しいものと取り替えます」と、全く新しいものと取り替えてくれました。

そして、又半年もしないうちに全然動かなくなりました。「修理してもらったんじゃなくて、この前は新しいものと取り替えてくれたんですよ」「今回は在庫がありませんので、修理ということになります」「1年しないうちに2回もということは、不良品じゃありません?リコールされていませんか?」「いえ、リコールにはなっていません」「でもおかしいと思いませんか」「確かにそうですが、人間が作るものですから当たり外れもあります」

じゃ、私のところに来た2台とも、外れ!なのねっ!!修理には2週間もかかるそうですが、直すしかないとしたら仕方がありません。「代金を足しても他の機種と替えて」とも頼みましたが、それもダメ。んもぅ〜 最悪です。

古いカメラ


15年程も前に買った古いカメラは、まだ健在で、一度も故障したこともありません。使い勝手が悪いので、使われなくなっていますが、まだ充分使えます。

お帰り


修理されて返って来たカメラ、今度はちゃんと働いてよねッ! 保障期間中でしたから、修理代はかかりませんでしたが、なんか納得できません。

デジカメって半年ぐらいで替わっていくんだそうですね。そんなに替えてばかりいるから故障も多いんでしょうね。メーカーはちゃんとしたものを長く使うように考えて欲しいものです。


leltugo123 at 10:03|PermalinkComments(10)