neo
ネオスチームをやってみた。

ジャンルはMMOでクリックゲー。
リネージュとかと一緒ですね。

このゲームの特徴はネオスチームという
エネルギーの存在。



一定時間毎に支給されて、強い技やら飛び道具の弾やら、
後は生産する時につかったりと結構重要な役割です。
乗り物の燃料になったりもするみたい。

キャラクターメイク時に性別は選べなくて
人間と、動物と小人とエルフから選ぶ。
女性型なのはエルフだけ?
実質4種類しかない。これは寂しいな。

見た目は普通。特に綺麗でもなく、ヘボくもなく。
最近でたハイエンド型よりは若干劣るけど
別に綺麗な画像でゲームしたい訳じゃないので
私は重くなくて、見た目それなりなら十分だと思っています。
チュートリアルやクエストボードが比較的秀逸で
受けた依頼をどう進めれば良いかが判りやすい
(MAPに旗が立ったりする)

ただ、スキルやらレベルやらが韓国ゲーにありがちな
マゾマゾ仕様で初期から殆ど成長しない。
Lv15まで上げましたがそろそろ普通にキツい。

なんか、スキル放置上げ用の機械が有って
それにキャラ入れて放置しとくと
スキルが自動的に上がっていくようですが。

韓国では接続者数で国から補助金が出る制度なので
こういった接続放置してもらえるシステムが普通にあります。
放置露店タイプが多いのも、その理由ですね。

※因みにスキルレベル9→10にするのに放置で1年位掛かる計算に。
 おいおい、と思ったら、800円出せば1レベル上げれるアイテムが…

しかし、対人戦もあるというゲームで
Lv上げがキツいのは正直しんどいなー
しかも眠くなるクリックゲーだし。


生産に関しては、Lv10で転職できた物の、まだ一度も出来ていません。
それには、理由があって

まず1個目、任意の素材が集められないから。
素材屋のようなものが無くて、欲しい物が欲しい時に手に入らない。
敵から時々出るものを集めておいて作るしかない。

はっきり言って、初期はこんな面倒な事して材料集めたりするより
店から直接現物を購入する方が楽なんですね。
後、人が少なくて物流が殆ど無いというのもあります。
FFのような競売トレード方式なら
オン人数が少なくてもそれなりに流通を確保できますが
露店方式だと、それも期待できない。

うーん、とりあえず
ある程度生産のレベルを上げてみるまではやってみる心算だけど
ちょっとキツそうだなぁ…

後、面白いと思ったのが、レベル毎に開けられるようになっている箱アイテム。
一番最初から所持品に入っている箱があるのですが
これが一定レベル毎に開けられるようになっていて
中には装備品が入っている。

それも箱が開けられるようになるレベルの一つ上の装備品が。
つまり、この箱を開けて、レベルを1個上げて装備して
そして次の箱を開けれるレベルまで上げて、また1つレベルを上げて…と
これが38まで有るわけです。

初期の何を購入すべきかがわからないような状態の中で
このような形で装備品を支給してくれるのは非常にユニークで面白い。
これだと戦闘を楽しむ事だけに専念できます。

箱の中には装備品のほかにも色々入っていて
自己BUFFアイテムやら、回復アイテムやら、武器強化アイテムやら
本当に様々な物がありました。

自己BUFFの中でも、移動速度UPの物はかなり便利で
初期からこういった快適な環境を作り出せるようになっているのは良いね。

システム自体はちょっとマゾいと感じた物の、まぁ、普通のゲーム。
ゴールデンタイムでも殆ど人が居なかったのが気になるけど
結論はもうちょっと遊んでみてからかな。