昨日から栗(クリ)と胡桃(クルミ)の収穫を始めました。
 収穫と言っても木になっている実を穫るのではなく、栗拾い、胡桃拾いと言うべきかなと思います。
 栗の木の下に落ちているイガグリを探します。
P_20190912_111736
 こんな感じで落ちています。
P_20190912_111603
 これを長靴と火ばさみで実を取り出します。
 一斉に落ちてこないので、毎日、落ちているか確認します。落ちた栗は早く回収しないと、動物や虫に食べられてしまいます。
 この栗の木は、他の栗の木に比べて収穫が早く、実が大きいです。
 親父が、何の種類の栗の木を植えたのか分かりませんが「銀寄」ではないかなと思います。
 私自身は、栗はそんなに食べたいとは思いません。鬼皮、渋皮をむくのも面倒ですし。

 こちらは胡桃です。
P_20190914_095311
 皮というか果実に入っています。
P_20190914_095514 
 長靴で踏みつけると、中から種のような胡桃が出てきます。
 これを干して乾燥させると、よく見る胡桃です。
 胡桃も落ちてきたものを動物に盗られる前に回収します。
 以前に「 クルミ 」 鈴なりです。で書いたように、堅い殻から食べる部分を取り出すのは非常に難しいです。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村へ


田舎暮らしランキングへ



栗羊羹・抹茶羊羹(各5個)10個入り 木箱 京都 和菓子 京菓子 贈答 敬老の日 ギフト お中元 御歳暮 お歳暮 御年賀 お年賀
栗羊羹・抹茶羊羹(各5個)10個入り 木箱 京都 和菓子 京菓子 贈答 敬老の日 ギフト お中元 御歳暮 お歳暮 御年賀 お年賀