2011年07月

今日の草野球

本日は、ここのところの雨の影響で
グランドコンディションが悪く中止となってしまいました。
今シーズン初の中止でした。

今日のグランドは水はけがいいところなので
このくらいなら出来たのでは…と思いますが、
審判部の決定ですのでしかたありません。

今年は開幕が遅かったのに、試合消化が順調なので
一試合くらい中止になっても全然問題ありません。

これまでには、土日に雨が多かった年もあり、
日程が遅れたことも多々あります。

一番ひどかった年は、最終戦が翌年に持ち越しになったこともありました。
11月くらいまでずれ込むと、朝6時ではまだ暗く
試合開始時間を遅らすことになってしまいます。
さらにその時期では朝はかなり寒いので、
入念なウォーミングアップが必要になります。
出ている選手は体も多少温まりますが、
コーチャーや審判はあまり動かないので寒くて大変です。

最終戦はおそらく来週だと思います。
また仕切りなおして、リーグ戦最後に気持ちよく終わりたいと思います。

ツバメ日記

ほんとに成長が早いです。
ツバメひな9

まだ飛べるほどではありませんが、すっかりツバメらしくなってきました。

右から2番目のが、
おそらくこの間落ちてしまった子ではないかと思われます。
エサの与え方に不公平は無いであろうと思いますが、
こうしてみても大きさがバラバラです。

そろそろ巣も手狭になってきました。
多少成長にばらつきがあるのは、飛べるようになった子から
どんどん巣立っていかせるためもあるのでしょうか。

一番小さいのが少し心配ではありますが、
元気はあるようなので、無事に巣立っていけると信じています。

良く見ると胸元の柄がそれぞれなので、
そこで見分けられるのかと思いました。
名前を付けたりまではしませんけど。

巣立ちの時には何とか写真におさめたいです。
今年はきっと最後になるでしょうから、
無事に巣立つ瞬間を、全員ではなくともしっかり残しておきたいです。

夢ってヘンですよね

夢はどうしてうまく説明できないような内容なんでしょう?

自分の頭の中ではつじつまが合っているような、
でもそれを言葉にして、人に伝えたりしようとすると
うまく言葉に出来なかったりします。

夢の中では全然違和感が無いのに、夢から覚めてみると
なんなんだ…と思うような内容が私の夢にはよくあります。

自分の頭の中にある情報しか見られないように思えますが、
全然見たことがない場所や、会ったことも無い人が
出てくるのはめずらしくありません。

人の場合は顔がはっきりしない時もあります。
しかし場所は結構はっきりとしているのですが、
起きてから考えても見たことが無い風景だったりします。
今まで見た風景がブレンドされたものなのでしょうか。

ただ、若かりし日を思い起こしてみると、
普段あまり気にもしていなかったクラスの女の子が
急に夢に登場してしまったもんなら、
その日一日、その子が気になってしまったようなこともありました。
恋に発展したり…なんてことはありませんでしたけど…。

内容と起きた時の胸に残っている感情が、
全然違う時もあります。
好きな子が出てきた夢なので嬉しいはずなのに、
起きたらものすごく切なかったりします。
なぜなんでしょう?…不思議です。

特に解明したいとも思っていないのですが、
もし、思った夢が見られるようになったらいいなー、とは思います。

今日も心安らぐ素敵な夢が見られますようにー!

最近よく蚊に刺されます

一日に一回は蚊に刺されています。

去年はほとんど刺された記憶がありません。
体の周りに蚊がくるとすぐにわかり、退治していました。

ところが今年は完全に、好きなだけ吸われています。
去年より鈍くなってしまったのでしょうか…。

蚊に刺されないようにする方法や、
刺されたらどうしたほうがいいかなど、
いろんな情報がテレビやラジオで言われています。
でもテレビやラジオで言うなら、使える又は正しい情報に
してもらいたいものです。

蚊が止まったら、ギュッと力を入れれば蚊が動けなくなるとか、
最後まで吸わせればあまり痒くないなどは、
ちょっと?????ではないかと思います。

また、日本には四季があるので、蚊は夏にしかいませんが、
常夏の国には一年中蚊がいるため、一年中刺されるのだそうです。
そうすると体に免疫が出来て、刺されても痒くないのだそうです。
日本は冬になると蚊が出ませんので、例え免疫が出来ても、
冬の間に無くなってしまうとのことです。

…へ〜、という話ですが、日本には当てはまらないので
役には立ちません。

小学校の時に、軍人経験がある先生が、
蚊に刺された時は、そのへんにある雑草の葉っぱを、
何でもいいから3種類とって、それをもみ合わせた汁を
つけておけばすぐ治る、と教えてくれました。

尊敬している先生なので、今でも信じていますが、
今まで実践したことは一度しかありません。
その時は、「言われてみれば…!」くらいな感じでした。
すぐには治りませんでした。

その時はすごく痒いですが、通常なら一日で引いてしまうことなので、
我慢すれば大したことではないのですが、
でもやっぱりあの痒さ、ムカつきます!!
現状は、見つけたら徹底的にやっつけることと、
刺されたら掻かずにムヒを、痒くなくなるまで塗り続けること、
これで凌いでいます。

これも風物詩の一つといえばそうなのでしょうが、
これだけはいつも邪魔だと思ってしまいます。
これが無ければ、夏サイコー!なんですけど…。

ツバメ日記

セカンドシーズンは順調だったのですが、
今日ヒナがまた一羽落っこちてきてしまいました。

ほんとは…いけないんですが…自然の掟では…。
でもどこも傷んでいないようだし、
そのままそこに放置することも出来ず、巣に戻してしまいました。

隣のお店のお兄さんが、落ちた時に外にいて
「ヒナが落ちてしまったんだけど、脚立あるー?」と
声をかけてくれて、巣に戻すのを手伝ってくれました。
彼もいつもツバメをあたたかく見守っている一人なので、
心配そうにしばらく見てました。

巣に戻しているときに、親鳥が餌を運んできて、
でも特に威嚇されるようなことはありませんでした。
ただ、羽音をあんな間近で聞いたのは初めてだったので、
びっくりしたのと、ちょっと感動しました。

その後も親鳥は餌を運び続けていましたが、
落ちたヒナがどれだかわからなくなり、
ちゃんと餌をもらえているのかわかりませんでした。

またしばらく様子を見ることになります。
何とか無事に、何事も無かったように
このまま育ってくれるといいのですが…。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ