2014年09月

今年もV間近!

巨人の優勝マジックが一桁になりました。
ここから逆転は、まずされないでしょうから、
リーグ優勝の三連覇は間違いないところです。

しかし、選手の個人成績で見ると、
よくトップにいるな〜、と思うくらいたいしたことありません。
長野が三割にとどくかどうかというところですし、
投手もずばぬけた成績を残してはいません。

そんな状態だから、打順がコロコロ入れ替わっても
しかたがないのかもしれません。
が、やはり今年は打順を動かしすぎです。

原監督は選手に好き嫌いがあるんじゃないかと
思ってしまうくらい、簡単に交代してしまうし、
二、三日打てないくらいで打順を下げてしまうのは、
信用とか信頼とかの問題ではないように思えてきます。

意図ありきの入れ替えなら問題ありませんが、
どうもそういう感じはしません。

いまこの位置にいるのですから、問題は無いのでしょうが、
「横綱巨人」といえるかといえば、疑問です。

投手陣にちょっと不安はありますが、
野手陣はいい選手いっぱい揃っています。
打順を固定しても、控えにこれがいるのか!と、
相手が思うくらい選手の層は厚いと思います。

四番は慎之助か村田。
それ以外の選手は今のところ四番に座る選手じゃありません。
セペダは四番バッターですが、巨人では必要ないでしょう。
松井のような四番バッターはそうそう出てきません。

太田が四番バッター向きですが、そこまで育っていないので、
次の四番バッターが育つまでは、
慎之助と村田に四番をつとめさせるべきです。

と、私は思います。
もちろん巨人ファンだからこそ、こうあって欲しいという、
理想での意見です。
どっから切っても強い巨人であってもらいたいのです。

いちファンの勝手な意見はともかく、
去年はマー君に日本一を阻まれましたから、
今年は日本一奪回に向かって突き進んで欲しいです。

まずはリーグ優勝、そしてCS優勝!
頑張ってください!原監督!!

惜しくも…

ではありますが、
また、日本人選手が凄いところまで到達しましたね!

日本中がにわかに湧き上がった、全米オープンテニス決勝。
錦織圭がすばらしい活躍を見せてくれました。

残念という気持ちはもちろんありますが、
そこまで行ける日本人がいるというだけで、
またひとつ希望と楽しみを与えてくれました。

錦織選手が世界ランク上位のほうに居るのは知っていました。
四大大会以外では優勝もしているみたいですし、
日本人としては歴代最高の選手であることは間違いないでしょう。

今大会の試合放映権がWOWWOWにしか無く、
加入している方以外は、生で見ることができませんでした。
おそらくこの数日での加入者は激増したに違いありません。

テニスの試合の放送は、普段はNHKくらいで、
あとはケーブルのスポーツチャンネルくらいでしかやっていません。
これからは地上波でも放送するようになるのではないでしょうか。

共に、フェデラー・ジョコビッチというトッププレーヤーを
破ったもの同士の対決、番狂わせといえばそうなのでしょうが、
今回はそうでも、これからは二人が上位に立つようになる、
いわば新時代幕開けともいえる大会だったのではないでしょうか。

その一人が日本人、誇りに思わずにはいられません。


次の試合からは、問答無用で「優勝」の期待が
初戦からかかってきます。世界のトッププレーヤーの宿命です。
今回で終わりではありません。またこれからです。

決勝の大一番に慣れてしまうような選手に、
錦織圭ならなれるでしょう。
今日の敗戦は一通過点でしかありませんから。

日本人が世界で優勝できる可能性があるスポーツが、
またひとつ増えました。
次も楽しみですし、おもいっきり期待したいと思います!!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ