高橋由伸監督が誕生し、
コーチ陣も決まり新体制がスタートします。

一ファンとしてもまず不安があるというのが正直な気持ちです。

もちろん巨人一筋、いわゆる生え抜きのスター選手が
監督になるのは嬉しいことです。
しかし一般的には、現役引退し、解説や専属コーチなどを経て
監督となるのが王道ですから、つまり話題性で
由伸を監督に据えたと思えてしまうのが不安に繋がってしまうのです。

現役引退から直監督は、ミスタープロ野球長嶋終身監督依頼。
生え抜きで現役を全うしたとしても
そう簡単に就任できることではありません。

確かにO(王)N(長嶋)のクリーンナップに
匹敵するようなコンビといったら、松井・由伸くらいしか
思い当たりません。
そういう点ではスター性においては全く問題ありません。

しかし、現役続行の意思があったにもかかわらず、
適当な監督候補がいないからといって、
無理やり過ぎるような気がしてなりません。

と、先に監督就任のことをとやかく言いましたが、
ほんとは私が一番不満に思っているのは、
由伸のプレーが見られなくなることなのです。
不満というか寂しいというか…。

今年のプレーからしても、まだ現役続行でもいけたでしょう。
もっと出場機会があればもっと活躍できたとも思います。
それが残念でなりません。

否定的な内容なのですが、
結局は由伸監督を応援するのは決まっています。
まだ監督というイメージができませんが…。

選手としての実績は申し分ありませんので、
監督としてもきっと強い巨人に育て上げてくれると信じましょう。

それにしても、直で監督になってしまったから、
スター選手の現役引退なのに、
感動の記者会見も無しっていうのも寂しいですよね。