東北震災より五年経って、
また日本で大影響の地震が起こりました。

震災を受けられた方々の生活が、
一日も早く復旧しますように、心よりお祈り申し上げます。

それにしても、大型の地震頻度が高くなっているように感じます。
日本でもそうですが、世界的にみても各地で
かなり大きな地震が起こっています。

大きな地震が起これば、またそれでしばらく
大丈夫ということを聞いたことがあります。
でも、もうそれもあまり当てはまらなく
なっているのではないでしょうか。

今回の地震で大きな影響を受けたのは、
耐震対策が進んでいない地区だという記事がありました。
しかし、日本全国、どこで同じ規模の地震が起きても
同じことが起こるように思えます。

築何十年もたっている家屋は珍しくありませんし、
それを耐震補強するといっても、そう簡単なことではなく、
そうした建物は決して少なくないはずだからです。

やはり、自然災害に事前に備えるのは、
理屈ではわかっていても、実際には難しいことなのでは
ないかと痛感します。

日本で復旧を必要としている所が二箇所、
国はどこまで力を発揮できるのでしょう?

また、その原因となっている、
大規模地震はこの後どこを襲うのでしょう?
地球自身のみぞ知る、いえ、地球自身もわからないかもしれません。

そんな地球にしてしまった人間たちは、
これからも怯えながら地球で過ごすしかすべはありません。