冬場でオフのため、野球の話題があまりありませんが、
その中でも移籍する選手の動向が気になります。

なんと言ってもダルビッシュの大リーグへの移籍が一番の話題でしょう。

WBCが行われるようになってから、
日本の野球レベルが世界のトップレベルにあることは証明されました。

日本でプレーしていても技術的には世界のトップレベルで
あることには変わらないと思うのですが、
野球の舞台としてはまだまだ大リーグの方が上なのでしょうか。
日本の選手もいまだ大リーグに行きたがる選手が多いようです。

野球レベルがトップクラスといっても、
大リーグに挑戦した選手が、みな活躍しているかというと
必ずしもそうだとは限りません。

今までで一番活躍しているのは、やはりイチローでしょう。
そのほかにもパイオニアの野茂や大魔神佐々木などは、
成績も残しているし、活躍した選手といえると思います。

選手個人個人はそれぞれの目標を持って挑戦しているのでしょう。
ただ、日本でプレーしていた時の活躍ぶりを
大リーグで発揮できていない選手が多いように思います。

同じ野球といっても、ボールが違ったり、
試合のスケジュールや私生活は日本とは違うので、
順応性が無ければ日本と同じようなプレーをすることは
難しくなってくるのだと思います。

何も大変な思いをして大リーグに行かなくても…
と、思う部分はあります。
収入面でも、日本でやっていたってかなりの額がもらえるし、
家族のことなどを考えると、日本でいいじゃないとも思えます。

でも、やっぱり舞台としては世界最高峰の大リーグで、
自分の力がどこまで通用するかというのを、
チャンスがある選手なら誰でも試してみたくなるのでしょう。
野球をやっているので良くわかります。

野球でなくても、もっと上のレベルでと、
志す気持ちは変わらないと思います。


ダルビッシュは既に世界でもトップレベルの選手だと思います。
野球をプレーする以外の面が、
プレーにどう影響するかが心配ではありますが、
怪我さえしなければ、間違いなく活躍することでしょう。

どこで活躍しても、楽しみを与えてくれるのは変わらないのですが、
やっぱり日本でプレーする姿が見られなくなるのは
少し寂しい気がします。
まあ、スポーツニュースを見れば必ず出てくるでしょうから、
日本の野球並みに見られるとは思いますけど。

行くからには日本で活躍していた通りの、
むしろそれ以上の大活躍をしてほしいものです。
日本のエース、ダルビッシュがどこまで凄いピッチャーか、
開幕が待ち遠しくてなりません。