結局、私は第一希望さんのことを考えていたため上の空続きで、終盤の記憶があまりありませんでした。


あっという間に二周目のお話タイムが終わり、残るは最終投票カードの記入だけとなりました。
このカードでお互いの名前を書いていればカップリング成立となるそうですが、必ずしも第一希望の方とカップリングできるわけではないそうです。
第一希望の方が他の方とカップリングしてしまった場合、今度は第二希望の方...という風になっていくそうです。
できるだけ多くのカップルを生み出せる仕組みになっているようで、司会の方の説明を聞きながらなるほどと思いました。
第二でも第三でも第四でも、何か縁がつながればいいんですよね。
第一希望の人とじゃなくても、少しでも良いなぁと思った人とカップリングできたら成果なのだと思います。
けれどそんなことを考えながらも、「でもやっぱり第一希望さんとカップリングしたい!」と強く願う自分がいました。


私は迷うことなく第一希望さんの番号を一番に記入し、二番目、三番目にはアプローチカードをくれた第二希望さんと第三希望さんを記入しました。
その他にも、「特に興味はないけれど、まあまあ印象が良かったかな?」くらいの人まで番号を書いてみます。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるといいますし、この時の私は絶対に何か成果を残したい気分になっていました。





無題78






私はしっかりと見直しをしてからカードを伏せ、まわりを見渡しました。
他の人たちは悩みながら書いているのか、まだ記入中の人が多かったです。
むす男は相変わらずの姿勢で書き込んでいましたが、左手で隠すようにして記入していたので「誰もオメーのカードになんか興味ねーわ!」と言いたくなりましたが、もちろん我慢しました。





メッセージありがとうございます。
イラストを描き始めたのはここ最近ですね。
可愛いイラスト集とか買ったり、ネットの絵などを参考にさせてもらってます。





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村