全員が最終投票カードを書き終わり、いよいよ発表の時がやってきました。
私は第一希望さんとカップリングできることを夢見てどきどきしながら待ちます。


緊張感が漂う中、司会の方が一組目の番号を読み上げました。
どの人とどの人がカップルになれたかは、席の位置で分かるんですが、呼ばれたのは向こう側の席の人達なので表情がよく見えませんでした。


いいなぁ~、「あ、この人も自分のことを良いと思ってくれてたんだ!」と分かった瞬間、きっと嬉しいんでしょうね。
やっぱりお互い目を合わせて照れ笑いしたりするのでしょうか。
私も第一希望さんと照れ笑いし合いたい...。


その後、2~3組のカップルが発表されて、私のドキドキも激しくなってきました。
でももしかしてこのまま呼ばれないまま終わったりして...なんて不吉な予感もしましたが、試合はまだ終わっていないので諦めません安西先生!
と思っていたら、第一希望さんの番号が呼ばれる前に、私の番号が呼ばれました。






無題79







え?
えーっ?
第一希望さんの番号はまだ呼ばれてないのに...


私とカップリングした相手は、なんと第三希望さんでした。
そ、そうかぁ~...。
成立できたというのに、第一希望さんとのカップリングを目指していた私は切ない気持ちになってしまいました。
嬉しいんだけど、成果をあげられたのは良いことなんだけど...!!
でも、私は...。


複雑な思いに駆られていると、第一希望さんの番号が呼ばれました。
それに続く番号は...!!
もちろん私、ではありませんでした。もう呼ばれましたしね。
がっくり...。
彼とカップリングしたのは綺麗な顔をしたおしとやかそうな女性でした。
あぁ、第一希望さんと仲良く楽しく喋れたと思ったのに、そう感じたのは私だけだったのか...
それともその女性との方が楽しく話せたのでしょうか...
でもやっぱり敗因は顔なのかな...
でもどんな理由にせよ彼に選ばれなかったことだけは事実ですね。ちっくしょー!


でも誰かと成立できただけでも良いんだよね...と自分を慰めて、第三希望さんに目を向けると、ちょうどあちらも私を見ていたようで目が合いました。
にこっとこちらに会釈をする第三希望さん。
あれ?好みじゃないけど...笑った顔がなんだか良い感じ。
うーん、よく見ると結構良い男なんじゃないか?







メッセージありがとうございます。
応援ありがとうございます。でも結局綺麗な人にとられてしまいました。
やっぱり美人羨ましい!と思いながら、内面を磨く努力を続ける所存であります。





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村