ディランが東京に戻ってから3日目の公演が私の復帰戦です。
18日に行くと豪語していましたが前週末から体調を崩し胃腸炎と診断されて泣く泣く18日19日はキャンセルしました…
わざわざこの時期に襲わなくても良いじゃないか、と枕を濡らした2日でした。
16日に新宿のディスクユニオンでレコードストア・デイの限定品のために5時半から並んでいたのも祟ったかも知れませんが。
因みに18日はSS席、19日はS席なので、昨年のポール・マッカートニー武道館公演のB席分の金額を無駄にした訳です。

関係ない話は置いて、今日もセトリは平常運転。
雨の中開催された公演だったので雨にちなんで"Come Rain Or Come Shine"が入るか、と期待していましたがそんな淡い期待は脆くも打ち砕かれたのでした。

今回、SS席の中でも良番の4列真ん中ら辺と言うことでステージが近いのですが近すぎてピアノの後ろにあるドニー・ヘロンの機材が殆ど隠れる眺望でした。

_20160421_230039

行けなかった分のチケットもここで供養。


この手のホールでここまで前方にいるのは中々珍しいのですが、メリットもデメリットも見えてきました。
まずはステージが近い分、顔がよく見えるのでどこを向いているのかが良く分かること、そして生の音が良く聞こえること。
後者はアコースティックギターやバンジョー、パーカッション、マラカス等、マイクで拾うような音(一部除く)が良く聞こえると言うことでまさにライブを体感するには良いでしょう。
デメリットとしては空間の端でスピーカーの音もこちらを余り向いていない場所にいるため音響を気にする場合は快適ではないと言う所ですね。
この辺りは贅沢なので語ってもしょうが無いのですが。

少なくとも、今までホールコンサートで得たことがなかった、目の前にステージが迫っていると言う感覚は大事にしていきたいものです。


Things Have Changedの冒頭では会場全体を見回しながら歌っていたのが印象的でしたが、よくよく見るとどの歌でも会場全体がどうであるか、つぶさに観察しているように見回していたのが見えました。
これは前の方で無いと分かりませんね。

Beyond Here Lies Nothin'が終わった後にドニー・ ヘロンとディランは顔を見合わせて笑っていましたが何かあったかお気付きの方いらっしゃいますか。
ドニーも結構顔を緩ませていたので珍しい光景でした。
ちなみにどこかのタイミングでトニー・ガーニエが突然喋ったのですがどなたか何と言っていたのか聴き取った方はいらっしゃるでしょうか。
突然のこともあり、全く耳に入りませんでした。

Melancholy Moodの前奏で伸びをみせる姿が今日は見られました。
最近伸びしている姿が話題になっていたので日本ツアーで疲れが見えてきたのでしょうか、御大。
その後も度々ストレッチをしていた?ようです。
あれはあれで、ひょうきんで見ていて面白いですが。

I'm A Fool To Want Youの一旦静まり返る部分で終わったと勘違いした観客の拍手が伝播して、そこそこ大きくなったのを目にしたディランが怪訝そうな顔をしていたのはちょっと面白かったですね(笑)

Tangled Up In Blueで前半終了。
その後のミナソーンアリガトは最早定番化しているようです。


後半は個別に何か、と言うことが余りないのですが、Spirit On The Waterで最後のくだり"You think I'm over the hill~"の所で"No!"って叫ぶ人がちゃんといました。

Love Sickを終えて今日はあまり頷きも多くなく暗闇へと消えていきました。


全体を終えて半月ぶりに体感した演奏は素晴らしいの一言です。
初旬と同じセトリであるものの演奏、バンドの一体感は格段に上がっていて同じ曲を聴いているのに全く異なる感覚になるのは純粋に驚きでした。
明日はどんな演奏を聴かせてくれるでしょうか、楽しみです。

ちなみに今回の追加公演でSS席特典として配られた VIPカードです。
ビップ。
_20160421_230008_20160421_230023


本日のセトリ
1.Things Have Changed
2.She Belongs To Me
3.Beyond Here Lies Nothin'
4.What'll I Do
5.Duquesne Whistle
6.Melancholy Mood
7.Pay In Blood
8.I'm A Fool To Want You
9.That Old Black Magic
10.Tangled Up In Blue

interval (20 minutes)

11.High Water (For Charley Patton)
12.Why Try To Change Me Now
13.Early Roman Kings
14.The Night We Call It A Day
15.Spirit On The Water
16.Scarlet Town
17.All Or Nothing At All
18.Long And Wasted Years
19.Autumn Leaves

Encore
20.Bloin' In The Wind
21.Love Sick